nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第3節 川崎フロンターレ対名古屋グランパス レビュー「”今年は攻撃のクオリティが低いのか”考えた」

   

2016年Jリーグファーストステージ第3節、川崎フロンターレ対名古屋グランパスは、3-2で川崎フロンターレが勝ちました。

前節の湘南ベルマーレ戦は4失点、そしてこの試合は3失点。チョン・ソンリョン、奈良、エドゥアルドといった選手を獲得し、プレシーズンに守備のトレーニングを増やしたという情報が伝わってきたにも関わらず、失点が減らないのは問題だと感じる人がいると思いますが、僕は失点の根本的な原因は、守備ではなく攻撃だと僕は思っています。

大久保が「今年は攻撃のクオリティが低い」と感じる理由

開幕して3試合、大久保が毎試合必ず「今年は攻撃のクオリティが低い」と語っています。この言葉に、今の川崎フロンターレの課題が集約されています。攻撃のクオリティが低いため、失点が増えている。僕はそう考えています。得点は毎試合取れているし、3試合で8ゴールという数字はJリーグトップです。得点は奪えているけど、クオリティが低い。どういうことでしょうか。

攻撃のクオリティが低くなっている要因は、中央縦方向のパスの本数が少なくなっているからです。川崎フロンターレの攻撃のテンポがよいときは、センターバックからボランチ、ボランチからFWとスムーズにパスがつながり、短い時間でゴール前までボールを運ぶことが出来ます。しかし、今シーズンはボールは保持できるものの、センターバックからボランチ、ボランチからFWと中央縦方向にパスがスムーズにつながらないのです。

まず、センターバックからボランチへのパスですが、この試合は特に上手くいきませんでした。川崎フロンターレは、センターバックの2人で素早くパスを交換している間、ボランチの2人が人と人との間に立って、ボールを受けます。ただ、この試合では、新加入の奈良とエドゥアルドがセンターバックを務めたため、センターバックの2人によるパス交換のテンポが遅く、ボランチにパスが通るまで時間がかかってしまい、相手の守備を崩すための”ジャブ”を撃つことが出来ませんでした。

中村と大島から縦方向へのパスが少ない理由

そして、ボランチからFWへのパスですが、今年は特にここが上手くいっていません。川崎フロンターレに対する相手チームの守備として、ボランチの中村と大島のところに素早く寄せて、自由にさせないようにプレーさせようとするか、深く下がってパスを出すスペースを消そうとします。名古屋グランパスは(どちらかと言うと)、後者でした。ただ、中村と大島の2人は、開幕してから3試合、どんな相手でも高いクオリティのプレーをしているので、2人が問題ではありません。

問題は、中村と大島が縦方向にパスを出そうとしても、受けるポジションに人がいなかったり、相手に捕まっていることが多いのです。小林はDFラインの背後でボールを受けるのが得意な選手ですが、DFとMFの間でボールを受けるのは得意ではないこともあり、受けるポジションに顔を出すことがあまり多くありません。この試合では狩野がFWを務めていましたが、狩野に求められているのは、まさに「ボランチからFWのパスを受けること」なのですが、この役割が果たせず、前半45分で交代させられてしまいました。

狩野のプレーに見られる2つの問題点

狩野のプレーで問題なのは、2つあります。1つ目はボールを「いつ」受けるのか。味方がパスを出せるタイミングで相手に捕まっていたり、逆に味方が出せないタイミングで相手のマークを外していたり、受ける動きが味方とタイミングがあっていません。

狩野は前半45分で6km以上の走行距離を記録しています。狩野はダッシュすることは少ないのですが、ジョギングで動きながら捕まらないように動いているので、走行距離が多いのです。しかし、つねに同じスピードで動いているので、味方としては、いつパスを出してよいか分からず、タイミングがあわないのです。

2つ目は、パスを受けた後に「後ろに戻してしまう」ことです。川崎フロンターレがFWに縦パスを出した時は、ボールを縦方向に運びたい時です。しかし、狩野はせっかく縦パスを受けても、ダイレクトか2タッチで後ろに戻してしまいます。後ろにボールを戻してしまうと、もう一度攻撃をやり直さなければなりません。この繰り返しによって、川崎フロンターレの攻撃のテンポが悪くなってしまうのです。

仕方なく、大久保が下がって受けにくると、今度は大久保が空けたスペースでボールを受ける人がいません。このため、大久保が受けても次にボールを受ける人がいないため、なかなかボールが前に進まないのです。横に横にパスをしているうちにボールを奪われ、相手の攻撃を受けて失点。この繰り返しによって、失点が増えてしまっているのです。

交代選手のクオリティが上がっている

ただ、昨シーズンまでは攻撃にこのような課題が出てしまうと、負けてしまう試合が多かったのですが、今シーズンはここまでは負けずに試合を終えています。その要因は、交代して入る選手のクオリティが昨シーズンに比べて高く、劣勢になっても試合の流れを変えることが出来ているからです。当然、前半からボールを保持して相手のスタミナを奪っているということも要因ですが、交代選手が結果を残しているという点は、今までのシーズンとは明らかに違います。

ゴール前で相手を外せる森本、ドリブルで相手の守備を崩せる中野。他にも井川、田坂、そしてサテライトリーグでよいプレーをしている三好と橋本もいます。以前はスタメンとそうでない選手との実力差が問題になっていましたが、今シーズンはその問題が大分改善されていると感じます。

90分通して”ベスト”の戦いを

したがって、風間監督は今シーズンは試合に”ベスト”のメンバーをぶつけ、90分同じメンバーで戦うことを念頭に入れているというよりは、スタメン+ベンチ入りメンバーで、90分をいかに高いクオリティを保って戦うことに、注力して戦っている気がします。

森谷、狩野といった選手は、悪い言い方をすると「替えやすい選手」として起用し、試合開始から全力で戦ってもらい、クオリティが落ちたり、試合展開によって、交代選手を入れてクオリティを保つ。他のチームだと当たり前の戦い方ですが、川崎フロンターレもチーム全体のレベルが上がったことで、ようやくこうした戦いが出来るようになりました。

3試合で2勝1分けの首位。これまでのシーズンと同じように、得点しても失点するハラハラドキドキの試合をしながら首位にいるのは、悪いことではないと思います。しかし、まだまだチームとしては課題は満載で、それはすなわちチームとして伸びしろが多いという事でもあります。次節はヴァンフォーレ甲府。これまで戦った3チームとは、全く違うチームです。どんな戦いをするのか、注目したいと思います。

おすすめ

 - , , ,