nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

武岡の日本代表クラスの1対1の守備に注目。2015年ナビスコカップ予選リーグ第1節 川崎フロンターレ対名古屋グランパス プレビュー

      2015/03/22

2015年ナビスコカップ予選リーグ第1節、川崎フロンターレの対戦相手は名古屋グランパス。昨年はACLに出場していたため、ナビスコカップの予選リーグは2年ぶりの出場です。

ファウルせずにボールが奪える武岡

今日の試合で注目したいのは、武岡優斗のプレーに注目です。武岡は、昨シーズンの終盤から3バックの右サイド、右サイドバックとして出場機会を増やし、今シーズンも開幕から2試合連続フル出場。移籍した田中裕介の穴を埋める活躍をみせています。

武岡が起用されている理由は、1対1の守備の強さです。特にドリブルで向かってくる相手に対して、ファウルせずにボールを奪う技術は、Jリーグでもトップクラス、いや日本代表クラスだと思います。また、センタリングやシュートのコースに身体を入れてブロックするのも巧みです。

出場機会が少ない時期も努力を続けていた

不思議なのは、武岡は元々攻撃に強みをもった選手で、守備が強い選手ではなかったということです。本人曰く、1対1の守備はチームの練習でレナトと何度も対峙しているうちに上手くなったということですが、(自称「Jリーグで一番レナトを止める自信のあるオトコ」らしいです)攻撃力を求められてチームに加入した選手が、守備が強くなって試合に出場するというのは、珍しいケースだと思います。

武岡は、昨シーズン序盤なかなか出場機会を得ることが出来ませんでしたが、腐らずに努力を続けたことが、今の活躍につながっているのだと思います。武岡の活躍ぶりを見ていると、昨年の夏に麻生グラウンドに練習を観に行った時、居残りでコーチと一緒にトラップやパスの練習に長い時間取り組んでいた姿を思い出します。コーチがパスしたボールを正確にトラップし、コーチにパスする。小学生が取り組むような基本的な練習ですが、真剣に取り組んでいた姿が目に焼きついています。

武岡のように、出場機会がない間も努力を怠らずに準備し、チャンスを掴んだ選手がいるということは、チームによい影響を与えるはずです。風間監督は選手交代をなかなかしないので、出場機会を得るのは簡単なことではありません。杉本、船山、橋本といった新加入選手や、レギュラーを外された選手はなかなか出場機会が得られていませんが、武岡のように、腐らずに自分自身の課題と向き合い、レベルを上げる努力を続け、サッカーが上手くなれば、必ずチャンスが得られるはずです。

永井謙佑が止められれば武岡の守備力は本物

今日の名古屋グランパス戦で、武岡が対峙するのは、永井謙佑。JリーグNo1のスピードをもつ快足アタッカーです。永井を1対1で止められれば、武岡の守備は本物だと思います。武岡は永井を止められるか。今日の試合は武岡のプレーに注目してみてください。

関連商品

 - , ,