nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第14節 川崎フロンターレ対ジュビロ磐田 プレビュー「エドゥアルド対ジェイの戦いに注目」

   

2016年Jリーグファーストステージ第14節、川崎フロンターレの対戦相手はジュビロ磐田です。

ジェイとエドゥアルドの戦いに注目

僕が注目しているのは、ジュビロ磐田のFWジェイに対する対応です。この試合から、ジェイが復帰すると言われています。ジェイは今のJリーグでは数少ない、高さと強さを兼ね備えたFWです。特に、身体でDFを抑えながら、ボールを受けたり、シュートを打つ技術は、JリーグのFWではNo1だと思います。正直、日本人のDFでジェイに対抗出来るのは、横浜F・マリノスの中澤、鹿島アントラーズの植田、くらいではないでしょうか。

ただ、川崎フロンターレにはジェイに対抗できるDFがいます。エドゥアルドです。エドゥアルドはシーズン途中に加入しましたが、加入後スムーズに川崎フロンターレのサッカーに適応し、チームの守備力向上に大きく貢献しています。特にエドゥアルドは、1対1で相手を止めるプレーと、ヘディングでの競り合いに、強さを発揮します。特にサイドからのパスに対して、エドゥアルドが競り負けた場面を、2016年シーズンはほとんど観たことがありません。そして、エドゥアルドは常に余裕をもってプレーしているようにみえるので、もしかしたら、全力を発揮してプレーしてないんじゃないか。そんな事すら考えてしまいます。

だからこそ、ジェイがもし出場したら、エドゥアルドの本当の能力が分かるんじゃないか。僕はそんな気がしています。意地悪な僕は、余裕がなく、必死でプレーしているエドゥアルドが観たいとすら思っています。ジェイとエドゥアルドの戦いは、Jリーグではあまり観ることがない、高さ対高さ、強さ対強さの戦いになるはずです。ぜひ、この試合はジェイ対エドゥアルドの戦いに注目してみてください。

ジュビロ磐田は戦いやすい相手

川崎フロンターレにとって、ジュビロ磐田は戦いやすいチームだと思います。川崎フロンターレにとって戦いにくいのは、前節のアルビレックス新潟のように、相手の特徴を消そうとしたり、守備の時にとにかく走ってペースを乱そうとしてくるチームです。しかし、ジュビロ磐田はこうした相手の特徴を消したりするより、自分たちの強みを活かすことを優先してくるチームです。そして、ボールを保持する戦い方を志向していますが、川崎フロンターレの方がボールを保持するプレーは上手いです。したがって、戦いやすいチームだと思います。ゴール前までは、比較的スムーズにボールを運べるんじゃないかと思ってます。

だからこそ、この試合はゴール前でどんなプレーをするのか、注目したいと思います。ゴール前でこそ、丁寧に、緻密にやるのが、川崎フロンターレが目指すサッカーです。特に今年は最後の仕上げのパスのクオリティが低く、相手を押し込めている割には、チャンスの数を増やすことが出来ていません。特に、サイドを崩した時のパスが味方に届かず、チャンスを潰している場面が数多く見られます。

自分たちの強みを活かすことを優先しているチームに多い特徴として、ボールがないサイドの選手が集中力を失い、相手のマークを外すという傾向があります。ジュビロ磐田もそんな傾向が見られるチームです。だからこそ、ボールを丁寧に繋いでサイドを崩した時、ボールがないサイドの選手(大久保)にパスを正確に届けられれば、ゴールの数が増えるはずです。サイドから正確なパスが、大久保に届けられるか。注目したいと思います。

 - , , ,