nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第7節 FC東京対川崎フロンターレ レビュー「勝敗を分けたリードした後のFC東京の戦い方」

   

2016年Jリーグファーストステージ第7節、FC東京対川崎フロンターレは、4-2で川崎フロンターレが勝ちました。

リードした後のFC東京の戦い方に助けられる

この試合のポイントは、1-2と逆転されてからのFC東京の戦い方でした。僕は逆転されてから、FC東京がゆっくりとボールをキープして、時間をかけて攻撃されたら嫌だなと思っていました。川崎フロンターレとしては負けたくないので、FC東京のボールを奪いにいきます。FC東京としては、川崎フロンターレがボールを奪いにくるのをまって、前半同様にロングパスを蹴って、相手を走らせ、相手陣内でボールをキープしながら、じっくり相手が焦れるのを待てばよいだけでした。

ところが、FC東京はリードしているにも関わらず、3点目を取ろうと攻めにきました。むしろ、逆転前よりテンポを上げてきたくらいです。FC東京がゲームをコントロール出来ている試合だったら、3得点目を奪いにいっても良かったと思いますが、川崎フロンターレがボールを保持し、ゲームをコントロールしていたので、FC東京のボランチ2人とFW2人は守備に走らされていました。その事を、FC東京は忘れていたように攻めてきてくれたので、僕は「チャンスがくるな」と感じていました。

リードしてから、試合展開を考えずに勢いにまかせて攻めてしまうのは、Jリーグのチームの悪い傾向です。昨年のFC東京は、フィッカデンティ監督がその点を厳しく指導していましたので、この試合のような展開はありえませんでした。

「Jリーグの試合でよく見られるのは、後半にどちらかが1点を決めると、そのままオープンな展開になるということだ。もしくは1点先に取られると、まだ時間があるのにすぐに取り返しに行こうとしてしまう。イタリア的な考えでは、試合というのは一つひとつ積み上げていきながら、試合のバランスの変化を注意深く観察し、訪れたチャンスをしっかりとゴールにつなげる。1点取った1秒後に、すぐに失点するのはサッカーではない」

NewsPicks「【スライド】FC東京の戦術特徴を示す3つのデータ」より

僕がこう感じたのは、横浜F・マリノス対ジュビロ磐田の試合を観たからかもしれません。リードしてからの横浜F・マリノスは、ジュビロ磐田が焦れてボールを奪いにくるまで、ゆっくりとボールをキープし続けました。相手が出てきたら、その隙をついて攻撃し、確実に得点に結びつけていく。力の差、試合運びの上手さの差をみせつけました。

試合のテンポをコントロールしていたのは、中村俊輔です。FC東京には「いつ」「どう」攻めるのか、コントロールする選手が試合に出ていませんでした。梶山はベンチにいましたし、高橋はなぜかベンチ外。FC東京が試合をコントロール出来ていれば、川崎フロンターレの逆転はなかったと思います。川崎フロンターレのサポーターにとってはよかったかもしれませんが、監督が変わった途端に当たり前の事が当たり前のように出来ないという点は、日本サッカーの問題ではないかと感じました。

前半途中で選手を代える背景

サガン鳥栖戦、そしてFC東京戦の2試合連続で、川崎フロンターレは前半に選手を変えました。サガン鳥栖戦は大島、FC東京戦は車屋という共に負傷明けの選手を代えたので、負傷によるものかと思いましたが、どちらもパフォーマンスに対する不満が要因となった交代でした。実は筑波大学時代の風間監督は、前半途中で躊躇なく選手を代える監督だったので違和感無いのですが、川崎フロンターレに入ってからはほとんどなかったので、疑問を持っている人もいると思います。

この試合の車屋は、守備の時のポジションと動きが悪く、FC東京のバーンズに度々左サイドを攻略されるきっかけを作っていました。相手がボールを持った時、自分の背後のスペースを狙っていることに気づかず、下がる動きをした対面の田邊の動きにつられてスペースを空けてしまうことが何度もみられました。そのため、バーンズをエドゥアルドがマークしなければならず、足が速くないエドゥアルドは、バーンズ相手に苦労していました。

また、エドゥアルドがマークしている間に、エドゥアルドが空けた中央のスペースを素早くカバーしたり、バーンズを挟み込むようにして素早くボールを奪えばよかったのですが、戻るアクションが遅く、相手に押し込まれる要因になっていました。交代で出場した谷口は、田邊を上手くマークしつつ、バーンズが動くスペースを消してみせました。さすがのプレーだったと思います。

ただ、2015年シーズンまでの風間監督なら、我慢していたと思います。しかし、2016年シーズンの風間監督は、我慢しません。躊躇なく代えます。その理由は簡単です。2016年シーズンは、結果を求めているからです。ミスをしても我慢強くチームを作っていく段階は終わり、今年は結果をシビアに追い求める。そんな覚悟を、風間監督の采配からは感じます。交代枠を必ず3人使いきるのも、選手層が厚くなったこともありますが、一戦必勝という戦い方に切り替えたからだととらえたほうが、正しいと思います。

今年は風間監督は2年契約の最終年。例年より結果を追い求めているように感じます。ここまでは取組が上手くいっていますが、今後上手くいかなくなる可能性も考えられます。その時、どうするのか引き続き注目したいと思います。

「後半のための前半」になっていないか

僕は4得点を奪っても、まだ攻撃のクオリティには不満を持っています。その理由は、前半に中央のエリアに縦方向へのパスが少ないことです。確かに、前半は相手の体力があるため、守備も整っており、中央のエリアにパスを通すスペースはない、ように見えます。しかし、小林や大久保の動きを観ていると、相手の守備の逆を突いて、フリーになっていることが何度もあります。そのタイミングでパスを出せばよいのですが、パスを出す側がパスを出す準備が出来ておらず、パスを出せていません。

また、この試合のFC東京のように、中央のスペースを消す守備をした相手に対しては、「ペナルティエリアの角」と呼ばれる、サイドと中央の境目の位置を、サイドから中央に入っていく動きを繰り返すと、相手の守備を崩すことが出来ます。この試合では、田坂、森谷、小林といった選手が、何度も動いていましたが、パスが出てくる本数は多くはありませんでした。

相手を崩す動きを前半から続けているので、相手が疲れて、後半に得点が奪えています。しかし僕は、「後半のための前半」になっていることが不満です。もっと、相手の逆をついて、攻撃を仕掛けることが出来るチームです。勝っているからといって、結果オーライと言いたくはありません。

次節の相手は浦和レッズ。ホームゲームでチケットは完売(僕は買えませんでした)。負けられない試合が続きます。どう戦うのか。攻撃のクオリティの問題は、改善されるのか。そして、中3日でむかえるナビスコカップの試合をどう戦うのか。引き続き注目したいと思います。

おすすめ

 - , , ,