存在自体がCMだった。日清食品カップヌードル「シュワルツェネッガー」編

2012/12/03

僕にとってこのCMは衝撃的でした。アーノルド・シュワルツェネッガーという人の日本での知名度向上に、このCMは大きな役割を果たしたと思われる、日清食品のカップヌードルのCMをご紹介します。

やかんを持った姿に受けた衝撃

このCMは何がどうというより、シュワルツェネッガーという人の存在感で成り立っているCMです。シュワルツェネッガーの存在感を際立たせているのが、両手に持っている特大のやかんと、独特の動きです。

この振り付けは、ラッキィ池田さんが担当したそうですが、ラッキィさんの独特の感性が爆発してます。あの頃僕は小学生だったと思いますが、みんな真似してました。

また、映像ディレクターは東北新社の中島信也さん。今考えると、凄いメンバーがそろいもそろって変なことをやっていたなぁと思いますが、それが許される時代だったのだと思います。

おすすめ商品

中島信也のCMコンテ集。絶版ですが読む価値ありです。
ちなみに僕は、本人サイン入りで持ってます。

現在手に入るギンザ・グラフィック・ギャラリーが出版している中島信也の作品集はこちら。

アーノルド・シュワルツェネッガーといえば、やっぱりターミネーター。
僕は3が大好きです。