nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016決勝ラウンド第3節 FC今治対三菱水島FC レビュー「地域チャンピオンズリーグで世界最先端のサッカーが観れた」

   

全国地域サッカーチャンピオンズリーグ2016決勝ラウンド第3節 FC今治対三菱水島FCは、3-0でFC今治が勝ちました。

2位以内が確定しても新しい事を試す

既にJFL昇格の条件である2位以内が確定していたFC今治ですが、この試合では新しい戦い方を試しました。普段は、4-1-2-3で戦うFC今治ですが、この試合は攻撃の時は、3-4-3、時に3-1-5というフォーメーションで戦いました。正確には、3-1-3-3というフォーメーションに近いでしょうか。FWの3の両サイドには、ウイングバックと呼ばれる選手が相手サイドバックと同じ位置まで上がります。守備の時には、右ウイングバックの選手がDFラインまで戻り、普段通り4-1-2-3というフォーメーションになります。左ウイングバックの選手は、FWの左サイドとして残るのですが、右ウイングバックだけDFラインまで戻すということろが、興味深かったです。

攻撃時にウイングバックと呼ばれる選手を、FWと同じポジションの高さまで上げるチームが、最近は増えています。日本だと、守備時は5-4-1、攻撃時は4-1-5というフォーメーションで戦うサンフレッチェ広島や浦和レッズのようなチームがあります。攻撃時は3-2-5、守備時は4-5-1というフォーメーションで戦い、現在プレミアリーグで話題になっているチェルシーのようなチームもあります。

FC今治が3バックを採用した狙い

サンフレッチェ広島や浦和レッズは、サイドを崩すときは、ウイングバックのドリブルから中央へのパス、中央を崩す時は、ゆっくりしたパス回しから、4-1-5の「1」の選手からの縦パスを合図に、中央を1タッチ、もしくはボールに触らずスルーし、相手の守備を直線的に崩してきます。

チェルシーは、浦和レッズやサンフレッチェ広島とは違い、サイドのウイングバックの選手がボールを受けたら、近くにいるMFとFWの中間のような役割をもつ選手(シャドーという言葉で表現されたりします)とパス交換し、ペナルティエリアの両角の辺りから、ペナルティエリア内に侵入するような攻撃を仕掛けてきます。アザール、ペドロといった選手の強みも、この攻撃によって活かされています。FC今治の攻撃は、どちらかというとチェルシーの攻撃に近いような印象を受けました。

3-4-3のメリットは、DF4人で守るチームに対して戦う時、必ず両サイドの選手のうちどちらかが、1人フリーになれるという点です。4人で守る相手に対して、5人が対峙すれば、数的有利な局面を作り出せます。この数的有利な局面を活かしてパスを回しながら、相手の守備者1人1人の距離を広げ、攻撃する場所を作り出そうというのが狙いです。

前半はなかなか戦い方に慣れず、パスが横方向にしか回らない時間が続きました。特にMFの選手のボールを受ける動きが少なく、誰かが空けたスペースを、次に動いた選手が活用し、リズム良くパスをつなぐような場面がほとんどありませんでした。ただ、三菱水島FCが4-4-2で守っていたので、時間が立つにつれて、三菱水島FCのサイドバックの選手がウイングバックの選手をマークすることで、センターバックとの距離が空き、ペナルティエリアの角の辺りにスペースが生まれ始めました。

後半開始から、FC今治は普段スタメンで出ている桑島と岡山を交代出場させます。2人とも、ボールを受ける動きに長け、ボールを受けて、パスをした後も、動きを止めずに動き続ける事が出来る選手です。桑島がFWの中央、岡山が右MFに入り、攻撃がスムーズに機能するようになりました。時間が経つにつれて、人とボールの動きがシンクロするようになり、後半だけで3ゴール。また、相手を自陣に押しこんでいるので、ボールを奪われても素早く守備を行うことで、ほとんど相手にチャンスを作らせません。相手にシュート1本しか打たせない完勝でした。ペナルティエリアの角を崩す崩し方は、川崎フロンターレに似ていましたし、川崎フロンターレより上手いと思う場面もありました。DF3人の戦い方は、川崎フロンターレより上手いかもしれません。

来年はJFLで世界最先端に近いサッカーが観られる

この試合を観て驚いたのは、吉武監督の頭の中にあるサッカーは、まだまだFC今治のサッカーとしては表現し切れていないということです。そして、吉武監督も現代のサッカーをよく研究し、自分のサッカーに取り入れようとしているのだなということを、この試合の戦いから感じました。世界で話題になっている戦い方をいち早く取り入れ、機能させる。地域リーグのチームがそんな事が出来るのは、シーズン開幕当初から、「いつ」「何を」「誰が」「なぜ」「どこで」「どうする」という事をチームに叩き込み、フォーメーションが変わっても、原則通りにプレー出来るようにしているからだと思います。

FC今治のサッカーを2日間続けて観ましたが、とても志の高いサッカーをしていると感じました。来年夏には、5000人規模のスタジアムが出来ます。今の取組を続けていれば、十分スタジアムに観客を集める事が出来ると思いますし、FC今治のサッカーは、世界の最先端のサッカーと同じ方向を向いているサッカーだと思います。JFLのチームですが、そんなチームは日本のサッカークラブには、ほとんどありません。今後もFC今治のサッカーに注目したいと思います。

おすすめ

 - ,