nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第7節 FC東京対川崎フロンターレ プレビュー「場所ではなく人を攻略するサッカーが出来るか」

   

2016年Jリーグファーストステージ第7節、川崎フロンターレの対戦相手はFC東京です。

今シーズンの攻撃のクオリティが低い理由

この試合のポイントは、攻撃です。2016年シーズンの川崎フロンターレは、第6節終了時点で首位に立っています。しかし、今シーズンの川崎フロンターレの攻撃からは、昨シーズンに見られたテンポの良いパス交換や、中央のエリアを攻略するプレーがあまり見られません。

原因は、センターバックとボランチのパス交換のテンポが遅い事です。川崎フロンターレは、ボランチの中村と大島、センターバックの2人の4人で、速いテンポでパス交換し、相手の守備を何度も何度も前後左右に動かし続け、FWの選手が相手の逆に動いた瞬間、正確に足元にパスを通すことで、守備者が多くて崩せないようなエリアでも、相手の守備を崩すことが出来ていました。

ところが、今シーズンの川崎フロンターレは、センターバックに奈良とエドゥアルドという新しく加入したプレーヤーが起用されています。守備では素晴らしいプレーを披露している2人ですが、攻撃の時、止めてからパスするまでのアクションが遅く、パススピードも遅いため、なかなか相手を動かすようなパス交換が出来ていません。

また、2人は川崎フロンターレの選手たちが共有する「フリーの定義」が、まだ完全に理解出来ていないと感じる時があります。他のチームが使っているフリーという言葉は、「相手の選手がいない場所」の事を指します。しかし、川崎フロンターレでは、「自由にプレー出来る選手」の事を指します。相手が何人いようとも関係ない場所にボールがコントロール出来れば、その選手はフリーだと考えてプレーしています。

だから、守備者が多くて崩せないようなエリアでも、相手の守備を崩すことが出来るのですが、奈良とエドゥアルドはどうしても「相手の選手がいない場所」を探してしまうことがあります。したがって、他の選手(特に大久保や中村)といった選手が欲しいタイミングでパスを出せず、攻撃のテンポがずれてしまっているのです。

ボランチのパス交換が遅いことも、ここ数試合の課題です。大島が怪我をしている時、エドゥアルド・ネットがボランチで起用されていました。しかし、エドゥアルド・ネットはボールを1回で自分が置きたい場所に止めることが出来ない選手です。ボールを止めるのに、2回、3回とボールに触らないといけない時すらあります。ボールを1回で止めて、素早くパス。この繰り返しで相手を揺さぶりたいのに、ボールを止めるのに時間がかかるため、どうしてもテンポが遅くなってしまうのです。そして、エドゥアルド・ネットも「フリーの定義」が、完全には理解出来ていません。攻撃が上手くいかないのも当然です。

場所ではなく人を攻略するのが川崎フロンターレの攻撃

ここまで、今シーズンの川崎フロンターレが首位に立っているのは、GKのチョン・ソンリョンとDFの奈良とエドゥアルドといった選手が、最後の最後で相手の攻撃を防いでいるからです。守備が要因であって、攻撃が要因ではありません。守備の安定は、シーズンを安定して戦うには必要不可欠ですが、攻撃で相手を意図通りに崩せないのは、川崎フロンターレらしくありません。

相手がいない場所を使って攻撃するのは、他のチームでも出来ます。しかし、川崎フロンターレが目指してきたのは、相手が何人いても、パスの出し手と受け手の関係だけで相手の守備を崩してしまう、他のチームには出来ないサッカーです。

FC東京、浦和レッズ、ガンバ大阪と続く3連戦。相手の攻撃力も高いチームとの対戦が続くため、守るだけでは勝てません。この3連戦は攻撃、そして引き続き谷口彰悟に注目していきたいと思います。

おすすめ

 - , , ,