nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

勝敗を分けた選手交代。2014年Jリーグナビスコカップ準決勝 2st leg 川崎フロンターレ対ガンバ大阪 レビュー

   

2014年Jリーグナビスコカップ準決勝 2st legは、3-2で川崎フロンターレの勝利。2戦合計で4-5でガンバ大阪が決勝に進みました。川崎フロンターレは、2年連続準決勝で敗退という結果になりました。

立ち上がりに主導権を握った理由

立ち上がりは、川崎フロンターレが主導権を握りました。

ガンバ大阪は、2トップがあまり守備をしません(特に宇佐美。だから宇佐美は日本代表に呼ばれません)。2トップが守備をしないにもかかわらず、FWの2人が高いポジションをとっていたため、FWとMFの間にはスペースがありました。このスペースを上手く大島と山本が使い、人と人の間に顔を出し続けることで、スムーズにパスを回すことが出来ました。

特に、山本の動きが効果的でした。第一戦でも、山本が入ってからパス回しがスムーズになりました。この試合でも、山本の持ち味である「出して受ける」を続ける動きが、パス回しをスムーズにしました。ここ数試合「出して受ける」動きが減っていたチームにとって、この山本の動きは効果的でしたし、チームを蘇らせてくれました。

あと、この試合ではロングパスの使い方が効果的でした。

プレビュー記事にも書きましたが、ガンバ大阪のセンターバックを務める丹羽と岩下は、DFラインの背後のスペースをカバーするのが得意ではありません。しかし、第一戦ではDFラインの背後を狙うパスはほとんどみられませんでしたが、この試合では何本かDFラインの背後を狙うパスがみられました。

DFラインの背後を狙うパスを処理するためには、DFラインを下げなくてはなりません。DFラインを下げさせれば、FWからDFラインまでの距離を間延びさせ、中盤にスペースを作ることが出来ます。ガンバ大阪はFWが守備に戻らないので、DFラインが下がった後、かなり中盤にスペースが生まれていました。このスペースを効果的に使うことで、川崎フロンターレは主導権を握ることが出来ました。

立ち上がりから主導権を握ることが出来た。前半9分に得点も取れた。だからこそ、大久保の先制点の後、2点目が取れなかったことが悔やまれます。

森島のヘディングシュート、DFラインの背後をとった田中裕介がGKと1対1になった場面のどちらかは決めたかった。この2本の決定機を決められず、前半を2-0ではなく、2-2で折り返してしまったことで、試合を自分たちで難しくしてしまいました。

試合の流れを変えた後半16分と18分の選手交代

この試合のポイントは、後半16分と18分の選手交代でした。

森谷のゴールで3-2となった後、ガンバ大阪は、後半16分に守備をしないため試合に参加出来ていない宇佐美に代えて、大森を投入。倉田をFWに変更します。川崎フロンターレは、直後の後半18分に山本に代えて、中村を投入。この交代が、試合の流れを変えました。

ガンバ大阪は守備の時、倉田に中村を、遠藤に大島をマークさせます。前半は遠藤が大島をマークしていましたが、宇佐美が守備をしないので、山本がずっとフリーになってきました。ところが、ガンバ大阪が中盤の守備を修正した後、川崎フロンターレはなかなかチャンスを作れなくなってしまいました。

川崎フロンターレとしては、中村が万全のコンディションでなかったことが悔やまれます。中村のコンディションがよくないことは、プレーをみても明らかでした。普段なら簡単に止められるボールが止められない、外せるマークが外せないため、交代前に比べると、かえって攻撃のテンポが遅くなってしまいました。中村のプレーを見ていると、中村を責めるより、中村を投入しなければならない試合展開になってしまったことが悔やまれます。

ガンバ大阪は、後半26分にパトリックに代えて佐藤を投入してからは、DFラインを下げ、無理して攻めず、パスを回して上手く時間を使ってみせました。大島に何度も抜かれながら、最後の最後できちんとゲームをコントロールしてみせた遠藤はさすがです(ただ、遠藤は大島にやられていることには怒っていて、それが顔に出てましたが)。

川崎フロンターレに、ひっくり返す力は残っていませんでした。

「1点を取りに行く時の交代策」がない

この試合を観ていて、今の川崎フロンターレには、「1点を取りに行く時の交代策」がないことを、改めて実感しました。今シーズンずっと課題になっていたことですが、シーズン終盤になっても、解決策はみつかっていません。

ある時期は、金久保が答えになりそうでしたが、今日はベンチ外。アンビョンジュンも今日はベンチに入りましたが、出番なし。この日も結局交代した選手は2人だけ。しかも、攻撃のカードは、怪我で万全でない中村を入れただけ。飛ばし気味でゲームに臨んだチームが、疲れが出て、時間を追う毎に攻め手がなくなっていったのは、必然でした。

この課題は、風間監督のマネジメントが生んだ課題だと思っています。

風間監督は、選手を簡単に試合に出しません。あくまで「競争に勝った選手が試合に出るべき」と考えていて、ある一定のレベルに達しない選手は、絶対に使いません。競争を勝ち抜く力がない選手が試合に出ても、チームの力にはなれない。そう考えているからです。これは、プロの監督として、間違った考えだとは思いません。

しかし、選手は試合に出場することできっかけを掴み、大きく飛躍することがあります。よい例かどうかは分かりませんが、今シーズンギラヴァンツ北九州に移籍した風間宏希は、試合に出場することで力をつけ、持ち味のパスだけでなく(いつみても彼のパスは凄い。受けての足元に寸分違わずピタッと収まり、トラップする必要がないのではと思うほどです。)、ハードワークも出来るボランチへと大きく成長しました。今の彼なら、J1でも活躍できると思います。

川崎フロンターレにも、試合出場の機会があれば、もっと大きく成長できた選手がいたのかもしれません。特に試合数の多かった時期に、少しづつでも若い選手や攻撃の選手に出場機会を与え続け(続けることが重要です)、失敗も経験させた上で、チーム力を高めるべきだったのではないかと思います。試合に入っていけないのであれば、実戦で入っていくきっかけを掴むことにトライさせるべきだったと思います。(こういう起用法が上手いのが、サンフレッチェ広島の森保監督です)

シーズン序盤に味わった失敗が、シーズン終盤に必ず生きてきます。シーズン序盤に出られなかった選手が、プレッシャーのかかるシーズン終盤に出ても、活躍するのは難しいと思うのです。

今シーズンの川崎フロンターレは、大久保、レナト、中村、小林、森谷、大島の6人が揃った時はよい攻撃が出来ていますが、この6人のうち、1人か2人が欠けたら、大きくチーム力がダウンしました。また、この6人を代えて、攻撃に変化を加えられる選手がいないので、1点を取りにいきたくても、この6人を試合終盤も残さざるを得ません。

ただ、スタメンの選手だけで、タイトルがとれるほどJリーグは甘くありません。シーズン序盤に、もっとやれたことがあるんじゃないか。シーズン序盤の状態から上手く立て直してきたガンバ大阪の戦い方を観ていると、思わず悔やんでしまうほど、悔しい敗退でした。

ナビスコカップは敗退しましたが、このガンバ大阪3連戦は、1勝1敗。3連戦の最後として、リーグ戦のアウェーゲームが残っています。この試合を勝てば、まだ辛うじてリーグタイトルの可能性が残ります。ナビスコカップの借りを返すような戦いぶりに期待したいと思います。

最後に一言。

この日も等々力の雰囲気は最高でした。それはテレビの画面からも伝わってきました。現場にいたサポーターの皆様、ご苦労様でした。スタメンとして、素晴らしいプレーぶりだったと思います。

関連商品

 - , ,