1対1の質の差が勝敗をわけた試合。2015年Jリーグ第4節 川崎フロンターレ対アルビレックス新潟 レビュー

2015年Jリーグ第4節、川崎フロンターレの対アルビレックス新潟は4-1で川崎フロンターレが勝ちました。

相手の守備に臨機応変に対応

アルビレックス新潟は、川崎フロンターレがボールを持った時、激しくボールを奪いにきました。

センターバックの角田と谷口には、田中達也とラファエル・シルバが素早く距離をつめます。ボランチの中村憲剛と大島には、レオ・シルバと小林裕紀がついてきます。そうすると、大久保や森谷がボールを相手の間で受けることで、リズムを作るのですが、アルビレックス新潟は、そこにもセンターバックの大野や、サイドバックのコルテースがついてきます。

相手のマークが厳しいので、アルビレックス新潟に勢いがあった前半と後半の最初の10分は、なかなかボールを保持することが出来ませんでした。

川崎フロンターレはこういう試合展開になった時、よく勝ち点を落としてきました。意地になってボールをつなごうとして相手の術中にはまり、ボールを失い続け、相手がボールを保持する時間が長くなり。失点する。アルビレックス新潟戦も、そうなりがちな試合でした。

しかし、この試合の川崎フロンターレは、いつもと違いました。相手の出方をわかった上で、臨機応変に対応したのです。

センターバックへの守備には、GKの西部を経由することで数的有利を作って外す。ボランチへの守備には、短くパスをつなぐのではなく、相手DFの背後へのパスを多用することで、相手を走らせ、少しづつスタミナを消耗させました。

相手DF背後へのパスを多用できたのは、ボールをキープする能力に長けた、杉本健勇がスタメンだったことも、理由の1つです。前半20分頃に2トップに変更し、相手のマークをずらしたことで、少しづつ流れを取り戻すことに成功しました。

1対1で勝つ

こうした臨機応変な対応も勝因の1つですが、僕が最も勝因だと思ったのは、選手全員が1対1で相手に負けなかった事だと思います。特に守備の時、相手に厳しく身体を寄せ、時には身体を投げ出してスライディングする場面が、何度もみられました。

元セレソンのコルテースとの1対1に勝ち続けたエウシーニョ。クロスボールに身体をはってクリアし続けた谷口。アルビレックス新潟の右サイドバックの川口と激しい1対1を繰り広げた車屋。普段以上に守備をきちんとこなしていたレナトなど、選手全員が身体をはってプレーし続けました。

守備の1対1で負けなければ、攻撃の時の1対1の質の差が、勝敗を分けます。攻撃の1対1の質は、川崎フロンターレの方が上です。4ゴールは全て個人の力のよるものですが、それは守備の1対1で負けなかったことから生まれた必然の4ゴールだったと、僕は思います。

そして、そんな厳しい守備を引っ張り続けたのが、この試合から復帰した森谷賢太郎です。特に攻撃から守備、守備から攻撃といった局面が切り替わる場面で、誰よりも走って、身体をぶつけ、戦い続けました。

この試合の森谷は、大久保へのスルーパスによる1アシストはありましたが、ボールを失う場面も多く、大活躍とはいきませんでした。しかし、連敗中の川崎フロンターレに足りなかった、攻守の切り替えで走ることや、戦う気持ちをみせて、チームを引っ張ってくれました。森谷がチームに不可欠な存在であるということを、改めて感じさせてくれました。

悪い内容でも勝てるチームがタイトルが獲れる

この試合の川崎フロンターレは、シュートはわずか5本。ボールを保持する時間もアルビレックス新潟の方が長く、正直よい内容の試合だったとはいえません。課題も残りました。

しかし、なかなか上手くいかない試合を、状況に応じた戦い方をして勝ち切ってみせたことに、チームの成長が感じられました。リーグ戦は、全ての試合が思い通りに戦えるわけではありません。しかし、悪い内容でも勝てる。これがタイトルを獲るためには、必要不可欠です。

リーグ戦の次節の対戦相手は、首位の浦和レッズ。勝ち点差は3。1stステージの事を考えれば、絶対に負けられない試合です。ナビスコカップから中3日での試合となります。今後の日程を踏まえて、ナビスコカップにどんなメンバーで臨むのか。そして、浦和レッズ戦にどんな戦いをするのか。楽しみです。

関連商品