nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

FC東京のディフェンスを崩すヒント。2014年J1第24節 川崎フロンターレ対FC東京 プレビュー

      2014/09/30

2014年J1第24節、川崎フロンターレの対戦相手はFC東京。前回対戦時は、4-0で川崎フロンターレが勝ちました。

洗練されたFC東京のディフェンス

この試合の見所は、FC東京のディフェンスをいかに崩せるか、です。

FC東京のディフェンスは、Jリーグで最も組織されています。4-3-1-2とならんだ選手が、守備時にはきれいにラインを作り、パスコースを消しながら、ボールを持っている人への距離を詰めていき、相手を追い込み、プレーの選択肢をなくして、一気にボールを奪い切ります。

相手の身体の向きやボールを持っている時にパスコースを消す動き方、ボールを持っている人への距離の詰め方や、ザッケローニが監督をしていた時の日本代表にも似ていますし、ペッツァイオリが監督していた時のセレッソ大阪の守備の仕方に似ています。FC東京の監督は、イタリア人のフィッカデンティ。ザッケローニもペッツァイオリもイタリア人です。イタリアでは、基本的なボールの奪い方なのかもしれませんが、導入から半年を経過し、やり方が洗練されてきた成果が、FC東京の失点数がリーグ3番目の22失点という数字にも、現れています。

セレッソ大阪戦に実践したイタリア式ディフェンスを崩す方法

川崎フロンターレがFC東京のディフェンスを攻略するヒントは、今年4回戦ったセレッソ大阪にあります。セレッソ大阪はFC東京と同じようなディフェンスしてきますが、川崎フロンターレは2つの動きを効果的に使って、攻略しました。

1つ目は、相手の背中を取る動きです。第20節の試合では、大久保のスルーパスにあわせて、相手の背中を取った小林がパスを受け、ゴールを奪いました。相手のディフェンスがパスコースを塞ごうと動いた瞬間に、相手の動きの逆をついたプレーでした。

FC東京の選手たちは、ボールを奪うタイミングで、川崎フロンターレの選手たちに強く、素早くアプローチしてきます。しかし、その動きの逆をつければ、チャンスになります。風間監督がよく話している「相手の矢印の逆をつく」動きがうまく出来るか、この試合のポイントです。

2つ目は、効果的なサイドチェンジが出来るかです。FC東京のディフェンスは、ボールを奪えると判断すると、選手間の距離を極端に詰めてきます。時にサッカーコートの横幅半分に、FC東京のDF4人とMF4人が入ってしまうほどです。ただ、サッカーコートの横幅半分に多くの選手が集まっているということは、逆サイドは大きなスペースが空いているということを意味します。したがって、FC東京のディフェンスを集めた後、逆サイドに大きく展開できれば、チャンスになります。

川崎フロンターレは、セレッソ大阪との対戦では、サイドチェンジを効果的に使うことが出来ていました。特に、サイドチェンジからレナトのドリブルが効果的で、4回の対戦で3ゴール(うち2つのPKを獲得)を挙げています。サイドチェンジからレナトのドリブルの回数が増えれば、川崎フロンターレのチャンスが増えると思います。ただ、FC東京の右サイドバックは、Jリーグで屈指のディフェンス力をほこる徳永です。レナトと徳永のマッチアップで、どちらが優位にたてるかも注目です。

相手の背中を取り、サイドチェンジを効果的に使い、相手の守備を崩すことが出来るか。この2点が上手く出来るかが、この試合のポイントです。怪我人や出場停止の選手が多く、普段通りの戦い方が出来ない可能性もありますが、だからこそこの2点に注目して、観戦したいと思います。

関連商品

 - , ,