nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年ナビスコカップ予選リーグ第2節 川崎フロンターレ対アビスパ福岡 レビュー「負けたから分かることがある」

   

2016年ナビスコカップ予選リーグ第2節、川崎フロンターレの対アビスパ福岡は0-1でアビスパ福岡が勝ちました。

アビスパ福岡の守備を崩せなかった要因

この試合は、ボールは保持出来ていましたが、結果的にはアビスパ福岡の守備を崩すことが出来ませんでした。要因は、攻撃を始める時のパスのスピードと、テンポが遅かったこと、相手の背中を取らなかったことです。

アビスパ福岡は、守備の時は5-4-1というフォーメーションで、川崎フロンターレの攻撃を防ごうとしました。5人のDFと4人のMFがペナルティエリアの幅にならび、中央はほとんどスペースがありません。サンフレッチェ広島が守備の時に採用する守備に似ています。ただ、自陣に引いて守るので、川崎フロンターレのセンターバックやボランチには、あまりボールを奪いにきませんでした。したがって、センターバックやボランチの選手は、ボールを持てる余裕がありました。

ところが、この試合、井川とエドゥアルドのセンターバック、谷口とエドゥアルド・ネットのボランチとの間で交換するパスのテンポとスピードが遅く、なかなかアビスパ福岡の守備を動かすことが出来ません。パスのスピードが遅いのは、ボールがしっかり止まっていないからだと思いました。どんなプレーも出来るポイントに、1回で止める。これが4人共出来ていませんでした。特にエドゥアルド・ネットは、ボールを1回浮かせる癖があるようで、ボールを止めるのに、2回、3回とボールに触る必要があるため、なかなかパス交換のテンポが上がりません。

したがって、森本、三好、田坂が空いているアビスパ福岡のDFラインの背後を狙っても、ボールを止めるのに時間がかかっている間に、パスを出すタイミングを失ってしまい、相手の背中を攻略することが出来ませんでした。そして、「パスが出てこない」と思った味方は、DFラインの背後で受けるのを止めてしまいました。

後半に役割を整理

DFラインの背後でボールを受けられないと判断した選手たちは、アビスパ福岡のMFとDFの間でボールを受けようとします。しかし、MFとDFの間には、わずかなスペースしかありません。このわずかなスペースを狙って、田坂、三好、森谷、森本の4人が受けようと動いたため、ますますスペースは狭くなり、アビスパ福岡にとっては守りやすい状況を作ってしまいました。森谷と田坂のサイドハーフが、サイドではなく中央でボールを受けようとしたため、サイドバックの車屋とエウシーニョがボールを受けても、数的不利が生じてアビスパ福岡が2人で守っているので、なかなかサイドも攻略出来ないという状況でした。

後半開始時に、川崎フロンターレは森谷に代って大塚を投入。役割とポジションを整理しました。DFとMFの間で受けるのは大塚。右サイドは三好、左サイドは田坂(交代後は長谷川)とポジションを明確にし、中央に寄っていた人を整理。サイドの選手はサイドを攻略すると、役割も明確にしました。役割とポジションを整理したことで、中央が空くようになり、サイドからボールを運べるようになりましたし、大塚にパスが入ってゴール方向に向けると、チャンスになりました。ただ、その回数も少なく、続きませんでした。その理由は、結局ボランチとセンターバックのパス交換のパススピードとテンポが上がらず、アビスパ福岡の守備を動かせず、相手を消耗させられなかったからです。

大久保、中村、大島、小林といった攻撃のキーマンがいないと、横浜F・マリノスのレギュラーではない選手たちが相手なら60分はボールを保持して何回かチャンスを作れるけど、J1のアビスパ福岡相手では上手くいかない。そのことが分かったのが、この試合の最大の収穫ではないかと思います。

チームの序列の変化

この試合を観終わって、チーム内の競争が激しくなったことで、交代で出場する選手、スタメンで出場する選手の序列が、変化していると感じました。

具体的に言うと、2015年シーズンの谷口は、チームに絶対欠かせない選手でしたが、今シーズンはパフォーマンスがよくないことと、エドゥアルドと奈良の加入によって、スタメン争いに巻き込まれています。また、田坂は2015年シーズンはいないと攻撃のクオリティが落ちるほど、チームに絶対欠かせない選手でしたが、今シーズンはコンディションが戻っていないため、まだレギュラーに戻れてはいません。

今シーズンリーグ戦3試合連続でスタメン出場した狩野は、2試合連続で前半で交代した後、その後出場機会はありません。また、攻撃の切り札の役割を担っていた中野は、負けている試合にもかかわらず、この試合は出場機会なし。また、この試合は登里や小宮山がベンチ外で、板倉がベンチ入り。ベンチに入るのも、試合に出るのも、簡単ではなくなっています。結果が出なければ、すぐに序列が入れ替わる。過去のシーズンにはない厳しさが、今シーズンの川崎フロンターレにはあります。

ただ、アビスパ福岡戦で「出場したら何かインパクトを残す」というプレーを披露したのは、三好と長谷川だけ。「俺がチームを引っ張る」という気持ちを披露したのが、新井だけというのは残念でした。3人は今後出場機会が増えそうな予感がします。そして、「誰かがやってくれる」そんな姿勢が感じられたプレーを観ながら、もどかしい反面、自分の仕事に対する姿勢もそんなふうになってないか。そんなことを考えてしまいました。

まだシーズンは始まったばかりです。敗戦によって、分かることもあります。むしろ、敗戦した試合でチームがどう戦ったかの方が、チーム状態を把握することが出来ます。次はリーグ戦で、相手は好調の鹿島アントラーズ。この試合はシーズン序盤のポイントとなる試合だと思います。どんな試合になるか、注目したいと思います。

おすすめ

 - , , , ,