nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第17節 川崎フロンターレ対大宮アルディージャ レビュー「サッカーはフォーメーションで戦うわけじゃない」

   

2016年Jリーグファーストステージ第17節、川崎フロンターレ対大宮アルディージャは、2-0で川崎フロンターレが勝ちました。

中村憲剛を左サイドで起用するメリット

この試合で興味深かったのは、中村憲剛を左サイドで起用したことです。中村を左サイドで起用する事は、メリットよりデメリットの方が多いように思えました。中村は本来中央の選手なので、大塚とポジションが重なるのではないか、ペナルティエリアの三辺のうち、左を攻略する機会が減るのではないか。そして、コンディションが万全でない中村を起用することで、守備の時に相手に穴を作ってしまうのではないか。そんな事を考えてしましました。ただ、風間監督はそんな事は百も承知です。表面的なポジションのバランスだけでは分からない、勝利するために最善の策は何かを考え、中村を左サイドで起用したのだと思います。

では、中村を左サイドで起用するメリットは何でしょうか。まずは、「目が揃う」という事です。最近、大塚がスタメンで起用されるようになったのは、「目が揃えられる」からです。川崎フロンターレは、「いつ」「どこで」「何を」「どう」プレーするか、判断と技術の正確性を高いレベルで求められるチームです。大塚がスタメンで定着したのは、川崎フロンターレのプレーのテンポの中で、正確な判断と技術の正確性を発揮できるようになったからです。それは、エドゥアルド・ネットにも言えることです。それを、風間監督は「目が揃う」という言葉で表現します。身体も揃っていれば言うことなしですが、まずは川崎フロンターレでは「目が揃う」「頭が揃う」ことが重要なのです。

フォーメーションが全てじゃない

サッカーのフォーメーションは、プレーを始めるときに「どこで戦うか」を決めるだけの話で、90分間必ずフォーメーションで決められた場所で戦う必要はありません。むしろ、状況に応じて「どこで」戦うか、判断できる選手が試合に出ている方が、勝てる確率が高まるとも言えます。以前、風間監督は谷口をサイドバックで起用したことがあります。サイドバックに不慣れという点を差し引いても、谷口の技術、判断力を活かして、勝ちたい。そう考えたのだと思います。この試合の風間監督は、三好より、中野より、田坂より、中村を起用したほうが、目が揃うし、勝つ確率が高まる。そう判断したのだと思います。

風間監督は、以前中央でプレーしている選手にサイドでプレーすることを指示した際に、「試合中にサイドでプレーしたことはあるか?あるなら、その時間が増えるだけだ」という事を言って、選手の反発を退けたというエピソードを聞いたことがあります。まあ、たぶん中村には風間監督はそんな事は言ってないはずです。

改めて実感した中村の頭の良さ

中村が凄いのは、試合中にポジションやプレーを修正しながら、自分なりに左サイドのプレーをものにしてしまったことです。普段中央でプレーする選手がサイドでプレーすると、サイドに張り過ぎたり、中央に入りすぎたりして、チームのテンポを崩してしまう事があります。試合開始当初はサイドに張り過ぎていましたが、次第に相手ボランチとサイドの選手の間でボールを受け、小林、大久保、大塚に正確なパスを供給し、相手の守備を崩し始めました。中村のサッカーという競技に対する理解力、判断力の高さに改めて感心しました。

反面、中村はサイドでプレーするのは得意な選手ではありませんので、左サイドを攻略する機会は減りましたし、守備の時に中村の背後をつかれる場面が見られました。特に守備の時にどうなるか注目していたのですが、大宮が本来は左サイドの沼田を起用したため、中村の周囲を攻略しきれなかったことも手伝って、大きく破綻することはありませんでした。当然、車屋だったら大宮アルディージャのサイドハーフとサイドバック2人きても、抑えられる。そういう判断もしていたのだと思います。

攻撃を偏らせることで、弱点を消す

中村を左サイドに起用したことで、川崎フロンターレは右サイドから攻撃する場面が増えました。しかし、右サイドからの攻撃が増えたことで、大宮アルディージャの泉澤と和田を押し込むことに成功しました。特に、泉澤を押し込めたのは大きかったです。エウシーニョは1対1の守備に難があり、泉澤のようにドリブルが得意な選手を苦手としています。後半大宮アルディージャは、泉澤のドリブルからチャンスを作っていましたが、泉澤は久々の先発出場ということもあり、体力が削り取られて途中交代してしまいました。

結局、勝負は「どう勝つか」です。フォーメーションの美しさを競う競技ではありません。強みと弱みは表裏一体。自分のチームの弱点を隠し、強みを活かす。それが、勝利への最善の道であるということを、改めて、この試合の中村の左サイド起用で教えてもらいました。ゲームじゃないので、フォーメーションで戦うわけじゃないのです。

シーズンはまだまだ続く

ファーストステージの結果は2位に終わりましたが、1敗しかしていないこと、失点数がリーグ2位タイ、得点数がリーグ1位という成績は、確実にチームの力が伸びている証拠だと思います。ファーストステージを振り返っても、怪我人の続出、谷口、田坂といったパフォーマンスが上がらない選手たち、期待に応えられなかった狩野や森谷といった選手がいる反面、エドゥアルド、チョン・ソンリョンといった新加入選手が期待通りの活躍を披露し、大塚、エドゥアルド・ネットといった選手は、チームのテンポに慣れ、持っている力を発揮し始めています。小林、大島といった選手からは、チームを引っ張るという自覚がプレーから感じられます。

もちろん、チームとして課題もたくさんあります。攻撃のクオリティの問題は相変わらずあるし、試合終盤に攻撃の切り札と成りうるような選手がいません。身体の使い方もまだまだ力任せの選手が多いように見えます。風間監督が目指す理想は高く、技術に完成形はありません。考え方、見方を変えれば、まだまだ改善の余地はたくさんあります。

1週間後にセカンドステージが始まりますし、今日は麻生グラウンドでサテライトリーグの試合があります。シーズンはまだまだ続きます。セカンドステージはどんな戦いをするのか、楽しみです。

おすすめ

 - , , , ,