nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

タイトルを取る権利をもったチームになった。2014年J1第17節 川崎フロンターレ対アルビレックス新潟 レビュー

   

2014年J1第17節、川崎フロンターレ対アルビレックス新潟は、1-0で川崎フロンターレの勝利。これでリーグ戦4連勝です。

決勝点は見事なカウンターでした、大島が大久保がマークを外した瞬間に、正確な縦パス。大久保が見事なトラップでボールを止めた瞬間、右に動いてマークを外した森谷に正確なパス。森谷がそのパスを正確にゴールに流し込みました。正確なプレーが速さを生む。風間監督が常々言い続けていたことが形として現れたゴールだと思います。

レオ・シルバにボールを奪わせないパス回し

この試合の見どころは、アルビレックスの守備をいかにかいくぐるか、でした。個人的には、中村憲剛とレオ・シルバとの戦いに注目していました。この試合、川崎フロンターレのボール回しは、レオ・シルバをいかにして外すかということを考えて、ボールを回しているなと感じました。

レオ・シルバの近くでボールを受けて、相手が奪いにくる瞬間に、パスの出し手や近くの味方にボールを渡して、レオ・シルバにボールを奪われないようにする。あるいは、レオ・シルバをおびき寄せるように何回か横パスを連続でつないで、奪いに来たら、遠くの味方にパスをしたり、レオ・シルバが空けたスペースに味方が動き、パスを出す。ボールを奪うのが上手くて、ボールを奪うのが好きなレオ・シルバの動きを上手く利用して、ボールを回していたと思います。この試合、レオ・シルバにボールを奪われる場面は、ほとんどありませんでした。

GKを使ったパス回しでプレスを外す

この試合は、GKも使ってボールを回す場面が何度もみられました。新潟の2トップがCBの實藤と谷口に対してプレスをかけて、スムーズにボールを繋がせないようにしてきましたが、CBの2人は、GKの杉山にボールを戻し、数的優位を作ってボールを回すことで、新潟の2トップのプレスを回避していました。

GKの杉山は、それほど足元の上手い選手ではありませんが、この試合では勇気を持ってパスを回してました。川崎フロンターレのパス回しに課題があるとすれば、GKを使ったパス回しでした。GKとして起用されていた西部も杉山もそれほど足元の技術が高い選手ではないからです。

まだ、浦和の西川ほどスムーズにはパスを回せているわけではありませんが、チームとしてGKも使ってパスを回していこうという意図が感じられました。こういうトライは、続けて欲しいと思います。

厚くなった選手層

この試合、風間監督の交代は普通でした。金久保→レナト、守備を強化する時間に、森谷→稲本、小林→田中。きちんと交代枠3人を使いきりました。

なんで、敢えてこんなことを言うかというと、風間監督は就任以来、あまり交代を使わない監督だったからです。風間監督は、交代を使ってリズムが崩れるくらいなら、交代を使わないという考えを持っているとともに、選手交代で問題を解決するのではなく、フィールドに出ている選手で問題を解決させることを優先させてきたからです。もしかしたら、交代しても力を発揮できる選手が少ないというのが、本音だったのかもしれません。

しかし、就任して3年たって、ようやくチームとして誰が出てもある程度のレベルを維持できるようになってきました。レギュラーとして出場していた選手が怪我をしても、代わりに出場した選手が結果を残すようになったため、怪我をした選手が、簡単にスタメンに戻れなくなり、選手層が厚くなりました。選手層が厚くなったことで、選手交代も普通に行えるようになりました。チームとしての力が上がってきている証拠だと思います。

この試合を観ていて、本当に強いチームになったなと感じました。「タイトルを取る」というシーズン当初の目標に、チャレンジする権利をもったチームになったと思います。

この試合で、Jリーグもシーズン半分を消化しました。前半戦を終えて、首位と勝ち点差3の3位。良い位置につけました。川崎フロンターレにとっての後半戦は、タイトルを見据えた戦いが続きます。次は柏レイソル戦。日立台にはあまりよい思い出がありませんが、タイトルを取るために、乗り越えたい試合です。次の試合も楽しみです。

関連記事

パウリーニョ交代起用の意図と失敗した理由。2014年J1第16節 サガン鳥栖対川崎フロンターレ レビュー
右サイドバックに小宮山が起用された理由。2014年J1第15節 清水エスパルス対川崎フロンターレ レビュー
目でプレッシャーを感じた前半。いつも通りの後半。2014年J1第12節 セレッソ大阪対川崎フロンターレ レビュー

関連商品

 -