2017年J1第4節 FC東京対川崎フロンターレ プレビュー「手応えを継続できるか」

2017年Jリーグ第4節、川崎フロンターレの対戦相手はFC東京です。

阿部がFWに入って変わった守備

この試合のポイントは、「柏レイソル戦で得た手応えを継続できるか」です。

柏レイソル戦の前半は、素晴らしい出来でした。きっかけは、阿部をFWに配置したことです。阿部がFWに配置されたことで、相手ゴール近くでボールが奪えるようになりました。今シーズン加入してしみじみと実感したのは、阿部の守備の上手さです。相手の動きにあわせて、パスコースを消し、パスコースを消しながらボールを奪いにいく動きがスムーズで、連続出来るのが素晴らしいです。

阿部の守備が良いため、阿部の動きにあわせて他のメンバーが動く事で、スムーズに相手のパスコースを塞げるようになり、相手ゴール近くでボールを奪えるようになりました。2016年シーズン前半もボールを相手ゴール近くで奪えていましたが、その頃の守備が復活したように見えます。そして、阿部がFWに入る事の恩恵を受けているのが、中村です。もともと守備のアクションが少ない中村ですが、阿部の動きにあわせてパスコースを消すだけでよくなり、守備の負担が減ったからです。

相手ゴール近くでボールを奪う守備が出来るか

ただ、柏レイソル戦の前半のような守備は、2016年シーズン前半も出来ていました。それは、シーズン序盤で疲れも溜まっておらず、コンディションが良かったからです。コンディションが良い時の川崎フロンターレを止められるチームは、Jリーグにも多くはありません。しかし、コンディションが悪い時、相手ゴール近くでボールが奪えず、相手の攻撃を受ける時間が増え、失点を増やしてしまったのが、2016年後半の戦いでした。

川崎フロンターレは、ACLの広州恒大戦から中3日、FC東京はルヴァンカップのベガルタ仙台戦から中2日で迎えます。川崎フロンターレの方が試合間隔は空いているとはいえ、移動日含めての中3日であること、FC東京はメンバーを入れ替えて戦ったことを考えると、川崎フロンターレの方がコンディションはきついと思います。

しかし、コンディションが悪いからといって、柏レイソル戦で得た手応えと戦い方を手放すのは惜しいと思います。相手を自陣に押し込み、ボールを奪われても素早く奪う。コンディションの低下やメンバーの変更によって、2016年シーズンはこの戦い方を手放してしまいました。手放したからこそ、勝ち点を得ることが出来たという考えもあると思いますが、僕はもったいなかったと思います。

だからこそ、この試合は「柏レイソル戦で得た手応えを継続できるか」をポイントに挙げたいと思います。どこまで、柏レイソル戦のように、相手ゴール近くでボールを奪うという戦い方を継続したいと考えているのか。コンディションが悪くても、戦い方は変えないのか。この試合だけでなく、2017年シーズンを戦う上で、川崎フロンターレというチームがどの程度の高さを目指して戦っているのか分かるはずです。

この試合が終われば、約2週間の中断期間に入ります。サッカーU-20日本代表に三好と板倉が選出されていますが、他の選手は少し休養を取る事が出来ます。3月のきつかった連戦を勝利で終えることが出来るか、楽しみです。

おすすめ