nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

簡単な鹿島アントラーズの傾向と分析。2014年J1第12節 川崎フロンターレ対鹿島アントラーズ プレビュー

      2014/07/22

2014年J1第12節、川崎フロンターレの対戦相手は鹿島アントラーズ。3つのミスで負けたFCソウル戦から、中2日。精神的にも肉体的にもキツイゲームですが、今シーズン、川崎フロンターレがJリーグのタイトルを狙うなら、今節の鹿島アントラーズ戦と次節の横浜F・マリノス戦は、絶対に落とせません。

鹿島が得意とするサイドへのロングボール

鹿島アントラーズの戦い方は、誰が監督になってもあまり変わりません。攻撃は、サイドへのロングボールが中心です。FWのダヴィやサイドハーフがボールを受けて起点となり、サイドバックに預け、横に横にボールを動かしながら、相手がじれてきたところでスピードアップし、サイドからのクロスボールや、中央に空いたスペースにスルーパスを送って、得点。攻撃はいつもこの形です。この時、サイドハーフの選手が、中央に入ってきます。

誰かが個人技で崩すゴールや、何人もの選手が連動して得点を挙げることはないのですが、集中力を欠くと、そこを狙ってくる。それが、鹿島アントラーズのサッカーです。

ダブルボランチの背後をねらえ

守備は、必ずブロックを作って守ってきます。前からプレッシャーをかけてくることは、あまりありません。FWのダヴィは守備をやったり、やらなかったり、という選手なので、川崎フロンターレのセンターバックは、楽にボールが持てると思います。

攻撃の狙い目は、柴崎と小笠原のダブルボランチと、センターバックとの間です。柴崎と小笠原は、ボール扱いが上手いボランチで、ボールを奪う能力は高いですが、相手をマークするのは苦手です。特に、自分の背後にあるセンターバックとの間のスペースに相手選手が入ってきた時、マークをルーズにすることがあります。ダブルボランチと、センターバックとの間。バイタルエリアと呼ばれるエリアを、いかに攻略できるか。ここが大きなポイントです。

主導権を握るサッカーを見せること

今シーズンの鹿島アントラーズは、引き分けがありません。3連勝→負け→2連勝→2連敗→2連勝→2連敗と、戦い方が安定していません。1点差で勝ったゲームも清水エスパルス戦のみ。逆に負けたゲームは、セレッソ大阪戦以外は、すべて1点差。つまり、自分たちが主導権を握れば強いけど、失点したり、自分たちが主導権を握れない時に、我慢して試合の流れをたぐり寄せる力はまだない。そんなチームだという印象を持っています。

だからこそ、川崎フロンターレに求められるのは、今まで通り、自分たちが主導権を握って、攻撃するサッカーをこの試合で披露することです。FCソウル戦のようなミスは、川崎フロンターレが目指すサッカーをしていれば、いつか起こります。だからといって、サッカーを変えるのではなく、精度を高めるために、どうするべきか。こうすることで、風間監督就任後の3年間で、川崎フロンターレはサッカーの質を高めてきました。

この試合は、川崎フロンターレが自分たちが目指しているサッカーを改めて示す絶好の機会です。自信を持って良いプレーをして、ぜひ勝利を手繰り寄せて欲しいと思います。

関連記事

相手を外す動きを続けること。2014年J1第11節 川崎フロンターレ対ヴァンフォーレ甲府 プレビュー
ダブルボランチへのマークと森谷への期待。2014年J1第10節 ベガルタ仙台対川崎フロンターレ プレビュー
2大イベントと左サイドバック。2014年J1第9節 川崎フロンターレ対ガンバ大阪 プレビュー

関連商品

 -