nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

微妙なズレが大きなズレに。2015年ナビスコカップ予選リーグ第1節 川崎フロンターレ対名古屋グランパス レビュー

   

2015年ナビスコカップ予選リーグ第1節、川崎フロンターレの対戦相手は名古屋グランパス。2年ぶりのナビスコカップは黒星スタートとなってしまいました。

微妙な考え方のズレ

この試合のポイントとして、武岡優斗のプレーを挙げていました。永井との1対1にどう対応するか注目していたのですが、前半終了間際に、右サイドのクロスをクリアできず、永井に決められてしまいました。ただ、それ以外の場面では、上手く対応出来ていたと思います。カウンターを受けて、DFとしては不利な場面でも、1対1の強さを発揮して、ファウルせずにボールを奪う場面が何度もありました。

武岡のように、スピードがある選手がDFラインにいることで、川崎フロンターレはDFラインが高く保てるようになりました。ただ、この試合は左DFに井川が入ったことで、微妙にバランスが崩れたような気がします。井川はボールを扱う技術に長けたDFですが、スピードがあるDFではありません。したがって、DFラインを高く保ちたい角田と武岡と、井川との間で少し考え方のズレがあったような気がします。ちょっとしたことなのですが、カウンターを受けた時に下がりすぎたり、無理してボールを奪いに行き過ぎたりといった場面がみられました。

微妙なズレが大きなズレに

こうしたDFラインのちょっとしたズレが、攻撃にも影響していた気がします。DFがボールを持っている時、タイミングを見計らってマークを外したMFやFWの選手がパスを受けて、相手の守備を攻略していくのが、川崎フロンターレの攻撃です。ところが、この試合ではDFがボールをもっていても、パスを受ける動きがほとんど見られなかったり、DFがパスをするタイミングを逃したりして、テンポよくパスが回せない場面が見られました。

これは、名古屋グランパスが攻撃の時にDFラインの背後にロングパスを入れることによって、川崎フロンターレの選手間の距離が長くなり、テンポよくパスを回すことが出来なくなったことも要因です。昨年もDFラインの背後にロングパスを入れられ、選手間の距離を広げられ、パスが上手く回らずに、試合に敗れてしまうことがありました。今年は、相手ゴール付近でボールを奪う機会を増やすことで、選手間の距離を広げられる時間を少なくしようとしているのですが、この試合では、上手くいきませんでした。

今後も名古屋グランパスのように、DFラインの背後にロングパスを入れて攻撃してくるチームは増えてくると思います。昨シーズンから抱えている課題ですが、あらためて課題の解決は簡単ではないと感じさせられた試合でした。

次は中3日でアウェーでモンテディオ山形戦。たぶん、モンテディオ山形は名古屋グランパス同様に、DFラインの背後にロングパス入れてくるはずです。中3日のため、課題を修正する時間はほとんどありません。チームとして、どう戦うのか注目したいと思います。

関連商品

 - , ,