nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年ナビスコカップ予選リーグ第2節 川崎フロンターレ対横浜アビスパ福岡 プレビュー「真逆な2チームの対決」

   

2016年ナビスコカップ予選リーグ第2節、川崎フロンターレの対戦相手はアビスパ福岡です。ナビスコカップは2試合続けてのホームゲームです。

Jリーグの他のチームとは違うアビスパ福岡

この試合のポイントは、Jリーグでは他にないアビスパ福岡のサッカーに、いかに対応するかです。

僕はアビスパ福岡の戦い方は、Jリーグの他のチームとは明らかに違っていて、非常に興味を持っています。その理由は、アビスパ福岡が「守備で主導権を握る」チームだからです。守備の時にDF、MFできれいに2列に人が並び、スペースを与えず、相手のチームの選択肢を奪ってしまうことで、ゲームをコントロールしようとします。ボールを保持することでゲームをコントロールしようとするJリーグの他のチームとは、全く違うコンセプトで戦うチームです。僕が観たジュビロ磐田との試合では、相手陣内からボールを奪いに行くような姿勢をみせていましたが、基本的な考え方は変わらないと思います。

また、アビスパ福岡は攻撃の時に、ロングパスを効果的に活用するチームです。FWにウエリントンという、身体が強く、身長が高く、ロングパスを受けてボールをキープできる選手がいますし、城後のように身体も強く、身長が高い選手がサイドハーフを務めているので、ロングパスを活用することが、最善の攻撃方法なのです。ロングパスを軸に攻撃してくるという点も、Jリーグの他のチームとは違います。

川崎フロンターレは、アビスパ福岡と真逆のチームといえるかもしれません。「攻撃で主導権を握る」事を目指し、グラウンドを這うようなパスを使って、攻撃を仕掛ける。ここまで違うスタイルのチーム同士の対決というのは、あまりJリーグでは見られないかもしれません。川崎フロンターレとアビスパ福岡のスタイルの違いによって、どんな試合になるのか。注目したいと思います。

森本は結果を残せるか

僕がこの試合で注目しているのもう1つのポイントは、森本貴幸のプレーです。横浜F・マリノス戦では惜しいヘディングシュートはありましたが、チャンスはこの1本のみ。日本代表経験がある選手のプレーとしては、すこしもの足りないプレーだったと思います。

森本の課題は、ボールを止める時、足元からボールが離れてしまうことです。川崎フロンターレの攻撃は、狭いスペースでボールを扱う技術がなければ成り立たないので、ボールを止める時、足元からボールが離れてしまうと、プレーのテンポが遅くなってしまいます。2015年シーズンに加入した、杉本と船山はこの課題が解消されず、最終的にはチームを離れることになってしまいました。簡単に解決する課題ではありません。

ただ、森本はもともとボールを扱う技術に長けたFWです。ゴール前で相手に捕まらないプレーは既に出来ていますし、身体も動けているような気がします。この試合、スタメンで出場できれば、中村憲剛からよいパスが出てくるはずです。あとは、結果を残すだけだと思います。森本にはぜひ結果を残して、小林、大久保といった選手との競争を激しくして欲しいと思います。期待しています。

おすすめ

 - , , , ,