nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

第96回天皇杯2回戦 川崎フロンターレ対ブラウブリッツ秋田 レビュー「敢えて試したこと。チャンスを潰した男。」

   

第96回天皇杯2回戦、川崎フロンターレ対ブラウブリッツ秋田は3-1で川崎フロンターレが勝ちました。

ブラウブリッツ秋田の守備に敢えて立ち向かう

この試合は、ブラウブリッツ秋田の戦いが素晴らしかったです。川崎フロンターレがボールを持ったら、とにかく全力で走り、距離を詰め、追いかける。湘南ベルマーレ、サガン鳥栖といった川崎フロンターレが苦手とするチームが披露する戦い方を披露してくれました。ブラウブリッツ秋田はJ3でも元々この試合のような戦いをしているそうなので、普段通りといえば普段通りなのでしょうが、ブラウブリッツ秋田の戦いに、川崎フロンターレは苦労させられてしまいました。

苦労させられてしまった理由は、ボールを奪いにくる相手を外せなかったからです。前半の川崎フロンターレは、素早く走る相手を外して、ボールを受けようと試みました。相手を外す時の考えとして、川崎フロンターレでは「相手の矢印の逆をとれ」という言葉をもちいて表現される事があります。右に相手が動こうとしたら、「右に動く」という身体の向き、動きといった相手がどの方向に動こうとしているのかを読み取る、すなわち相手が出している「矢印」とは逆方向に動くことで、相手を外すことが出来るというものです。

この試合は、ブラウブリッツ秋田は強い矢印を出して、川崎フロンターレに襲い掛かってきました。目の前の相手が持っているボールを奪う、人が動いたら絶対に離さない。湘南ベルマーレのチョウ・キジェ監督が、「我々は猟犬。ボールをうさぎだと思って追いかけろ」と語っていましたが、猟犬がうさぎを追いかけるように、強烈な矢印を出していたのですが、前半の川崎フロンターレは相手の矢印を外せませんでした。

ブラウブリッツ秋田がボールを奪いにきていたので、ブラウブリッツ秋田のDFとGKの間には、大きなスペースが空いていました。このスペースを使って、ボールを進めるという手段もありました。そして、ブラウブリッツ秋田は選手間の距離を詰めて、ボールを奪いにきていたので、どうしてもボールの近くに選手が集中してしまいます。したがって、相手が集中しているサイドとは逆のサイドにパスを出せば、相手の守備を外す事も出来ました。しかし、川崎フロンターレは、敢えてブラウブリッツ秋田の守備を受け止めるという選択をしました。それしか出来なかったというよりは、敢えて選択したように僕は感じました。

敢えて、ブラウブリッツ秋田の守備を受け止めて攻略しようとしたのは、今後Jリーグで同じように戦ってくるチームがあるからです。この試合に向けて、川崎フロンターレは中央から攻撃する練習を繰り返し練習してきたそうです。川崎フロンターレは中央のエリアを攻略してゴールを奪えるチームでしたが、2016年シーズンの川崎フロンターレは中央から攻撃してゴールを奪うシーンが、少なくなっていました。相手の守備が空いている場所を見つけるのは上手くなりましたが、上手くなったがゆえに、プレーが雑になっているように感じる時もありました。もう一度、中央からの攻撃にトライすることで、チームが目指していることを確認する。そんな狙いがあったのだと思います。

ブラウブリッツ秋田が前半に披露したような守備は、90分続きません。60分過ぎから相手の動きが止まりはじめ、きちんと3ゴールを奪って勝利出来ました。本当は前半は無失点、あわよくば得点を奪って欲しいところでしたが、その点はチームとしては改善点が分かったということで、前向きに捉えられるのではないかと思います。

試したかったことは試せた

この試合の川崎フロンターレは、敢えて中央からの攻撃を試すだけでなく、他にも様々な事を試していました。武岡のセンターバック起用、病気で離脱していた大塚の起用、中野の左サイド起用、そしてエドゥアルドや田坂といったコンディションがイマイチ上がっていない選手の出場時間を増やすこと、そして森本に出番を与えること。ほぼやりたかった事は試せたのではないかと思います。

特に、武岡のセンターバックがある程度目処がたったこと、エドゥアルドと田坂のコンディションが上がっていることがゴールという結果も含めて確認出来たことは、今後の試合を戦っていく上で、大きな収穫でした。エドゥアルドはセンターバックに怪我人が多いので、出来れば90分起用したい選手ですが、太ももの怪我の後は肩を脱臼した事もあり、なかなか出場時間を増やせず、コンディションも上がってきていませんでした。この試合を観る限りでは、ようやく準備が整ったように思えます。

やっと見れた2015年シーズンの田坂

そして、田坂。僕にとって田坂のプレーの基準は、1年前の田坂のプレーです。レナトが移籍した事を感じさせないだけのパフォーマンスを披露してくれた田坂のプレーが、僕の田坂を観る時の基準です。しかし、2016年シーズンは基準を満たすどころか、基準を下回るプレーが続き、ベンチを外れる事もありました。2016年シーズンの川崎フロンターレは左サイドのMFのスタメンが決まっていないのですが、それは田坂のパフォーマンスが悪いからだと僕は思ってます。しかし、この試合を観る限りでは、少しずつよくなっている気がしました。

田坂がいればボールをスムーズに運ぶ事も出来ますし、中央でもDFの背後でも、どこでもボールを受けられる選手です。判断のミスも少ない選手なので、観ていて楽しい選手です。あとは、Jリーグでも同じレベルのプレーが披露できれば、言うことはありません。田坂の今後のプレーに注目したいと思います。

中野に次のチャンスは来るのか

この試合唯一残念だったのは、前半45分のみ出場した中野のプレーです。この試合の川崎フロンターレには、相手の実力を見定めた上で、力をセーブしながら戦っている選手もいました。しかし、中野はそんな余裕はないはずです。ブラウブリッツ秋田の選手と同じように、意気込みをプレーで表現して欲しかったのですが、スタメンで起用された期待に全く応えられずに交代してしまいました。

中野のプレーを観ていて、こういう若手社員いるなぁと感じました。他の選手にない強みがあるので、上司も期待しているんですが、いざ実戦で試してみると、トンチンカンな事ばかりして、先輩に怒られてしまう。怒られるのが嫌だから、萎縮してしまい、さらにミスが増える。読んでいる方の周りにも、こんな若手社員いるんじゃないかと思うのです。しかも、こういう若手社員に限って、性格はいいんです。憎めないから、ついつい色々言ってしまうんですが、本人は「分かってます」とは言うんだけれど、行動では表現出来なかったりします。

プロ野球死亡遊戯」というブログによく書かれているのですが、プロスポーツ選手は批判されているうちは、まだ価値があるということです。批判されなくなったり、同情されるようになったら、プロスポーツ選手としては終わりです。中野は、まだ歓声も罵声も浴びることが出来る場所でプレー出来ているだけマシです。ただ、この試合のようなプレーをしていたら、あっという間に批判もされなくなってしまいます。プロの世界は厳しいのです。

例えば、三好は最近出場機会が増えてきたので、少しずつプレーを批判する声も増えてきました。これは、サポーターが本当に選手として認めつつあるからです。良いことです。一方、板倉はまだそこまでは達していません。出場したら「よかったね」と言われているうちは、プロスポーツ選手としては認められていないという事なのです。

若手社員なら先輩社員が助け舟を出して、助けてくれるかもしれません。しかし、プロスポーツの世界は、助け舟を出してくれる人はいません。自分の力で這い上がらなければなりません。正直、この試合のプレーのせいで、中野はチームの信頼をかなり失ったと思います。取り返すのは大変です。しかし、取り返さないとプロスポーツ選手としては、生きていけません。中野の本当の力が試されています。本人がどう思っているかは分かりませんが、やられたらやり返すのがプロスポーツの世界です。中野にやり返すチャンスはやってくるのか、そしてチャンスを与えられた時に中野がどんなプレーをするのか。次同じプレーしたら、もうチャンスはないかもしれません。中野は今日のプレーで、自らを追い込んでしまいました。中野にやり返すチャンスは来るのか。中野の今後に注目したいと思います。

おすすめ

 - , , ,