森谷賢太郎がこれほど求められている試合は初めてだ。2015年Jリーグ第4節 川崎フロンターレ対アルビレックス新潟 プレビュー

2015/04/05

2015年Jリーグ第4節、川崎フロンターレの対戦相手はアルビレックス新潟。前節いい所なく敗れたモンテディオ山形戦からチームが立ち直っているか、注目の試合です。

チームの潤滑油になれる森谷

今日のポイントは、森谷賢太郎のプレーです。

モンテディオ山形戦は、選手間の距離が遠く、相手の守備を外せず、良い所が全く出せないゲームでした。個人的には、原因の1つはシステムだったと思っています。モンテディオ山形戦は、3-5-2を採用しました。昨シーズン終盤に採用して、立て直しに成功した時のフォーメーションです。しかし、モンテディオ山形戦では上手くいきませんでした。上手くいかなかった要因は、エウシーニョと車屋がサイドに開きすぎたため、選手間の距離が広がりすぎてしまったからです。

では、昨シーズンはなぜ3-5-2が上手くいったのか。それは、ある選手の動きが効果的だったからです。ある選手とは、森谷賢太郎です。森谷は、守備の時は3-5-2の「5」の右に位置していましたが、攻撃の時は中央に移動してボールを受ける動きをみせました。森谷の動きによって、適度に選手間の距離を保つことが出来ただけでなく、森谷の動きによって、攻撃の時には4-4-2のフォーメーションに変化するので、相手の守備を混乱させることも出来ていました。森谷がいたから、3-5-2は上手くいっていたのだ。その事を痛感させられたモンテディオ山形戦でした。

勝ち取った信頼から生まれる期待

今日の試合では、森谷が復帰します。正直、森谷が川崎フロンターレに加入してから、一番活躍が期待されている試合が、今日のアルビレックス新潟戦だと思います。森谷が3年前に川崎フロンターレに加入した時、風間監督に指導を受けていた経歴から、加入を心よく思わない人もいました。しかし、持ち前の技術とハードワークで、少しづつ信頼を勝ち取り、今では川崎フロンターレに欠かせない選手になりました。森谷が活躍してなかったら、谷口や車屋や中野といった筑波大学出身の優秀な選手が、川崎フロンターレに加入してくれなかったかもしれません。

昨シーズン、川崎フロンターレは開幕後なかなか勝てない時期がありました。状況が好転したのは、第4節のFC東京戦。その時に初めてスタメン出場したのが、谷口彰吾と森谷賢太郎でした。その時と同じように、チームのピンチを救ってくれるんじゃないか。僕は期待しています。そして、この試合で森谷が活躍できたら、彼は一歩高いステージに踏み出すことが出来るんじゃないかと思います。彼のキャリアを左右する重要な試合になるんじゃないか。僕はそんな予感がします。

この試合は、森谷が活躍するかどうか。その事だけに注目してください。その価値がある試合だと、僕は思います。

関連商品