nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第17節 川崎フロンターレ対大宮アルディージャ プレビュー「しつこいくらい谷口彰悟に注目する理由」

   

2016年Jリーグファーストステージ第17節、川崎フロンターレの対戦相手は大宮アルディージャです。

改めて2016年シーズンの谷口を振り返る

この試合は、谷口彰悟に注目したいと思います。僕は、事ある毎に2016年シーズンの試合のプレビューで谷口の事を取り上げ続けました。時にしつこいくらい。なぜなら、谷口の2016年のパフォーマンスが、川崎フロンターレの成績を大きく左右する。そう思ったからです。

2015年シーズンの谷口は、チームのMVPと言える活躍ぶりでした。2年目のジンクスという言葉を物ともせず、リーグ戦とナビスコカップ全試合に出場し、フルタイム出場。しかも、イエローカードなし。センターバック、ボランチと複数のポジションをいとも簡単にこなし、時に谷口がプレーするポジションがチームのボールの奪う場所になるほどでした。

ところが、2016年シーズンの谷口は、2015年シーズンほど絶対的な存在にはなれてはいません。特にエドゥアルドが加入した後は、奈良とエドゥアルドがセンターバックを務め、谷口はサイドバックでプレーする時間が増えました。正直パフォーマンスは良いとは言えず、1対1では簡単に相手にかわされたり、2015年シーズンだったら簡単に味方にパスしていた場面も、相手に渡してしまう場面が目立ちました。2015年シーズンの谷口を知る人としては、2016年シーズンの谷口のパフォーマンスは、必ずしも満足出来るパフォーマンスではありません。少なくとも、僕はそうです。

谷口としては、2016年シーズンは自分なりに強い意気込みをもって挑んだシーズンだったはずです。開幕戦に金髪に臨んだのは、強い意気込みの現れであり、「何かを変えたい」という意志表示だった気がします。ところが、次の試合には髪の色を戻して黒髪に。変わろうともがく谷口の悩みが、髪の色という形で表に現れたあたりから、僕は2016年シーズンは谷口に注目しようと決めました。谷口がどう変わるかで、川崎フロンターレの2016年シーズンが決まる。そう思ったからです。

2016年シーズンの谷口に求められていたのは、大久保や中村といった絶対的な存在を上回るパフォーマンスを披露し、リーダーの1人として活躍することでした。常に、大久保と中村が活躍しなければ勝てないチームでは、タイトルを獲得することなんて出来ません。谷口だけでなく、小林や大島といった選手にも、リーダーとしてふさわしいパフォーマンスが求められています。小林や大島は、少しずつリーダーとして存在感を示しつつありますが、谷口はまだ自分のことで精一杯のように僕にはみえます。

今の力を見極める基準が谷口のプレー

前節のアビスパ福岡戦は、川崎フロンターレとしてタイトルを獲得する力があることを示した試合でしたが、一方で絶対に負けられない試合で勝つためには、まだまだ学ばなければならないことがあることを教えてくれた試合でもありました。1得点を挙げた小林、PKにつながるプレーを披露した大島とは対照的に、2失点に絡んだ谷口のプレーは、現在の谷口の立ち位置を象徴していたような気がしています。アビスパ福岡戦のように先に2失点していては、タイトルを獲得することは出来ません。

今節の大宮アルディージャ戦で、谷口のプレーが急に変わるとは思えません。1週間で急に上手くなったり、全てが変わるほど、世の中甘くないのは、僕も普段の生活と照らしあわせても、よく分かっているつもりです。だからこそ、今節の大宮アルディージャ戦は、よくも悪くも、川崎フロンターレの今の力を証明する試合になるはずです。そして、今の力を判断する基準は、大久保でも、中村でも、小林でも、大島でも、チョン・ソンリョンでもなく、谷口のプレーだと僕は思います。

チケットは完売。僕も幸運にもチケットを譲って頂けることになったため、スタジアムで観戦出来ます。今の川崎フロンターレの力を、しっかりと見届けたいと思います。

おすすめ

 - , , ,