nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1セカンドステージ第5節 川崎フロンターレ対FC東京 プレビュー「FC東京の守備を崩すキーマンは橋本晃司」

   

2016年Jリーグセカンドステージ第5節、川崎フロンターレの対戦相手はFC東京です。

FC東京の守備にどう対応するか

この試合のポイントは、FC東京の守備にどう対応するかです。ファーストステージに対決した時、FC東京はDFとFWの縦の距離、横に並んだ選手同士の横の距離を短く保ち、川崎フロンターレが得意とする「外す」「受ける」動きを制限し、中央のエリアでボールを奪おうとしてきました。ただ、DFとFWの縦の距離を短くしたことで、GKとDFの間には大きなスペースが空いていました。空いているスペースを見つけた大久保と、見逃さずにパスを見つけてパスを出した中村の関係で奪ってみせた1点目のように、DFとGKの背後は、選手間の距離を狭くして守ってくる相手を攻略するために、活用したい場所です。

ただ、相手もプロなので、正直に狙っている場所にパスをしても、オフサイドに引っかかったり、相手に奪われてしまいます。攻略するためのポイントは、「駆け引き」です。出すふりをして、出さない。出さないふりをして、出す。あるいは、相手に読まれないタイミングで、テンポを変えて出す。もしくは、相手が分からないタイミング、場所から動く。相手の狙いを外す、駆け引きが出来るかがポイントです。「外す」動きには、相手から「離れる」という動きの要素だけでなく、相手の狙いを「外す」という思考も求められるのです。

川崎フロンターレがよくやる練習に、こんな練習があります。3人1組になって、2人で横方向でパスを交換しながら、素早く縦方向に位置する1人にパスを出す練習です。パスを出すタイミングを変えたり、受け手が受ける動きを入れるタイミングを変えたりして、縦方向にパスを出す。試合中にもよくみられるプレーですが、川崎フロンターレはこの練習を繰り返し行っています。この試合で、横方向にパスを繰り返している時は、いつ縦パスが入るのか、パスの出し手と、縦方向のパスを受けようとしている選手の動きに注目してみてください。

橋本晃司に求める「相手の守備を崩す動きとアイディア」

この試合の前に、縦方向のパスの名手である中村が復帰するのは、川崎フロンターレにとって大きなアドバンテージです。エドゥアルド・ネットも、相手に読まれないタイミングで縦方向にパスを出すことが出来ます。パスの出し手は揃っています。問題は受け手です。どのチームも、大久保の人を外して受ける動き、小林のDFの背後で受ける動き、大塚の人の間で受ける動きはわかっています。そうすると、ポイントになるのは誰か。それは、この試合でスタメン出場が予想されている、橋本晃司です。

橋本の動きの特徴は、長い距離を走ってDFの背後で受けるプレーです。川崎フロンターレの選手は、日々のトレーニングで、1歩2歩動いて、パスを受ける動きを磨いているので、あまりパスを受ける時に、長い距離を走る動きはしません。数少ない例外がエウシーニョと橋本です。橋本は日本人には珍しく、動きながらボールを扱うのが上手い選手です。パスを受けるとき、動きを止めずにコントロールし、スムーズに次の味方にパスが出来ます。そして、パスを出した後、動きを止めずに、次のパスを受けるための動作を繰り返すことが出来ます。パスを出すタイミングも他の選手と少し違いますし、相手の守備を動きとアイディアを組み合わせて崩す力を持っている選手です。

橋本は第二の武岡になれるのか

正直、2015年シーズン序盤の橋本を観ていると、「来シーズン橋本は川崎フロンターレでプレーしていないかもしれないなぁ」と思ったこともあります。川崎フロンターレのリズムに適応出来ておらず、ボールは止まらないし、受けられない。なぜ獲得したんだろう。そう思ったこともありました。そんな橋本への印象が変わったのは、1年前のドルトムント戦です。0-6と叩きのめされた試合で、好プレーをみせた数少ない選手が橋本でした。ボールを受ける動き、受けた後に相手を崩す足元の技術の高さを観た時、初めて橋本を獲得した理由が分かった気がしました。そして、2015年シーズン終盤の浦和レッズ戦前の練習を観に行った時、攻守で一番よいプレーをしていたのが、橋本でした。この練習を観た時、「来シーズンも橋本は残るかもしれないな」と思ったことを思い出します。

そして、2016年シーズンに入ってサテライトの試合を観た時、橋本というプレーヤーが持っている能力の高さを思い知らされました。サテライトの試合を取り仕切っているのは、橋本です。三好が気持ちよくプレー出来るのも、橋本のおかげです。相手の守備を崩すのは、橋本が動きや技術で何かをした時です。

橋本のプレーを観ていると、2014年シーズンの武岡を思い出します。武岡も2014年に入団した時は、何がよいのか、正直よく分からない選手でした。2014年シーズン中盤に、練習終了後に2人1組でパスを出して止めるという小学生がやるような練習をずっと繰り返していた武岡を観て、「大丈夫かなぁ」と思ったことがありました。しかし、2014年シーズン終盤に頭角を表し、2015年シーズン以降は1対1の強さを武器に、川崎フロンターレに欠かせない選手へと成長しました。

橋本が武岡のように、欠かせない選手へと成長できるのか。それは、スタメンでプレー出来る試合で、目に見える結果を残せるかにかかっています。アシスト、得点といった結果を残し、スタメンに定着することが出来るのか。こういうレギュラーに定着するかしないかという選手の活躍が、チームの力を上げていきます。試合の結果だけでなく、橋本のプレーに注目したいと思います。

おすすめ

 - , , , ,