nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第2節 川崎フロンターレ対湘南ベルマーレ プレビュー「いつもと同じか。今年は違うのか。」

   

2016年Jリーグファーストステージ第2節、川崎フロンターレの対戦相手は湘南ベルマーレです。

川崎フロンターレが苦手とするチーム

2015年シーズンまで、川崎フロンターレが苦手としてきたチームのタイプは、主に2つあります。

1つ目は、前節戦ったサンフレッチェ広島です。守備の時はゴール前に人を配置しスペースを空けず、攻撃の時はフォーメーションを変えて、空いた場所を効果的に使って攻撃してくる。サンフレッチェ広島の戦い方は特殊だと思いますが、川崎フロンターレは苦手としてきました。自分たちのペースでプレーしても相手の守備を崩せず、ゴールを奪われ、結果的に相手のペースでゲームが進む。このパターンで敗れてきましたが、前節は相手のペースになりかけた時間を凌ぎ、勝つことが出来ました。

2つ目は、今節戦う湘南ベルマーレのように、走る事を惜しまないチームです。相手ゴール前から守備を行い、外されても二度三度と追いかける。ボールを奪ったら、素早くゴール前に運び、何人もの選手が同時に動いて数的優位を作って、ゴールを奪う。このようなチームを川崎フロンターレは苦手としてきました。

相手チームの守備を「恐れない」

2015年シーズン、湘南ベルマーレとは1勝1敗ですが、1勝もロスタイムに挙げたエウシーニョの劇的な決勝ゴールがなければ引き分けで終わっていたかもしれません。また、同じようなタイプのモンテディオ山形との戦績は1分1敗。決して得意とするチームではありません。

これまで川崎フロンターレは、湘南ベルマーレのように相手ゴール前から守備を行うチームに対して、相手の守備を外しきれずボールを奪われ、逆に相手の攻撃を受けてしまうことがありました。対策として、ボールを繋ぐことに固執せず、相手DFラインの背後を狙ってパスをして、相手陣内にボールを運ぶことを優先したこともありました。

しかし、この試合で川崎フロンターレに求められるのは、相手の守備を恐れて一か八かのパスを出すのではなく、正確な技術を駆使して、相手の守備を外し、ボールを運び、ゴールを奪うプレーです。今までなら逃げていた場面で、逃げずにプレー出来るか。

「遠くが見えていること」

相手の守備を外すために大切なのは、「遠くが見えていること」です。近くに敵が多くいるということは、遠くのエリアでは、味方がフリーになっている可能性があります。近くの敵や味方ばかり見ていると、選択肢がなくなってしまい、ボールを奪われやすくなってしまいますが、遠くが見えていれば、フリーの味方を探し、パスをすることが出来ます。この事を発想として頭に入れておいた上で、相手のプレーに対応できるかが、この試合の勝敗を左右すると僕は思います。

変化球投手の後の豪速球投手

「遠くを見る」ためにやっかいなのは、前節がサンフレッチェ広島だったということです。どうやっかいかというと、野球に例えるなら、サンフレッチェ広島が相手のタイミングを外すのが上手い変化球投手だとしたら、湘南ベルマーレは速球でグイグイ押してくる豪速球タイプの投手だからです。

変化球投手の目に慣れている打者は、豪速球投手のボールを球速より速く感じてしまう事があります。したがって、試合開始15分ほどは、パスが上手くつながらないかもしれません。開始15分でいかに目を慣らし、自分たちのペースにもちこめるかが、この試合のポイントです。

いつもと同じか。今年は違うのか。

「遠くが見えていること」が大切なのは、プレー中だけではありません。今年はタイトル獲得を目標に掲げていますが、いかにチーム全体で「タイトル」という遠い場所に視線を向けて戦っているかが、今年は毎試合問われます。

開幕2試合は、川崎フロンターレが苦手なタイプのチームとの戦いということもあり、いかにチームが準備してきたか、タイトルを獲得するだけの力があるのか、知るには絶好の機会です。2連勝したら「今年は違う!」と感じる人も多いと思いますが、この試合に勝てないと、「またいつもと同じか」と思う人が増えるはずです。

いつもと同じか、それとも今年は違うのか。注目したいと思います。

おすすめ

 - , , ,