nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

川崎フロンターレの2015年シーズンを予想するポイント 第1回:ヘッドコーチは誰になるのか

   

以前、「川崎フロンターレの2015年シーズンに向けての選手補強ポイント」という記事を書いたら、思わぬ反響を頂きました。反響が合った理由は、たぶんチームがどんな方針で補強をしているのか、1人1人の選手の移籍情報だけ追いかけていると、わかりにくかったので、こうしたまとめ記事を読みたい方がいたのではないかと、勝手に推測しております。私的たっぷりに書いた記事だったのですが、そこまで外れてもいないんじゃないかと思っています。

そこで、今回から3回にわたって、「川崎フロンターレの2015年シーズンを考えるポイント」と題して、現時点で未確定のポジションや、シーズン終盤の選手起用などから、2015年シーズンにチームがどんな戦い方をするのか、私的たっぷりに書いてみたいと思います。第1回は「ヘッドコーチは誰になるのか」です。

ヘッドコーチが代わるとチームが変わる

以前「ヘッドコーチが代わるとチームが変わる-監督以上に重要な役割について考える-」という記事を書いたのですが、個人的に一番気になっているのは、選手補強よりヘッドコーチに誰がくるのかです。

先日、3シーズンヘッドコーチを務めた望月さんの退任が発表されました。望月さんは、相馬前監督のときにヘッドコーチに就任し、風間監督就任後も引き続きヘッドコーチを務め、風間監督の考え方を選手に落としこむのに、重要な役割を果たしてきた人物です。そもそも望月さんは、選手時代は知る人ぞ知る伝説のテクニシャンでした。技術を重視する風間監督とは、似たような考えを持っていたのだと想像します。

独特な風間監督の考えを選手に伝えるのは、簡単なことではなかったと思います。望月さんは明るいキャラクターで、選手と監督の間に入って、監督の意図を伝える役割を担っていましたし、時にはトレーニングの指揮もとっていました。

ヘッドコーチが誰かで、チームが目指すサッカーが分かる

望月さんが抜けた後、どんなヘッドコーチを連れてくるのかで、来年の川崎フロンターレがどんなサッカーをしようとしているのか、見えてくると思います。望月さん同様に、風間監督の考え方を伝える目的でコーチが呼ばれるのか、それとも風間監督にない、戦略、データ分析、あるいは守備のメソッドをもったコーチがやってくるのか。選手補強以上に来年の方針が見える部分なので、僕はヘッドコーチの人選に注目しています。

個人的には、元栃木FCの監督だった松田浩さんがヘッドコーチを務めたら面白いんじゃないかと思っています。松田さんは、栃木FC時代に組織的な守備が出来るチームを作った監督として、高く評価されています。また、風間監督とも親交があります。松田さんは、川崎フロンターレがチームとして強くなるために必要な、「守備で相手を攻撃する」メソッドを持っている人物です。

参考記事:日本に根付かない「正しい」ゾーンディフェンス

これというスタッフは自分の考えを貫く風間監督

風間監督は相馬監督時代のスタッフを登用しながらも、これというスタッフは、自分の考えを貫いて人選してきました。特にトレーニングコーチは、2013年に西本直さん、2014年に川崎英正さんと、実現したいサッカーを実践するための身体作りが出来るスタッフを登用してきました。

風間監督は新たに2年契約を結びましたが、今回選ばれるヘッドコーチは、次の2年間にどんなチームを目指すのかが分かるという意味でも、重要な人選です。どんなヘッドコーチが就任するのか、楽しみに待ちたいと思います。

関連商品

 - , ,