nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

英語を身につけたい人は絶対買うべき1冊。書評「ジャンル別 洋書ベスト500」(渡辺由佳里)

   

図書館で借りたのですが、借りたことを後悔した本を読んだのは、久しぶりです。
この本は、絶対に買うべきです。手元においておくべき1冊です。

本書は、「洋書ファンクラブ」というブログで日本人向けに面白い洋書を紹介していた著者が執筆した、誰もが読みたくなる洋書のブックガイドです。著者のことは「グレイトフル・デッドにマーケティングを学ぶ」という本の翻訳者として、名前は知っていましたが、著書はほとんど読んだことはありませんでした。

難易度とページ数が書かれているのが嬉しい

本書には、「文芸」「ミステリー」「ビジネス・実用」といったジャンル別に、本のタイトル、著者名だけでなく、内容を紹介した説明文や適正年齢が掲載されています。僕個人として嬉しいのは、「難易度」と「ページ数」が書かれていることです。洋書を読むことに慣れてない自分にとって、難易度とページ数を見て、読みやすそうな本を選択できるのは嬉しいです。

洋書を簡単に読めるコツ

本書の冒頭に、著者が考える「洋書を簡単に読めるようになるコツ」が紹介されています。長文ですが、洋書を選ぶときの基準として非常に明解だったので、引用させていただきます。

洋書を簡単に読めるようになるコツはただひとつ、「たくさん読む」ことである。また、たくさん読むためには、辞書を使わずに読むのが肝心だ。「でも、わからない単語をそのままにしていたら、意味がわからない」という方も、日本語の本を読むときには知らない単語や表現をそのままにっして読んでいるはず。自覚がないのは、不明な表現を文脈で推測して補っているからなのだ。英語の文を読む時も、知らない単語が一定数以下であれば、推測して読みこなしてしまえる。それをくり返すうちに、驚くことに、知らなかったはずの単語の意味もわかるようになる。

だから、初めて洋書に挑戦する方には、「辞書を使わずに、知らない単語や表現を推測しながら読み続けることができる」レベルの本を選ぶことをおすすめする。そのレベルでスラスラと読めるようになったら、次のレベルに挑戦しよう。

また、最初は自分の好きなジャンルから始めよう。好きなジャンルだと、多少わからない単語があっても状況を想像しやすいからだ。本書では、参考に難易度を書いているが、ジャンルや文章のスタイルが自分の好みに合っているかどうかで個人差がある。それを念頭に選んでいただきたい。

洋書を多読しやすい時代がやってきた

最後に、本書を読み終わって感じたことを書いておきます。

高城剛さんの「21世紀の英会話」という本には、「英会話を学ぶコストが下がっている」ということが書かれているのですが、本書を読んでいると「英語を読む手間が減っている」ということを実感します。

Amazonのおかげで、洋書専門店に行く必要がなく洋書を手に入れることが出来るだけでなく、Kindleがあれば注文したらすぐに本を読むことが出来ます。僕らはAmazonと本書のような素晴らしいガイドブックがあれば、より英語を楽しむことが出来るいるのです。

その事を改めて実感させてくれた1冊です。だからこそ、本書は図書館で借りないで、買って手元においておくことをおすすめします。

関連記事

今からでも遅くない英語の勉強法。書評「21世紀の英会話」(高城剛)
英語を学ぶのにリスニングもスピーキングもない。英語は英語。書評「えいごのつぼ」
現場主義がもたらしたロングセラー。書評「グレイトフルデッドにマーケティングを学ぶ」
ネットでも店舗や営業マンと同じサービスが求められる時代。書評「リアルタイム・マーケティング 生き残る企業の即断・即決戦略」
建築家とは、チャンスがあれば世界の果てまでも出かけてコンペを競うK-1ファイターのような存在である

関連商品

 -