nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1セカンドステージ第11節 川崎フロンターレ対アビスパ福岡 プレビュー「攻撃のスピードはボールが決める」

   

2016年Jリーグセカンドステージ第11節、川崎フロンターレの対戦相手はアビスパ福岡です。

攻撃のスピードはボールが決める

川崎フロンターレの選手が日本代表から帰ってくると、「スピードに慣れなければならない」というコメントをすることがあります。川崎フロンターレより日本代表の方が技術レベルが高いはずなのに、川崎フロンターレの方が「速い」と感じるのはなぜでしょうか。特に、現在のサッカー日本代表はハリルホジッチ監督が、パススピードを速くすること、攻撃のスピードを速くし、相手の守備が整わないうちに、攻撃することを目指しています。ところが、サッカー日本代表に比べて、速く攻めているという印象が薄い川崎フロンターレの方が、「速い」を感じるのはなぜでしょうか。

サッカーで攻撃の速さを決める要素は、ボールです。ボールが動くスピードが、攻撃のスピードを決めます。ただ、攻撃のスピードを速くするためには、順序があります。まずは人が動いて、ボールを受ける動きをする。その後、ボールを動かす。この順序の方が、ボールを動かして、選手が追いかけるよりスピードを出すことが出来ます。

ボールを空いている場所に蹴って、選手が全力で走って追いかけてた場合は、選手が走るスピード以上のスピードは出ませんし、ボールに追いつく事が目的になってしまうので、追いついたらスピードを緩めてしまいます。選手が追いついた時は、大抵ボールも力を失って、ボール自体は止まっていることも多いです。しかし、選手が全力で走っている足元に、正確にボールを届けると、ボールは素早く動くので、攻撃のスピードを速くすることが出来ます。守備者の目は、人とボールを追っていますが、サッカーはボールを扱うスポーツなので、全てのプレーの起点はボールです。目は基本的にボールを追っています。ボールを速く動かすには、人が動いて、動いた人の足元にボールを正確に出す。この順番でなければなりません。ドリブルは、攻撃のスピードを速くするプレーではないのです。

サッカー日本代表は、攻撃のスピードを速くするための順番が逆になってしまっていると、僕は思います。今のサッカー日本代表は、「ボールを蹴って、追いかける」サッカーです。素早くボールを動かそうとしても、ボールが正確に止まらないので、次のプレーに移るのに時間がかかっているのも、攻撃のスピードを遅くしてしまっています。川崎フロンターレの方が、グラウンド状況といった諸条件を考慮しても、「止める」「受ける」「外す」といった動きは、チームとして連動し、正確に出来ています。他にも要因はいくつもありますが、川崎フロンターレに戻った選手が、「速い」と感じるのは、ボールが動くスピードが速いからです。

相手の守備を外す「横方向のパス」と、相手の守備を崩す「縦方向のパス」

もちろん、川崎フロンターレの攻撃も課題があります。たしかに、ボールが動くスピードは速くなりました。わざとゆっくりボールを動かしたりといった、ボールを動かすスピードに緩急をつけて、相手を崩す事も出来るようになりました。あとは、もっと縦方向へのパスを増やす事です。

横方向のパスは、相手の目線を外す効果はありますが、ゴールには近づきません。ゴールに近づくには、縦方向にボールを動かさなければなりません。川崎フロンターレはボールを素早く動かせるようになりましたが、最近の試合を観ていると、ボールを失わないようにするために、横方向へのパスが多くなったように感じます。大久保が2016年シーズン通じて「攻撃のクオリティが低い」と語っていますが、大久保としては相手の守備を崩す縦方向のパスが少ないし、正確性も低い。そう感じているから、常々要求しているのです。相手の守備に対して、横方向のパスを回しているだけで、満足するな。そう言いたいのかもしれません。

風間監督は、ボールを保持すること(ボールポゼッション)を重視していると思う人もいるかもしれませんが、実は「横パスは1本も要らない」と言っているくらいで、横パスをつないで、ボールを保持する事を目的にしたチームを作ってきたわけではありません。あくまで、ゴールを相手より多く奪って、試合に勝つことを目的にしたチーム作りを進めてきました。ゴールを奪うための縦方向のパスがいかに大切か、よくわかっている監督です。したがって、最近の川崎フロンターレが、攻撃のスピードを速くさせるための縦方向のパスが少ない事を、良しとはしていないはずです。

攻撃のスピードは、走るスピードではありません。攻撃のスピードは、ボールが決めます。ボールをどう動かして、相手の守備を崩そうとするのか。相手の守備を外す「横方向のパス」と、相手の守備を崩す「縦方向のパス」をいかに使い分けて相手の守備を崩せるか、注目したいと思います。

おすすめ

 - , , ,