nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1セカンドステージ第3節 川崎フロンターレ対アルビレックス新潟 レビュー「予兆があった車屋の活躍」

   

2016年Jリーグセカンドステージ第4節、川崎フロンターレ対アルビレックス新潟は、3-2で川崎フロンターレが勝ちました。

レオ・シルバでボールを奪いたかったアルビレックス新潟の守備

試合開始当初アルビレックス新潟は、川崎フロンターレのDFがボールを持つと、アルビレックス新潟は素早くボールを奪いにきました。熱くて湿気のある日に、FWからボールを奪いにいくのは勇気がいります。ただ、後半から指宿とラファエル・シルバを交代させた事を考えると、最初から交代メンバーも上手く使いながら、90分通してボールを積極的に奪いにいく守備をしたかったのだと思います。

アルビレックス新潟は、選手間の距離を狭くし、中央から攻撃されないように守備をしていました。試合開始当初は、4-4-2のフォーメーションを採用していましたが、野津田の守備時のポジションがよくなかったので、途中から4-3-3に変更。野津田のポジションを中に配置させ、守備の時は4-5-1にして、MFの5人で川崎フロンターレが攻撃したいスペースを消そうと試みていました。川崎フロンターレの攻撃を中央に追い込めれば、レオ・シルバでボールを奪う。そんなゲームプランだったのだと思います。

中央から攻められなかった要因

川崎フロンターレは、アルビレックス新潟の狙いを読み取り、相手の守備を外しつつ、サイドからボールを敵陣に運んでいきます。しかし、この試合は敵陣にボールを運んだ後、ペナルティエリアに進入する時に、パスの出し手と受けての意図が噛み合わなかったり、パスの出し手の単純なミスが多かったり、仕掛けなくていい場面で仕掛けたりといった、判断と技術のミスが目立ちました。中3日での試合、湿度89%の試合で、コンディションがきつかったこと、そして攻撃で一工夫加えてくれる中村の不在も影響したのだと思います。

ミスが多かった原因には、主審のポジショニングもありました。この試合の主審を務めた榎本さんは、川崎フロンターレの選手が出したい場所にポジションをとってしまうので、常にパスコースが1つ塞がっていました。審判は守備者のブロックの外に立ち、攻撃者のパスコースを塞がないように立ちたいのですが、川崎フロンターレはパスのテンポが速く、ブロックがずれた一瞬の隙を狙って、縦方向にパスを出すチームなので、先ほどまでブロックの外だった場所が、次の瞬間ではブロックの中になってしまうことがあります。榎本さんは、ポジショニングを修正する時のポジションが常にブロックの中だったので、川崎フロンターレの選手が縦方向のパスを受けたい場所にいることが多く、パスのテンポが遅れてしまったことも、ミスが多かった原因です。

絶好調だった車屋

したがって、試合終盤は中央からの攻撃は諦め、サイドからの攻撃で相手を崩そうとします。幸い、この試合は車屋が絶好調でした。ボールを晒して、相手を引き寄せてからスピードで抜きさる。抜くと見せかけての速いクロス。そして、相手の背後にチョンとボールを出して相手を抜き去るなど、左サイドを1人で攻略してみせました。試合終盤はアルビレックス新潟も小泉をマークにつかせて、2人がかりで車屋を止めようとしましたが、全く関係ありませんでした。中村が欠場期間中に左サイドは誰が務めるのかという問題が浮上しましたが、この試合のようなパフォーマンスを車屋が披露すれば、誰が左サイドで起用されようとも、関係ありません。そのくらい、素晴らしいパフォーマンスでした。

車屋のこのパフォーマンスには、予兆がありました。ファーストステージ第16節のアビスパ福岡戦以降、少しづつ車屋の発言が変わってきたからです。今までは個人の出来についてしか語らない選手でしたが、少しづつチームの事、どうしたら勝てるかという事について、コメントをするようになったからです。車屋だけでなく、小林、大島といった選手は、「どうやったら、チームを勝たせる事が出来るのか」という事を考えてプレーしていることが、発言からも伝わってきます。風間監督がよく言う「個人の利益と、チームの利益を一致させる」事が出来る選手が、少しづつ増えてきたことで、先制されても慌てず、勝ち切れるようになってきた要因だと思います。

気になるエウシーニョのパフォーマンス

僕が気になっているのは、エウシーニョのパフォーマンスです。第16節のアビスパ福岡戦以降、フル出場したのは第2節の名古屋グランパス戦のみ。2015年シーズンに加入してから、大きな怪我もなく、素晴らしいパフォーマンスを披露し続けていた選手ですが、最近のパフォーマンスは決してよいとは言えません。

エウシーニョの強みとして、相手も(味方も)読めない動きが挙げられますが、最近はエウシーニョらしい動きがほとんど見られません。エウシーニョはボールを扱う技術も高く、ミスも少ない選手なのですが、最近はボールを止める、運ぶといったプレーにミスが多く、川崎フロンターレの攻撃のテンポに乗り切れていない時があります。

この試合は車屋が好調だったので、左サイドから崩しましたが、右サイドのアルビレックス新潟の守備が、そこまでよかったわけではありません。崩しきれなかったのは、エウシーニョのところで、ボールが動かなくなってしまったことも要因です。

川崎フロンターレと戦うとき、最近はどのチームもエウシーニョの背後を狙ってきます。エウシーニョのプレーを見ていると、自分の背後を狙われることに必要以上に意識しているように感じます。したがって、攻撃時に発揮されていたエウシーニョらしい思い切りが失われているように感じます。この問題は時間が解決してくれるのか、それとも別の方法で解決するのか。武岡のパフォーマンスも試合ごとに良くなっているので、風間監督がどんな対応をするのか、注目したいと思います。

楽に勝てる試合はない

勝ったとはいえ、2点目、3点目は審判の判定に救われたような得点でした。試合終盤までリードされていたことを考えると、手放しで喜べる試合ではありません。次も中3日でジュビロ磐田戦。しかもアウェーです。課題を修正する時間はないので、どこまでコンディションを整えられるかが、勝敗を左右します。簡単に勝てる試合にはならないはずです。引き続き注目したいと思います。

おすすめ

 - , , ,