nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

Winning team never change。2014年J1第5節 川崎フロンターレ対名古屋グランパス プレビュー

      2014/07/22

スタメンはこちら

スタメンはこちら

2014年J1第5節、川崎フロンターレの対戦相手は、名古屋グランパス。久々のホームゲームです。そして、久々に中4日空いてコンディションを整える時間が取れた中で、迎える試合です。

前節FC東京に4-0と快勝し、浮上のきっかけを掴んだ川崎フロンターレですが、今回の相手は現在3連勝中の名古屋グランパス。このチームに勝てば、調子はさらに上向いていくと思いますので、重要な1戦です。

ジェシとケネディの空中戦対決に注目

この試合の注目は、ジェシとケネディの空中戦対決です。

圧倒的な高さを武器にゴールを量産するケネディに、高さで対抗できるセンターバックは、Fマリノスの栗原、中澤、大宮の菊池とジェシぐらいしかいません。クロスの対応に抜群のうまさと強さをみせるジェシが、ケネディをどのように抑えるのかが注目です。

なお、FC東京戦で負傷退場した井川ですが、この試合には間に合う可能性があるという情報もあります。ただ、頭の怪我もあるので、スタメンは中澤を予想しました。FC東京戦では、中澤も好プレーをみせていましたので、どちらが起用されても大きな差はありませんが、名古屋のストロングポイントである高さを抑えるためにも、センターバックのプレーが勝敗の鍵を握ると思います。

中盤の構成は変えるのか

FC東京戦は、右から森谷、中村、大島、レナトと技術に強みがある選手を4人配置し、守備の得意なパウリーニョや山本はベンチスタートでした。(稲本はベンチ外)。

FC東京戦ではボールを徹底して回すことで、自分たちがゲームをコントロールする時間を増やすことで、優位に試合を進めることが出来ました。この試合、相手のボランチは磯村とダニウソンという守備や身体の強さに特徴のあるボランチです。FC東京戦に起用された中盤4人は身体の強さでは劣るので、もしかしたらパウリーニョや山本の起用があるかもしれません。

「Winning team never change(勝っているチームは変えるな)」というセオリーに基いてスタメンは変えてこないと予想しましたが、最近の川崎フロンターレのスタメンは「選手を試す時間がない」という風間監督の言葉とは裏腹に、スタメンを前節と変えたり、ベンチのメンバーも頻繁に入れ替えています。

前節はルーキーの谷口選手をやったことがない左サイドバックで起用しました。言葉とは裏腹に、しれっと大胆な起用をやるのが風間監督の、憎たらしくもあり、読めないところでもあり、楽しみでもあります。

だからこそ、今節も風間監督の選手起用にも注目です。

関連記事

負けられない試合に「3-4-3」を採用するのかに注目。2014年J1第3節 FC東京対川崎フロンターレ プレビュー
「レベルが上ったからこそぶつかった課題」ACLグループリーグ ウエスタン・シドニー対川崎フロンターレ レビュー
「機能しない選手交代から考えるチームマネジメント」2014年J1第3節 川崎フロンターレ対大宮アルディージャ レビュー

関連商品

 -