nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

3連戦で暴かれたチーム力の差。2014年J1第28節 ガンバ大阪対川崎フロンターレ レビュー

   

2014年J1第28節、川崎フロンターレ対ガンバ大阪は、0-1でガンバ大阪の勝利。ナビスコカップから続いた3連戦は、1勝2敗という結果に終わりました。

1シーズンを見据えたチーム作りが実を結んでいるガンバ大阪

ガンバ大阪との3連戦は、1勝2敗という結果に終わりました。個人的には、ガンバ大阪との力の差を感じた3連戦でした。

ガンバ大阪は、中断開け以降12勝1分1敗。素晴らしいペースで勝利を重ねています。中断前はなかなか得点が取れませんでしたが、宇佐美の復帰と、パトリックの加入によって、得点が取れるようになって、勝利を積み重ねなれるようになりました。また、倉田、佐藤、藤春といった力のある選手がベンチに控えており、リンスも途中出場で結果を出しています。また、怪我人が少ないのも、大きな要因だと思います。

以前から、長谷川監督は、シーズン序盤に勝利数が伸びなかった時も、シーズン終盤を見据えて、チーム作りを進めているという印象を持っていました。シーズン終盤を見据えて、選手の力を伸ばし、問題点を的確に修正しつつ、怪我人を最小限に保つ。長谷川監督含めたガンバ大阪スタッフ全員の力が、この快進撃を支えているのだと思います。

怪我人が多い

この3連戦を通じて、川崎フロンターレはガンバ大阪と比較すると、チーム力に大きな差があると痛感させられました。特に痛感した点が2点あります。

1点目は、怪我人が多いことです。この試合はジェシが怪我で欠場。代役としてプレーした實藤は素晴らしいプレーを披露しましたが、セットプレーでの失点は、ジェシの穴の大きさを感じました。

川崎フロンターレは、この3試合毎回スタメンが代わりました。第1戦はアルビレックス新潟戦から3名、第2戦も4名、第3戦も3名。小林が日本代表で不在だったこともありますが、入れ替わった要因の1つが怪我人です。中村、ジェシ、西部。この3連戦を戦っている間だけで、これだけ怪我を理由に欠場した選手がいます。

対するガンバ大阪は、第1戦は鹿島アントラーズ戦から1名、第2戦は1名、第3戦は1名。第3戦は今野選手の出場停止に伴う変更です。3連戦の間、表立った怪我人はゼロ。怪我人が出ないため、よいコンディションを保ちながら、安定した戦いが出来ています。この差が、この3連戦では勝敗を分ける要因になったと感じました。

怪我人の差は、チームとして健康管理が行き届いているかどうかの差だと思います。川崎フロンターレは例年怪我人が多く(怪我を抱えている選手が多いというのもあるのかもしれませんが)、試合を欠場する選手が多いというのが悩みのタネでした。今シーズンはトレーニングコーチを入れ替え、怪我人の減少を目標に掲げたはずですが、劇的な改善にはいたっていません。

シーズン終盤は、コンディションの差が、勝敗を大きく左右します。この3連戦の戦いを振り返ると、川崎フロンターレはガンバ大阪と比べて、コンディションの面で大きく劣っていたことが、1勝2敗という結果の大きな要因だと思います。

選手層が厚いDF、選手層が薄いFW

2点目は、選手層の薄さです。特にFWやMFといった攻撃の選手層が薄さを痛感しました。

この試合では、第1戦でスタメンだった井川がベンチ外、小宮山がベンチといった具合に、DFやMFの選手は、スタメンで出るだけでなくベンチに入ることも難しいくらい、選手層が厚くなりました。しかし、選手層が厚くなったのは、DFとMF(特にボランチ)の選手ばかり。DFとMFの選手層が厚いため、FWの選手がベンチしない試合も増えました。これによって、1点を取りに行く場面で、攻撃が得意な選手がベンチにいないという事が起きています。

今シーズンの川崎フロンターレは、先制点を挙げた試合は10勝1分1敗ですが、先制点を奪われた試合は、3勝7敗3分け(いずれもリーグ戦の成績)。逆転勝ちは、セレッソ大阪の2勝と、開始1分に先制点を奪われた後、2分で取り返した浦和レッズ戦だけ。つまり、典型的な先行逃げ切りのチームなのです。(ちなみに、ガンバ大阪も先制点を挙げた試合は12勝1分1敗。典型的な先行逃げ切りのチームです。)

先制点を奪われないようにすることは重要ですが、奪われた時にどうするのか。今の川崎フロンターレには、先制点を奪ったら、守り切ることが出来る選手はベンチに控えています。しかし、1点を奪いに行きたいとき、得点を奪ったり、チャンスを作ってくれる選手はいません。ガンバ大阪との3連戦でも、交代選手を3人使ったのは、ナビスコカップ第1戦のみ。先制点を奪われると、引いた相手の守備を崩せず、負けてしまう。今シーズンの負けパターンは、ほとんどこのパターンです。

ガンバ大阪には、リンス、倉田、佐藤、藤春といった、得点を奪いにいきたいとき、チャンスを作る力を持つ選手がベンチに控えていましたし、控え選手が試合に出ても、ガンバ大阪のチーム力はあまり落ちませんでした。川崎フロンターレは、1名だったら交代出来るけど、2名、3名と交代すると逆にチーム力が落ちてしまいます。これでは、1年間通して安定した戦いは出来ませんし、同じ相手との3連戦では、ごまかすことは出来ません。

スタメンで出ている選手の力の差は、ほとんどなかったと思います。しかし、ベンチ入りの選手、あるいはスタメンで出ている選手のコンディションに、チームとしての力の差が大きく現れていた3連戦だったと思います。

ただ、リーグ戦はまだ6試合あります。次は中3日でサガン鳥栖戦。下を向いている暇はありません。コンディションの低下や、選手層の薄さを嘆いていても仕方ありません。今の戦い方を続け、目の前の試合を勝っていくしかありません。残り6試合で浦和レッズとの勝ち点差は8。奇跡的にタイトルの可能性が残っています。この3連戦を見ていると、アルビレックス新潟戦よりチーム状態は上向きです。次はホームゲーム。調子を取り戻すきっかけになる試合になることを期待したいと思います。

関連商品

 - , , ,