nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第3節 川崎フロンターレ対名古屋グランパス プレビュー「外より中央か、中央より外か」

   

2016年Jリーグファーストステージ第3節、川崎フロンターレの対戦相手は名古屋グランパスです。

川崎フロンターレと名古屋グランパス。両チームの攻撃を比較すると、優先事項が明らかに異なるんじゃないか、僕は感じています。川崎フロンターレは地をはうようなグラウンダーのパスを多用し、名古屋グランパスがFWのシモビッチにあわせる高いパスを多用するという説明を読んだことがありますが、僕は両チームの異なる点はそこじゃないと思います。

ペナルティエリアの三辺をいかに攻略するか

川崎フロンターレの風間監督は、よく「ペナルティエリアの三辺をいかに攻略するか」という喩えを用いて、攻撃のことを話す時があります。どういうことかというと、ペナルティエリアという四角で囲われたエリアのうち、正面とサイドの三辺に相手の守備を崩し、いかに進入するかを常に考えています。そして、川崎フロンターレはペナルティエリアの三辺のうち、一番広い中央のエリアをいかに攻略するかを最優先に考えて攻撃を仕掛けています。

しかし、名古屋グランパスは、ペナルティエリアの攻略の仕方が川崎フロンターレとは全く正反対です。つまり、サイドの二辺をいかに崩すかを最優先に考えて攻撃を仕掛けているチームなのです。したがって、攻撃の時にパスを回す時、最優先で選択する場所が、川崎フロンターレと名古屋グランパスでは正反対です。川崎フロンターレは中央の大久保嘉人にいかに縦パスをいれるか、名古屋グランパスはまずサイドにパスをして、そこからシモビッチを狙ってきます。

サイドに対する考え方の違い

川崎フロンターレの風間監督は、「サイドは常に空いている場所」という考えを持っています。常に空いている場所を使って攻めると時間がかかるので、中央を崩したほうが、ゴールを奪うのに効率がよい。そんな考えを持っているので、サイドからの攻撃は中央より優先度が低いのです。

一方、名古屋グランパスの小倉監督は、サイドが常に空いている場所なのだから使わない手はない。空いている場所を使ってボールを運んで、最後にゴールを奪えばよい。そんな考えを持っていることが、ここまでの2試合で披露しているサッカーから伝わってきます。

「外より中央」か「中央より外」か

川崎フロンターレは「外より中央」、名古屋グランパスは「中央より外」。全く攻撃のスタイルが違う両チームの対戦なので、とても面白い試合になると思います。名古屋グランパスは小倉監督が就任して1年目なので、小倉監督自身の考えを浸透させている段階なのだと思います。ただ、就任1年目にもかかわらず、スタイルを明確に打ち出し、チームが表現出来ていることは、評価されてよいと思います。時間がたてば、もっと主体的に攻撃を仕掛けるチームになるはずです。

「外より中央」の川崎フロンターレか。それとも、「中央より外」の名古屋グランパスか。攻撃スタイルの違いから生まれる、観ていて楽しい試合を期待したいと思います。

おすすめ

 - , , ,