nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第5節 川崎フロンターレ対鹿島アントラーズ プレビュー「2016年はしばらく谷口彰悟に注目します」

   

2016年Jリーグファーストステージ第5節、川崎フロンターレの対戦相手は鹿島アントラーズです。

シーズン開幕後、谷口の序列が変わっている

この試合も、僕は谷口彰悟のプレーに注目したいと思います。前節のヴァンフォーレ甲府戦同様に、左サイドバックでの起用が予想されています。ただ、この起用は車屋紳太郎が怪我をしたが故の起用であり、もし大島が万全で、車屋が怪我しなかったら、谷口の起用法はもっと違っていた気がします。

ナビスコカップのアビスパ福岡のレビューに書きましたが、今シーズン始まる前、谷口は「スタメンとして欠かせない選手」であり、「チームを引っ張っていく選手」でした。ところが、エドゥアルドが加入し、奈良がよいパフォーマンスを披露したことで、センターバックは奈良とエドゥアルドが起用されるようになり、谷口は他のポジションに移ることになりました。正直2016年シーズンの谷口は、これまでの2シーズンほどよいパフォーマンスを披露できているとはいえません。

チームを引っ張っていく選手が、便利屋のように起用されるのは、本人にとっても、風間監督にとっても、望ましい状況であるとはいえません。ましてや、GK、センターバック、ボランチ、センターFWといったセンターラインの選手を替えることに慎重な風間監督としては、エドゥアルドがよい選手だったとはいえ、思い切った決断だったと思います。

しかし、風間監督はサイドバックやボランチに他の選手がいるにもかかわらず、谷口を起用し続けます。谷口を起用し続ける理由は、DFにチョン・ソンリョン、奈良、エドゥアルドという新加入選手が多く、まだ川崎フロンターレのサッカーに慣れていないことを考慮し、試合の中でチームの基準を示す選手が必要だからです。

もちろん、どんなポジションで出場しても、ある程度のパフォーマンスを披露できる谷口の能力が高いからでもあるのですが、谷口が起用されているのは、風間監督が谷口を信用しているからです。

谷口の課題は川崎フロンターレの課題でもある

僕は、川崎フロンターレがタイトルを獲るための条件として、大島、小林、谷口の3人が中心選手として、1シーズンを通して活躍することが欠かせないと思っています。この試合は、大島が欠場。小林もコンディションが万全とはいえない状況なので、谷口への期待は自ずと高まります。

実は、僕は今シーズンが開幕してからも、誰に注目して試合を観ればよいのか、定まってませんでした。2015年シーズンは、森谷と武岡といった、レギュラーを奪ってやろうという野心にあふれた選手のプレーに注目していました。2016年シーズンは誰に注目しようか、10番をつけた大島なのか、そんな事を考えたりもしたのですが、イマイチピンときてませんでした。

ただ、開幕4試合とナビスコカップを観て、2016年シーズンはしばらく谷口のプレーに注目することに決めました。髪の色を変えたり、身体を大きくしたり、2016年シーズンの谷口は、何かを変えたいともがいているような印象を受けます。今まで順調にキャリアを積んできた選手が、初めて大きな壁にぶつかっているのかもしれません。

谷口が今の状況を乗り越えたら、川崎フロンターレはより強くなるでしょうし、谷口も日本代表に選ばれるようなレベルの選手になれるはずです。谷口が今の状況にどう向き合い、どう乗り越えていこうとしているのか。それは、川崎フロンターレがタイトルを獲るために乗り越えるべき課題に似ているような気がしてなりません。しばらく、谷口のプレーを基準にして、川崎フロンターレのチームのパフォーマンスを判断していきたいと思います。

おすすめ

 - , , ,