nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年Jリーグチャンピオンシップ準決勝 川崎フロンターレ対鹿島アントラーズ プレビュー「チャンスは掴むのではなく、触れるくらいが丁度いい」

   

2016年Jリーグチャンピオンシップ準決勝、川崎フロンターレの対戦相手は鹿島アントラーズです。

鹿島アントラーズの戦い方

1つ目は、鹿島アントラーズの戦い方にどのように対応するかです。鹿島アントラーズの戦い方は、基本的にどんな相手でも変わりません。攻撃の時は、DFがサイドのスペースを狙って、ロングパスを出します。FWのうち1人がパスを受けてボールをキープして、相手を押し込み、攻撃を仕掛けてきます。縦方向へのロングパスが出せない時は、横方向のロングパスを出し、相手を左右に揺さぶり、空いている場所を作り出そうとします。

縦方向へのロングパスで相手を自陣に押しこんでから、相手に攻撃させないのが上手いのも、鹿島アントラーズの特徴です。たとえ縦方向へのロングパスが通らなくても、相手のボール保持者に対して素早く距離を縮め、パスコースを消し、相手のミスを誘ってボールを奪い、攻撃を仕掛け続けます。鹿島アントラーズは、川崎フロンターレがボールを保持した時、積極的に奪おうと仕掛けてくるはずです。攻撃時にロングパスを活用し、守備の時にボールを積極的に奪いにくるチームに、川崎フロンターレは苦戦してきました。相手にロングパスで押し込まれると、選手間の距離が広がってしまい、テンポよくパス交換が出来ず、相手に捕まってしまうからです。

鹿島アントラーズは、板倉とエドゥアルド・ネットには自由にプレーさせないように、守備を仕掛けてくるはずです。特に板倉には、強烈にアプローチしてくると思います。天皇杯3回戦の浦和レッズ戦では、相手が板倉の特徴が分からないので、板倉に対してボールを奪いに来た相手を、板倉が上手くターンしてかわしてチャンスを作ることが出来ていました。ただ、鹿島アントラーズは板倉の特徴が分かったので、板倉がボールを保持したら、1人が素早く寄せてターンさせるように仕向けて、他の選手がボールを奪うというような守備をしてくるはずです。永木と小笠原は、このような守備を得意としています。板倉が鹿島アントラーズの守備をかいくぐれれば、チャンスが作れます。しかし、板倉が捕まったら、川崎フロンターレが苦戦する時間が長くなるはずです。

最善手を選択できるか

2つ目は、上手くいかないときに、最善手を選択できるかです。ボールが敵陣に運べない、なかなかゴールが奪えない。上手くいかない時間帯に、焦らず、相手の攻撃をしのぎ、自分たちが主導権を握る時間がくるまで我慢出来るかが、この試合の勝敗を左右するポイントだと思います。短い距離のパス交換が上手くいかなければ、ロングパスを選択する。相手が板倉を狙っていたら、敢えておとりにしたり、他の手段を選択して攻撃する。川崎フロンターレが常々心がけてきた「相手を見て戦う」ことで、相手の狙いを読み取り、相手を上回るための最善手を選択出来るかが、ポイントです。

川崎フロンターレは、上手くいかないときに、フィールド内の選手たちの力で問題を解決出来るように取り組んできました。選手交代をなかなかしなかったのは、フィールド内の問題は、まずは選手が解決すべきという考えがあったからです。ただ、2016年シーズンは、スタメンで出場していない選手の中にも、問題解決能力の高い選手が増えています。登里や森谷のように、相手をみて戦える選手もいます。森本のように、どうしてもゴールが欲しいときにゴールを奪える選手もいます。そして、この試合では中村と大島という選手が、ベンチにいます。2人とも、試合の流れを変える力を持っている選手です。特に中村は、途中出場して何度も試合をひっくり返した事がある選手です。

浦和レッズ戦では、中村と大島がいなかったので、得点を奪いにいくとき、高さで問題を解決しようとしました。しかし、鹿島アントラーズ戦では、別の戦い方も出来ます。中村と大島を起用せずに浦和レッズ戦に勝ったということは、手の内を全て披露せずに勝てたという点でも、とても大きな勝利でした。上手くいかないときに、交代出場する選手の選択も含めて、最善手を選択できるか、注目です。

さらっと勝つ

最近、とても印象に残った言葉があります。FC今治の吉武監督がドキュメンタリー番組の中で語っていた言葉です。FC今治は、今年はJFL昇格が求められています。JFL昇格しなければ、来シーズンどうなるか分からない。そんなプレッシャーのかかるシーズン、吉武監督は「勝つために必要なメンタル」を説明しているとき、選手に「さらっと勝つ」と語りました。絶対に勝つ、死に物狂いで勝つ。眉間にしわを寄せて、力こぶを作るようにして、力で掴み取るのではなく、鼻歌を歌うかのように、さらっと勝つ。そのくらいの余裕をもち、力を抜いて臨むことが必要だと説いたのです。新鮮でした。

麻雀の世界で、「20年間無敗」という伝説を持ち、「雀鬼」と呼ばれた桜井章一さんは、勝利やチャンスには「掴むのではなく、触れる」という表現をされています。勝利やチャンスというものは、柔らかいものなので、掴もうとすると、逃げてしまうし、潰してしまう。柔らかいものなので、触れるくらいでいるのが丁度いい。吉武監督の言葉を聞いた時、桜井章一さんの言葉を思い出しました。

結果が出るのは、身体に力が入った状態ではなく、適度に力が抜けて、自信に満ち溢れた状態です。「#いざ決戦」と煽りすぎると、選手も、スタッフも、サポーターも、力が入りすぎてしまい、せっかくのチャンスを逃してしまう気がします。自信をもち、さらっと勝つ。このくらいの気持ちで臨めれば、よい結果が出るはずです。誰もが力が入る1戦で、誰がどんなプレーをするのか。注目したいと思います。

おすすめ

 - , , , ,