nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

第96回天皇杯決勝 川崎フロンターレ対鹿島アントラーズ レビュー「何度だってやり直せばいい」

   

第96回天皇杯決勝、川崎フロンターレ対鹿島アントラーズは、1-2で鹿島アントラーズが勝ちました。

勝敗を分けた左サイドの攻防

この試合のポイントは、鹿島アントラーズの右サイド、川崎フロンターレの左サイドの攻防でした。

川崎フロンターレは普段は特に相手に対して、マークをつけたり、対策を施すチームではありません。しかし、この試合は違いました。前半、登里は守備の時に1人の選手のマークにつきました。登里がマークについたのは、鹿島アントラーズの右サイドバックの西です。西にマークについた理由は、彼が鹿島アントラーズの攻撃をコントロールしているからです。

鹿島アントラーズの攻撃をコントロールしている選手として、誰もが頭に浮かべるのは、小笠原です。しかし、今の鹿島アントラーズで攻撃のコントロール役を担っているのは、西です。西が縦方向にロングパスを出したり、斜め方向にパスを出すタイミング、強さによって、鹿島アントラーズの攻撃がスタートします。隠れた鹿島アントラーズの攻撃のキーマンです。

だから、川崎フロンターレは西をゲームから消そうと、登里にマークをさせました。前半、西は登里のマークを明らかに嫌がっていました。登里のファウルになりましたが、西の右足が登里の頭を直撃したシーンは、西のいらだちを象徴したシーンだと思います。

川崎フロンターレが特に警戒していたのは、西と遠藤の2人のパス交換で、鹿島アントラーズの攻撃の時間を長く作られること、そして西からのロングパスで、車屋と谷口の背後を狙われる事でした。車屋は背後のスペースのカバーが上手くなく、谷口は背走する時のボールの処理が上手くありません。ここを攻められたくはありませんでした。だから、パスの起点を潰してしまおう。それが川崎フロンターレの考えでした。

エドゥアルド・ネットの出場停止でほころびが生じたセットプレーの守備

前半は、川崎フロンターレの狙い通りに試合が進みました。鹿島アントラーズは、コンディションを考えて、積極的にボールを奪いにくる事はありませんでした。川崎フロンターレは、中村のポジションを少し下げて、センターバックの2人とパスを回しながら、相手の背中をとった瞬間にスピードアップさせることで、ペナルティーエリア付近までボールを進める事が出来ていました。また、鹿島アントラーズがボールを奪いに来たら、ロングパスを使って相手のDFラインを下げさせ、鹿島アントラーズにボールの取りどころを絞らせませんでした。

しかし、1つのミスから失点してしまいます。鹿島アントラーズ陣内でのFKの後のスローイン。スローワーはなぜか普段投げない中村。普段投げるはずのエウシーニョは、なぜかゴール前にいます。中村が何気なく投げたスローインを、小林はスルー。しかし、鹿島アントラーズにカットされ、川崎フロンターレ陣内までボールを運ばれてしまいます。このミスから生まれた攻撃で、鹿島アントラーズにコーナーキックを与えてしまいました。

この場面は、中村のように経験のあるプレーヤーは、絶対にやってはいけないプレーでした。サッカーを邪険に扱ったようなプレーに観えました。この何気ないプレーが、試合の流れを変えました。

この試合の川崎フロンターレは、エドゥアルド・ネットが出場停止でした。エドゥアルド・ネットが出場停止によって、問題になると思っていたのが、コーナーキック、フリーキックの時の守備でした。川崎フロンターレは、キッカーに近い場所に小林、ペナルティーエリア中央にエドゥアルド・ネットが誰もマークしない代わりに、ボールを弾き返す役割として立ちます。エドゥアルド、谷口が相手の重要な選手のマークにつく事が多いのですが、この試合はエドゥアルド・ネットが不在のため、役割が少し変わりました。大久保と中村をキッカーに近い場所に立たせ、小林をボールを弾き返す役割にしました。しかし、エドゥアルド・ネットがいないため、鹿島アントラーズとしてはセットプレーでくみしやすくなってしまいました。

遠藤の蹴ったボールは、車屋のマークを振り切った山本に。普段ならエドゥアルド・ネットが守っていたエリアでしたが、小林はゴールキーパー付近を守っていたため、山本はフリーでヘディング。先制点を許してしまいました。

この先制点がなければ、登里はしばらく西のマークにつき、三好が入るのはもう少し先になったと思います。しかし、この先制点によって、川崎フロンターレは手を打たなければなりませんでした。そして、早めに手を打ったことが、後々の試合展開に大きく影響しました。

同点にしたが、仕掛けが早くなり後手に回る

後半に入って、川崎フロンターレは登里に替えて三好を入れて、フォーメーションも4-4-2に変更。FWは小林と大久保の2人、エウシーニョが右MFに移ります。西へのマークも解除します。三好が入ってから、川崎フロンターレは一層攻勢を強めます。三好がMFとDFの間でボールを受けることで、西、遠藤、小笠原の誰がつくのか戸惑います。また、大久保もFWの位置からMFの位置に下がってくるのですが、センターバックがついていこうとすると小林が背後を狙うため、鹿島アントラーズのDFラインのマークがずれるようになりました。そして、ファン・ソッコが左サイドバックに入ったことも影響しました。同点ゴールはそんな守備のズレから生まれました。

この同点ゴールには、ちょっとしたトリックが忍んでいました。4-4-2にフォーメーションを変える時、センターバックはエドゥアルドが左、谷口が右になります。しかし、後半が始まってもエドゥアルドが右、谷口が左のままでした。センターバックを変更しなかったことで、鹿島アントラーズとしては相手がフォーメーションを変更したのか、していないのか、混乱したようにも見えました。こうしたちょっとした違いも、後半の攻勢につながりました。

川崎フロンターレとしては、後半20分まで思い通りに攻撃を仕掛けられた時間帯に逆転してしまいたかったところです。しかし、時間が経つにつれて、三好の動きも鹿島アントラーズに対応されてきてしまいました。また、三好は登里ほど西をマークしなかったため、次第に西から攻撃を仕掛けるようになります。少しずつ遠藤とパス交換する時間が増え、土居、赤崎といった選手が、車屋の背後に走り込む時間が増え、パスを受けられるようになりました。この攻撃によって、川崎フロンターレは動かされ、じわじわと体力を消耗していきました。そして、鈴木優麿の動きも効果的でした。前後左右に動いてボールを受け、味方が一息つく時間を作ることで、少しずつ鹿島アントラーズが攻撃する時間が増えていきました。

川崎フロンターレとしては、車屋の背後が狙われていたので、エドゥアルドを左にして対応するという方法もあったと思います。現に大宮アルディージャ戦は、この変更によって、自分たちのペースに戻していました。ところが、この試合はエドゥアルド右、谷口を左にしたままでした。要因として考えられるのは、左で崩されても、エドゥアルドに中央をカバーさせることで失点のリスクを最小限にしたいという事のような気がします。または、右サイドの田坂が怖かったというのもあると思います。チャンピオンシップは田坂が守るエリアを崩され、失点しています。その事が頭にあったのかもしれません。

動けなかった川崎フロンターレ

鹿島アントラーズは、自分たちのコンディションが良くないことが分かっていたので、延長に入る前に試合を決めようと、90分間で交代枠を3人使い切りました。一方、川崎フロンターレは1人のみ。延長を見据えた交代策という点では、理にかなっているようにも見えますが、僕はあと1人交代を使っても良いと思いました。

特に後半30分過ぎからは、中村がほとんど守備の時にボールを奪うアクションや、人につくアクションをしないので、鹿島アントラーズは中央のエリアに縦方向のパスを入れられるようになっていました。中村は攻撃時は本当に素晴らしい選手です。マークにつかれないような動き、そして相手の守備の穴をつく正確なパス。本当に素晴らしい選手です。

しかし、守備の時はそうではありません。特に近年は、守備時に自分の場所を守るだけで、相手のマークについたり、積極的にボールを奪ったりすることはほとんどありません。後半15分に川崎フロンターレは右サイドを崩され、赤崎にシュートを打たれました。このシーンは、中村が赤崎をマークして追いかけていれば、チャンスにはならなかったシーンでした。時間とともに、守備をしない中村の負担が、チームに(特に大島に)のしかかってきました。もっと早く森谷をいれても良かったと思います。鹿島アントラーズは小笠原を交代しましたが、川崎フロンターレは中村を残しました。動けなくなった小笠原を躊躇なく交代できる鹿島アントラーズと、動けなくなっても残さないといけない川崎フロンターレの差を感じました。

何度だってやり直せばいい

延長前半、植田からの1本の縦パスによって、ファブリシオにチャンスを作られてしまいます。エドゥアルドのカバーによって失点はしませんでしたが、田坂の守備の問題、そしてエドゥアルドが川崎フロンターレの守備の問題のかなりの部分をカバーしてくれていたことがよく分かるシーンでした。そして、コーナーキック。中村と大久保というマークが得意ではない選手のエリアに、西が走り込んでヘディングシュート。クロスバーを叩きましたが、直後のクロスボールのこぼれ球をファブリシオに拾われ失点。ファブリシオのマークを外したのは、車屋でした。そして、シーズン終盤を負傷者だらけで戦っていた川崎フロンターレに、追いつく力は残っていませんでした。

こうして試合を順を追って考えると、川崎フロンターレが勝つチャンスは十分あった試合だと思います。しかし、チャンスを活かさないと、かかえていた歪みが、問題として浮き上がってしまいます。川崎フロンターレがかかえていた問題は、コンディションの問題含め、シーズンを通じてかかえていた問題でした。最後は、試合に出場していた選手や、監督やコーチの問題だけでなく、スタッフ含めたチームの力の差が、勝敗につながった気がします。

川崎フロンターレの2016年シーズンはこれで終わりました。風間監督は退任し、エースストライカーの大久保も退団。中村も37歳になり、一つの時代が終わろうとしています。そして、2014年シーズンから続けてきた、nishi19 breaking newsによる川崎フロンターレの試合のプレビューとレビューもこの試合が一区切りです。多くの人に読んでいただいたことについて、改めて御礼申し上げます。このプレビューとレビューによって、最も多くの事を学んだのは、僕自身だと思います。

タイトルを取れないからといって、諦めたらそこで終わりです。スガシカオさんのアストライドという歌の歌詞にもありますが、「何度だってやり直せばいい」のです。来年こそ川崎フロンターレが栄光を掴み取れる事を願って。

おすすめ

 - , , , ,