nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

カウンターを仕掛けろ。2014年J1第17節 川崎フロンターレ対アルビレックス新潟 プレビュー

   

2014年J1第17節、川崎フロンターレの対戦相手はアルビレックス新潟。3戦連続のアウェーゲームを3連勝で終え、ようやく再開後初のホームゲーム開催となります。

アルビレックス新潟の中盤の守備をかいくぐれ

この試合のポイントは、2つあります。

1つ目は、アルビレックス新潟の中盤の守備を、いかにかいくぐるかです。

アルビレックス新潟の強みは、FWとMFの守備です。

FWと両サイドのMFが労を惜しまずにボールを追いかけ、相手のDFが苦し紛れのプレーを仕掛た時に、ボールを奪うプレーを得意としています。また、レオ・シルバ、小林裕紀というボランチの2人は、1対1に強く、パスカットも上手いので、FWと両サイドのMFの守備をかいくぐっても、中央のエリアを攻略するのは簡単ではありません。個人的には、中村憲剛と大島僚太との対決は、非常に楽しみです。

川崎フロンターレは、昨年アウェーでのアルビレックス新潟戦では、相手の守備にDFが捕まってしまい、なかなかパスが繋がらず、先制点を奪ったものの、逆転負けを喫しました。個人的には、前節のサガン鳥栖とアルビレックス新潟の守備をかいくぐれれば、Jリーグレベルで止められるチームはない、と思ってますので、川崎フロンターレのパス回しのレベルを計るには、もってこいの1戦です。

再開後の3連戦同様、相手をパス回しによって走らせ、疲れたところを仕留められるか、注目したいと思います。

有効なカウンター攻撃

もう1つは、カウンター攻撃です。

アルビレックス新潟は、再開後の2試合の失点は、いずれも自分たちのミスを奪われてからのカウンター攻撃です。特に、アルビレックス新潟は、サイドバックが長い距離を走って攻め上がるチームなので、サイドバックにパスする時に奪われると、サイドバックが上がったスペースが空いている傾向があります。

川崎フロンターレは、相手が引いて守っていても、崩すことが出来るチームです。しかし、最近の川崎フロンターレは、相手が引いて守っていても崩せるので、カウンターが仕掛けられる時でも、ボールを回して、ゆっくり攻める傾向もみられます。

カウンター攻撃が有効な理由としては、アルビレックス新潟の強みである、FWとMFの守備を飛ばして攻撃が出来るからです。アルビレックス新潟のDFラインは、高さと強さはありますが、スピードのあるFWの攻撃を苦手としています。小林と大久保の2トップは、相手を外す動きに長けていますし、レナトが復帰するのであれば、レナトの突破力とスピードは大きな武器になります。

相手の守備をかいくぐり、いかに素早い攻撃を仕掛けられるか。
アルビレックス新潟戦では、この2点に注目したいと思います。

関連記事

苦手なチームに勝ってこそ本当に強いチーム。2014年J1第16節 サガン鳥栖対川崎フロンターレ プレビュー
どちらのチームが自分の特徴を発揮できるか。2014年J1第15節 清水エスパルス対川崎フロンターレ プレビュー
ワールドカップ基準をJリーグにも。2014年J1第12節 セレッソ大阪対川崎フロンターレ プレビュー

関連商品

 -