nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第2節 川崎フロンターレ対湘南ベルマーレ レビュー「いつもと同じに見えて、いつもとは違う点」

   

2016年Jリーグファーストステージ第2節、川崎フロンターレ対湘南ベルマーレは、4-4の引き分けでした。

遠くを見るとはどういうことか

プレビューにも書きましたが、予想通り湘南ベルマーレは川崎フロンターレがボールを持った時、素早く何度もプレッシャーをかけてきました。普段はボランチを務める菊地俊介を1つ前のポジションで起用してきたのは、中村と大島がボールを持った時にボールを奪いたいという狙いがあったからだと思います。

湘南ベルマーレは選手間の距離を、縦方向だけでなく、横方向も狭くし、ペナルティエリアの幅に4〜5人が並ぶくらい狭めてきました。1人1人の距離を狭くすることで、中央で空いている場所はありませんが、サイドは空いています。プレビューでは「遠くが見れるか」と表現しましたが、相手の人数が多い場所があるということは、少ない場所があるということです。少ない場所にいかにボールを運んで、スムーズに攻撃を進めるかが、この試合のポイントでした。

なお、「遠くが見れる」ためには、チームとして「空いている場所がある」ということを、意識出来る必要があります。時間はかかりましたが、場所を見つける事が出来る、大久保、大島、中村、小林といった選手たちは流石です。

試合の流れを変えた審判のミスジャッジ

湘南ベルマーレは、菊地俊介が中村と大島に注意をさいていたため、藤田もつられて中央付近にポジションをとることが多く、車屋がフリーになる場面が増えました。前半15分以降は、車屋が何度もドリブルでチャンスを作っていましたし、大久保の先制点の後は、相手が出てきた逆をとり続ければ、自分たちのペースで試合をコントロールできたと思います。

ところが、湘南ベルマーレの同点ゴールが決まり、湘南ベルマーレが気落ちせず、むしろ勢いをかけて攻めてくるようになりました。川崎フロンターレは後手に回ってしまい、追いかける展開になってしまいました。チョン・ソンリョンに対するキリノのチャージはファウルだったと思いますが、チョン・ソンリョンの動揺がチーム全体に伝わってしまったことが、その後のゲーム展開に小さくない影響を与えたと思います。

後半、風間監督は森谷と狩野に代えて、中野と森本を投入しました。サイドが空いているので、サイドを攻めて、中央の大久保と森本で仕留める。その狙いが明確に出た交代でした。実際に交代は効をそうし、後半20分までは相手を押しこむことに成功しました。

しかし、湘南ベルマーレも山田と藤田を投入し、前から追いかけて疲れていた選手を入れ替え、立て直してきました。その後、3バックの左サイドの選手のクロスに、3バックの右サイドの選手が飛び込むという、なんとも湘南ベルマーレらしいゴールを決めて優位にたちましたが、最後は川崎フロンターレの攻撃に対して足を使っていたため、守り切れるほどの力は残っていませんでした。

風間監督の交代策から読み取る意図

この試合、風間監督は交代策を通じて、厳しい姿勢を選手やサポーターに示しました。1失点目に関わる軽率なボールロストと、その後相手を追いかけなかったこと、そして2失点目にシュートをブロックしないなど、やるべきことをやらなかった森谷と、攻める時と守る時の判断のミスが目立った狩野を前半で交代。そして、ヘディングシュートを外してから消極的なプレーが目立つようになり、4失点目できちんと岡本を追いかけなかった中野を、後半開始から投入していたにも関わらず、エドゥアルドと交代しました。

この2つの交代からは、今年の川崎フロンターレが、個人のミスに対して厳しく接しようとする姿勢が伝わってきました。今までの風間監督だったら、狩野はまだしも、森谷は我慢して後半も出場させていたかもしれません。しかし、この試合ではスパっと代えました。タイトルを狙うチームとして、小さなミスも疎かにはしない。そして勝負というか、目の前の勝ち点にこだわるという姿勢が伝わってきました。

また、エドゥアルドを入れた狙いも面白いなぁと思いました。風間監督は記者会見でも語っていましたが、エドゥアルドをFWとして入れたからといって、簡単にパスをするということはないということは、分かっていたと思います。ただ、背の高い選手がアンドレ・バイアしかいない湘南ベルマーレにとって、186cmのエドゥアルドの存在はプレッシャーになります。エドゥアルドを警戒して、他の選手がフリーになればいいという考えは、とても面白いと思いました。

あと、エドゥアルドを入れたのは、チームに慣れさせたかったのだと思います。エドゥアルドをセンターバックで起用できるようになれば、谷口をボランチで起用することも出来ます。この試合4失点しましたが、チームというよりは、個人のミスによる4失点なので、やり方は変えないと思います。

今シーズンの守備をみていると、ボールを奪われた直後の守備の精度が格段に良くなっています。守備は明らかにレベルアップしています。ただ、長いシーズンを戦うにあたって、対策は色々あったほうが、シーズン通して戦いやすくなります。この試合のことだけでなく、先の事を見据えた交代策だなと、僕は感じました。

目の前の試合だけでなく、先を見据えて手を打つ

先の事を見据えた交代策は、中野や森本の起用の仕方にも現れています。森本は、杉本や船山のように、チームのテンポに馴染めずに終わらせたくないので、少しづつ出場時間を増やしていこうとしています。森本は東京ヴェルディで育ってきているので、川崎フロンターレのサッカーに馴染むのに、時間はかからなそうだなという気がします。

また、中野の起用については、「終盤で得点を取りにいくときの交代カード」という意識を、チームにも、相手にも植え付けるだけでなく、本人にもその自覚をもたせたい、という意図を感じます。ベンチには田坂がいますので、実績も能力もある田坂を起用する選択肢もあります。しかし、風間監督は2試合続けて、田坂より中野を起用しています。これは、中野に対する期待も感じられますし、もし中野が期待に応えられなければ、田坂を起用すればいいという考えも伝わってきます。2試合続けて交代させられている、森谷と狩野、そして中野と田坂の競争意識を煽りつつ、チームの力を底上げしていく。交代策からも、昨年との違いを感じます。

2試合終えた成績は1勝1分と2015年シーズンと同じですが、2015年シーズンとは僕は印象が異なります。それは、チームの力が2015年シーズンより上がっていること、そしてチーム内の競争が激しく、まだまだチームが成長していく余地ががたくさんあるからです。余力はまだ残っている。そう感じています。

次節は小倉監督になって、チームを作り変えている名古屋グランパスとの対戦です。僕は今年の名古屋グランパスにとても注目しているので、次節が楽しみです。どんな試合になるか、注目したいと思います。

おすすめ

 - , , ,