nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第14節 川崎フロンターレ対ジュビロ磐田 レビュー「焦らないのには理由がある」

   

2016年Jリーグファーストステージ第14節、川崎フロンターレ対ジュビロ磐田は1-0で川崎フロンターレが勝ちました。

普段と違ったジュビロ磐田の戦い方

この試合のジュビロ磐田は、予想に反して、川崎フロンターレの良さを消すことを優先した戦い方を選択してきました。守備の時は、5-4-1のフォーメーションで構えます。川崎フロンターレは相手DFとMFの間でボールを受けるのが上手いチームですが、ジュビロ磐田はDFとMFの間でボールを受けようとする選手を、DFが前に出て対応します。前に出ても、元々5人いるので、守り切れるという考えがあったのだと思います。川崎フロンターレは、前半15分まではジュビロ磐田の普段と違う戦い方に苦労しました。

前半15分から、川崎フロンターレは4-4-2のフォーメーションに変更します。小林をFWに、森谷を右サイドのMFに、中村をボランチに移します。フォーメーションを変更するまでは、小林が捕まっているため、エウシーニョが上がってもボールを受けることが出来ず、パスがスムーズに回りません。相手のDFラインが高い位置にいたので、小林をFWにすることで、相手DFラインとGKの間を狙いたいという狙いもあったのだと思います。

フォーメーション変更後は、多少はボールがスムーズに回るようになりましたが、森谷とエウシーニョが受けたい場所が重なってしまい、右サイドにボールが動くと、人とボールの動きが停滞してしまうようになりました。そこで、前半のうちに森谷と大塚を交代させ、再び小林を右サイドに移します。この交代によって、パス回しがスムーズになり、普段の攻撃のクオリティが出せるようになりました。

大塚はなぜ狭いスペースでボールが受けられるのか

この試合は、大塚のプレーによって、試合の流れが変わりました。大塚の上手さは、「受ける」動きです。特に、人と人の間や相手の背中を取って受ける動きが、抜群に上手い選手です。大塚は足が速い選手でもありません。身体が強い選手でもありません。それでも、相手に捕まらずに受けられるのは、パスの出し手がパスを出したいタイミングに合わせて、相手から離れるのが上手いからです。そして、大塚はパスを受けると、ワンタッチかツータッチで正確に味方が受けたい場所に戻してくれます。これによって、「出して、受ける」動きが味方が同士でつながり、相手の守備を崩すことが出来るのです。

大塚のプレーを観ていると、止まっていることがありません。ずっと一定のスピードで動き続けていて、細かくポジションを調整しています。そして、パスが出てくると思ったタイミングで、スピードを上げて相手から離れます。スピードを上げて走るのは、せいぜい5m程度なので、速く走っているようには見えません。しかし、走るタイミングが抜群によいので、簡単にマークを外しているように見えるのです。

こうした大塚のプレーは、ボランチの選手が得意とする動きです。ただ、FWの選手としては珍しい動きです。FWの選手には、空いている「場所」に対して、速く走ってボールを受ける動きを求めるチームが多いと思いますが、そのようなプレーをFWに求めるチームでは、大塚のプレーは全く活かされません。何がよいのか、分からない。そう感じると思います。

ただ、川崎フロンターレは違います。大塚のプレーを活かしてくれるプレースタイルを志向し、実践しているチームだからです。大塚のようなFWは珍しいですし、よく川崎フロンターレのスタッフは大塚を見つけたなぁと感心します。大塚のプレーを観ていると、足が速くなくても、相手のマークは外せるのだと分かります。これからプロを目指す子供たちには、ぜに大塚のプレーを観てもらいたい。僕はそう思っています。

5年間散々苦労してきて勝ち方を身につけた

この試合の勝因は、ジュビロ磐田が戦い方を普段と変えてきても、チームとして、焦らずに戦い続けられた事です。もう、風間監督が就任してから5年目になりますので、相手が川崎フロンターレのよさを消すための対策は、一通り経験してきました。深く引いて守ってくるチームもあれば、積極的にボールを奪いに来るチームもあるし、特定のプレーヤーにマークをつけてくるチームもありました。

だから、この試合ジュビロ磐田が川崎フロンターレの良さを消す戦い方をしてきても、チームは全く焦ってるようには見えませんでした。こういうチームには、こう戦えばいい。ボールを動かしていれば、相手は疲れてくるから、後半に勝負を決めればいい。そんな事を考えながらプレーしているんだろうなぁと、観ていて感じました。この5年間の苦い経験が、この試合の勝利を手繰り寄せたのではないかと思います。

余談ですが、一昔前は「上手いけれど勝てない」と言われたチームの代表格が、ジュビロ磐田でした。苦労しながら勝ち方をおぼえたジュビロ磐田は、その後Jリーグ王者として一時代を築きます。当時のジュビロ磐田は、この試合の川崎フロンターレのようなサッカーをしていました。この試合を観ながら、ふとそんな事を思い出してしまいました。

次の試合は2週間後の6月11日の横浜F・マリノス戦。ファーストステージは残り3試合ということで、負けられない試合が続きます。どんな戦いをするのか、引き続き楽しみです。

おすすめ

 - , , ,