nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2017年J1第1節 大宮アルディージャ対川崎フロンターレ レビュー「変わらなければならない家長」

   

2017年Jリーグ第1節、川崎フロンターレ対大宮アルディージャは、2-0で川崎フロンターレが勝ちました。

前半3分に小林がクロスバーを直撃するシュートを打つまでは、川崎フロンターレのペースでした。しかし、時間が経つにつれて、大宮アルディージャの守備に捕まってしまいます。大宮アルディージャが選手間の距離を狭くし、ボールを持っている選手に対して素早く距離を詰め、川崎フロンターレの選手に自由にプレーさせなかったというのも捕まった要因です。しかし僕は、大宮アルディージャの守備が良かったというよりは、川崎フロンターレのパスを受ける選手の動きが少ない事が、大宮アルディージャの守備に捕まっている要因だと感じていました。

川崎フロンターレのパスを受ける選手の動きが少なかったのは、ある選手の動きが少なく、他の選手がその選手につられて、動きが少なくなってしまっていたからです。

この続きはnoteで有料で公開しています。ぜひnoteで読んで頂けると嬉しいです。書いているトピックスは、主に以下の3点です。

  • 家長のプレーの問題点
  • 鬼木監督の的確な采配
  • 2017年シーズンの中村憲剛の役割

よろしくお願いいたします。

note「2017年J1第1節 大宮アルディージャ対川崎フロンターレ レビュー「変わらなければならない家長」」

 - , , ,