nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

書評「クリスティアーノ・ロナウドの「心と体をどう磨く?」」-サッカーに対する真摯な姿勢-

   

レアル・マドリーのエースであり、ポルトガル代表のキャプテンを務める、クリスティアーノ・ロナウド。世界で最も有名なサッカー選手の1人というだけでなく、恵まれない子供たちへの支援も積極的に行い、サッカー選手の枠を超えて、社会的にも大きな影響力のある人物となりつつあります。

これまで、スタートしてのクリスティアーノ・ロナウドはメディアを通じて伝えられてきましたが、普段のクリスティアーノ・ロナウドの生活はあまり伝えられていません。本書「クリスティアーノ・ロナウドの「心と体をどう磨く?」」は、クリスティアーノ・ロナウドは、なぜ世界一の選手になれたのか、日々どんな生活をしているのか、といった、これまであまり伝えられてこなかった、クリスティアーノ・ロナウドの姿を伝えてくれる1冊です。

練習場には誰よりも早く来て、誰よりも遅く帰宅する

本書に繰り返し書かれているのは、クリスティアーノ・ロナウドのサッカーに対する真摯な姿勢です。練習場には誰よりも早く来て、誰よりも遅く帰宅する。帰宅した後も、身体のケアのためにプールで泳ぐ姿は、派手な服装をして、高級車を乗り回すイメージとは違う、クリスティアーノ・ロナウドの姿です。そして、誰よりもサッカーに対する真摯な姿勢が、クリスティアーノ・ロナウドを世界一の選手にしたのだと、本書を読むと分かります。

本人の努力と周囲の支え

しかし、クリスティアーノ・ロナウドも世界一のサッカー選手への道を外れそうな時は、これまでに何度もありました。ユース時代には、素行が悪かったため、地元マディラ島への遠征メンバーから外されたこともありました。また、プロになってからも、2006年にドイツで行われたワールドカップ、イングランド戦でルーニーが退場した時、ベンチに向かってウインクをしたため、イギリス中のメディア・サポーターの標的になりました。こうした出来事によって、パフォーマンスを落としていった選手は、たくさんいます。

クリスティアーノ・ロナウドが困難を乗り越えられたのは、本人の努力はもちろんのことですが、周囲の人々が支えてくれたからです。家族、友人、代理人、そしてアレックス・ファーガソンのような指導者が、クリスティアーノ・ロナウドを常に正しい方向に導こうと努力していました。そして、クリスティアーノ・ロナウドも素直に受け入れ、努力し続けたからこそ、世界一の選手になれたのです。クリスティアーノ・ロナウドの自信満々な態度は、誰よりも真摯にサッカーに向き合ってきた姿勢から生まれていることを、本書は教えてくれます。

おすすめ

 - , , ,