nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

快勝した試合から考えたこと。2015年J1セカンドステージ第1節 川崎フロンターレ対FC東京 レビュー

   

2015年Jリーグセカンドステージ第1節、川崎フロンターレの対FC東京は、2-0で川崎フロンターレが勝利し、好スタートを切ることが出来ました。

「3-5-2」ではなく「4-2-3-1」を採用した理由

事前に「3-5-2」と書かれていたフォーメーションは、試合を始まってから確認すると「4-2-3-1」でした。個人的に「3-5-2本当にやるのかなぁ。風間さんは何を考えてるんだろう。普通にこのメンバーの力を発揮させるなら、4-2-3-1か4-1-2-3じゃないかなぁ」と思っていたのですが、FC東京を撹乱させるための策だったようです。

この試合のポイントとして、プレビュー記事では中村憲剛の事を取り上げました。3連勝中のチームに、中村憲剛をいかに組み込むか注目していたのですが、「4-2-3-1」というフォーメーションを採用し、中村憲剛が近年最も力を発揮した2013年の時のフォーメーションを採用し、プレーしやすい状況を整えました。

2013年当時も、守備の強い稲本、運動量の多い山本が、中村の守備の負担を軽減し、攻撃に専念できる状況を整えたことで、中村の攻撃力を最大限に引き出すことが出来ました。今回は谷口と大島を組ませることで、同じように中村の力を引き出そうとしたのだと思います。

中村は序盤はあまり下がらずに、梶山と羽生と米本の間でボールを受けようとしていましたが、後半は大島のラインに下がったり、サイドに顔を出したりすることで、相手の守備にまとを絞らせないような動きをみせていました。カウンターからの1対1を決めていれば完璧でしたが、久々のトップ下だと考えれば、よいプレーだったと思います。

GKを上手くつかってプレッシャーをかいくぐる

序盤はFC東京の守備に捕まってしまう場面が見られましたが、FC東京が前半にみせた強度の守備は、90分は続きません。FC東京は選手間の距離を短く保って守っていたのですが、焦らずにボールを横に横に回したことで、次第に距離が広がって、スペースが生まれるようになりました。

焦らずにボールを横に横に回すことが出来るようになったのは、GKの新井の存在も大きいと思います。新井は、西部に比べると足元の技術に自信を持っているので、相手がボールを奪いに来ても、落ち着いてボールをつなぐことが出来ます。特に、人と人との間を狙ったり、ダイレクトでサイドを変えるパスが上手いので、新井を経由することで、FC東京の守備を外したり、動かすことが出来ました。

この試合に90分出たことで、ついに今シーズンのリーグ戦の出場時間は、新井と西部は同じ時間になりました。新井が初出場した時、これほどまで安定したプレーを披露し、西部を押しのけて出続けると思った人は、少なかったのではないのでしょうか。相変わらず、シュートストップは西部の方が上手いと思いますが、新井には西部にはない武器があります。

トラッキングデータが示す戦い方の変化

試合後、トラッキングデータを調べていると、興味深いデータを見つけました。

この試合の川崎フロンターレの走行距離は、107.95km。勝っている試合の平均走行距離が111.76kmなので、4kmも少ないのです。しかし、スプリント数は140回を記録。勝っている試合の平均が135回なので、5回も多いのです。

走行距離は少ないのに、スプリント数が多い。実はこれは負けパターンのデータでした。しかし、FC東京戦では勝利することが出来ました。また、4連勝中の平均走行距離は110km。実は4連勝前の勝っている試合の平均走行距離が、113kmだったので、「走っていないのに勝てる」ようになっていることが分かります。

これは気温が暑くなってきた事による一時的な要因なのか。それとも、徐々にチームの戦い方が変わってきているのか。個人的には、後者のような気がしています。

コンディションを保つことが出来るか

この試合は、ドルトムント戦から中3日という試合でしたが、開幕戦ということもあり、選手のコンディションがよかったことが、勝因の1つだと思います。セカンドステージは中2日で行われる試合がありません。夏場に中3日で行われる中3日の試合は楽ではありませんが、選手のコンディションが試合の出来を左右する川崎フロンターレにとっては、有利なステージなのかもしれません。

次は中3日でサガン鳥栖戦。夏の九州のアウェーは、決して楽ではありません。ファーストステージを浦和レッズが無敗で制したことを考えると、取りこぼしは許されません。次のサガン鳥栖戦の戦い方に、注目したいと思います。

おすすめ商品

 - , , ,