nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

FC東京の修正策と川崎フロンターレの課題。2015年J1第9節 FC東京対川崎フロンターレ レビュー

      2015/05/03

2015年Jリーグ第9節、FC東京は、1-2でFC東京が勝ちました。2ステージ制になったことを考えると、痛い連敗です。これで、ファーストステージ制覇を狙うには、1試合も負けられなくなりました。

川崎フロンターレペースで進んだ前半

前半は、川崎フロンターレのペースで試合を進めることが出来ました。FC東京は、川崎フロンターレのセンターバック、井川と谷口に対して、FWの武藤と林が素早く距離をつめ、ミスを誘おうとしました。ところが、センターバックからパスを出す大島と中村の2人に対して、FC東京は河野1人しか対応する人がいないので、川崎フロンターレは局面的に4対3という数的優位を活かして、ボールを奪われずに敵陣に運ぶことが出来ていました。また、河野と林は大島と中村の背後からボールを奪う動きがなかったので、2人にとっては柏レイソル戦よりは楽だったと思います。少くとも、前半は。

ところが、前半はFKからあげた1点しか奪うことが出来ませんでした。それは、FC東京のディフェンスが素晴らしかったからです。川崎フロンターレにボールを敵陣に運ばれても、FC東京のDF4人は慌てず、ペナルティエリアの幅にきれいに4人が並ぶほどに互いの距離を縮め、中央のスペースを消します。攻めあぐねた川崎フロンターレは、サイドから攻めますが、FC東京のディフェンスを崩しきることが出来ません。前半1点しか挙げられなかったことが、後半の戦い方を難しくしたと、僕は感じました。相手が守備の問題点を修正する前に、攻めきってしまうべきだったのです。

FC東京の修正策

後半、FC東京は守備の問題点を修正してきました。まず、後半開始から河野に代わって東を投入します。東は河野より背後からのディフェンス含め、積極的にボールを奪う動きを中村と大島に仕掛けます。そして、50分に林に代わって、前田を投入。前田は林に比べ、センターバックにボールを奪う時、パスコースを切りながら奪いにいくコース取りや、相手の様子を伺いながらスピードを早めたり遅くしたりしながら、上手く距離を詰めることで、センターバックにプレッシャーをかけ続けます。特に、井川が後半は狙われ始めます。

センターバックへのプレッシャーがきつくても、大島と中村が前半同様にボールを受けられればよかったのですが、後半からは東が1人に寄せたら、もう1人には梶山が寄せるようになり、数的優位はなくなってしまいました。なんとかしようと、大久保や船山が下がってきても、センターバックの森重が寄せて、自由にボールを受けさせません。後半開始からFC東京ペースになり始めていたのは、FC東京が川崎フロンターレの出方をみて、きちんと修正してきたからなのです。確かに、車屋の退場は試合の流れを大きく変えましたが、(武藤の転び方は大げさだったと思いますが、警告は妥当です。)それだけが敗因ではなかったと、僕は思います。

最適なフォーメーションはどれ?

川崎フロンターレの課題は、攻守のバランスをとるフォーメーションが、見つかっていないことです。4-4-2にすると、中央からも攻撃できるけど、大島と中村が同時に攻撃してしまうので、守備の時に相手にスペースを与えてしまいます。(特に中村の守備は気まぐれなので、計算出来ないのが辛い。)3-4-3にすると、サイドの攻撃が強化されるけど、中央に人が足りないので攻撃が単発になってしまうだけでなく、DF3人で上手く守れていない、という問題があります。守備や試合運びに問題があることは分かっていたので、解決策として考えたのが、時と場合に応じて、フォーメーションを変化させて優位に進める、というものでした。ところが、どのフォーメーションも一長一短があり、最適な解決策が見つかっていない、というのが現状です。

また、今年の川崎フロンターレには、ガンバ大阪の今野、FC東京の米本、浦和レッズの阿部、サンフレッチェ広島の森崎和幸のように、中盤でボールを奪う選手もいません。昨年は稲本とパウリーニョがいましたが、今年はいません。中盤でボールを奪えないという問題も、試合運びを難しくさせてしまっているのです。

窮地に追い込まれた時ほど大胆なのが風間八宏

個人的な勘ですが、僕は中3日で迎えるサンフレッチェ広島戦で、風間監督はなにか仕掛けてくると思います。車屋が出場停止なのですが、川崎フロンターレは左サイドバックが登里、小宮山、山越と怪我人だらけで、バックアップメンバーがいません。昨年は左サイドバックに谷口を起用しましたので、普通に考えれば谷口を左サイドバックに起用すると思うのですが、僕は違う手段を講じる可能性もあると思っています。昨年は、武岡が左サイドバックに起用されたことがありましたし、キャンプ中は橋本もサイドバックで試されています。そして、上手くいかないとき、窮地に追い込まれた時ほど、大胆に仕掛けてくるのが、風間八宏という監督です。

ファーストステージのタイトル争いを考えると、もう負けは許されません。次の試合は中3日。今シーズン最初のピンチを、どのように乗り切ろうとするのか。チームの取り組みに注目したいと思います。

おすすめ商品

 - , , ,