nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

どうしてもFKを蹴りたがった森谷選手。2014年J1第9節 川崎フロンターレ対ガンバ大阪 レビュー

      2014/07/22

スタメンはこちら

スタメンはこちら

2014年J1第8節、川崎フロンターレ対ガンバ大阪は2-1の勝利。この試合はスタジアムで観戦しましたが、ロスタイムの大久保のゴール、興奮しました。

FKを蹴りたくて交代しなかった森谷

この試合で一番印象に残ったのは、ロスタイムのある場面です。

カウンターから小林がドリブルで持ち込み、ゴール正面でファウルを受け、FKのチャンス。このタイミングで、川崎フロンターレは森谷からパウリーニョに交代しようとします。守備の強いパウリーニョを入れて、逃げ切りを図るのが狙いです。

しかし、この日調子がよかった森谷は、ボールを自らセットし、蹴る気満々。他の選手に譲ろうともしません。チラッと、自らが交代が示されているのを確認したにもかかわらず、気づかないフリをして、そのままFKを蹴ろうとします。たぶん、決める自信があったんだと思います。ただ、ガンバ大阪の選手のアピールによって審判が気づき、交代を促したため、渋々交代に応じました。

森谷は、この試合まで10試合連続で公式戦スタメン出場中で、外から見ていると、レギュラーを掴んだという印象があります。しかし、現時点でまだノーゴール。本人は、「結果を残したい」という気持ちが強くあるのだと思います。森谷がこの試合放ったシュートは3本。気持ちがプレーに出ていました。

森谷のプレーに象徴されるように、疲れていても、チーム全員が「自分が決める!」「自分がなんとかする!」という意志を90分持ってプレーしていました。それが、ロスタイムのゴールに繋がったのだと思います。

ガンバ大阪の川崎フロンターレに20分で対応

この試合、ガンバ大阪は面白い川崎フロンターレ対策の守備をしてきました。

FWのリンスと遠藤は、守備の時にセンターバックとボランチの間に立ち、ボランチへのパスコースを切ることを狙い、ジェシと中澤にはあまりプレッシャーをかけません。

しかし、大島と中村にボールが入った時は、ボランチの今野と内田がプレッシャーにいくのと同時に、背後からボールを奪いにいきます。遠藤もリンスも守備の意識が高く、サボること忠実に守備をしていたため、試合序盤は中村と大島がボールを奪われる場面がありました。相手FWがセンターバックではなく、ボランチを守備の対象にするのは凄く珍しいのですが、それだけ中村と大島のことを警戒していたのだと思います。

そして、サイドハーフの阿部と倉田は、センターバックから縦パスを出すコースを切る位置にポジションをとった後、田中や谷口にボールが渡ったら、素早くダッシュしてボールを奪いにいきます。疲れもあるのだと思いますが、珍しく田中と谷口が何度かボールを奪われる場面がありました。

しかし、川崎フロンターレはそんなガンバ大阪の守備に、20分ほどで対応します。どう対応したかというと、右サイドハーフの森谷が相手ボランチの内田と今野の背後や横にポジションをとり、中央でボールを受けることで、徐々に中村と大島のマークが緩くなり、狙いが絞れなくなったガンバ大阪の守備が後手に回り始めた結果、ボールが回り始めました。

僕が驚いたのは、相手の守備に前半20分頃から対応してしまった事です。森谷が中央に入ってパスを受けるのは珍しいことではありませんが、その回数を増やして、対応する。今までなら、早くて後半から修正してきたと思うのですが、フィールドの中で前半の途中で対応してしまう。リーグ戦とあわせてACLも戦うことで、チームとしての経験値が上がり、相手をみて対応出来るだけの力を身につけたのだと思います。驚きました。

次の試合は中2日で仙台戦。試合終了後に座り込む選手が多く、疲れもたまっているのだと思います。中2日なので、ほとんど練習は出来ません。こういう日程は、チームとしての力が試されます。川崎フロンターレは、出来るだけメンバーを固定することで、同じリズムでサッカーが出来るようにしてきましたが、疲れが要因で同じリズムでプレーできない場面も出てくると思います。

そういう時にどうするのか。監督が選手を代えることで対応する時もあるのだと思いますが、選手がフィールドの中で対応できれば、それがベストです。だからこそ、この試合に勝ったことは大きな意味があると思います。中2日で迎える仙台戦は、苦しい戦いが予想されますが、どう戦うのか楽しみです。

関連記事

チーム一丸となって勝ち取ったグループリーグ突破。ACLグループリーグ 川崎フロンターレ対蔚山現代 レビュー
レッズの徹底した川崎フロンターレ対策。2014年J1第8節 浦和レッズ対川崎フロンターレ レビュー
上手くいかない前半と対応した後半。2014年J1第7節 川崎フロンターレ対柏レイソル レビュ

関連商品

 -