nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

角田の移籍から考える「人材のミスマッチが起こった理由」

      2015/08/03

今朝、2015年シーズン開幕前に加入した角田誠が清水エスパルスにレンタル移籍するというニュースが報じられました。

移籍先まで発表されているので、ほぼ確実なニュースだと思います。角田は即戦力として加入した選手で、実績も十分です。開幕戦はスタメンで出場しています。そんな選手が、なぜシーズン途中で移籍することになったのか。元々色々考えていたテーマだったので、このタイミングでまとめてみたいと思います。

ベガルタ仙台と川崎フロンターレのサッカーの違い

今年、風間監督は出来るだけ攻撃の時間を増やすために、相手ゴールに近い位置でボールを奪う守備に取り組んでいました。ボールを奪われた後に、直ぐに奪い返すアクションを行い、奪い返せなくても相手のミスを誘って、自分たちが攻撃する時間を長くしようと考えていました。そのために、出来るだけDFラインを高くし、選手間の距離を短く保つことを求めていたように、僕は感じています。

しかし、角田が昨年まで在籍していたベガルタ仙台は、川崎フロンターレとは真逆で、相手にボールを奪われたら一旦自陣深くに下がってから、ボールを奪いにいく戦い方をしていたチームです。角田はベガルタ仙台の守備の方法に慣れていた選手だったので、特に数的不利になってカウンターを受けた時は、一旦DFラインを下げて対応する守備を選択している場面が目立ちました。

ところが、風間監督が求めている守備は、出来るだけ相手ゴールに近い位置でボールを奪う守備です。例え数的不利になっても、DFはパスコースを切りながら1対1にもちこんで、ボールを奪う。そんな守備を求めていたのだと思いますが、角田が得意とするプレーとは、少し違っていたような印象を受けました。したがって、角田が出場している時、川崎フロンターレはなかなか相手ゴールに近い場面でボールを奪うことが出来ませんでした。

求められていたのはセンターバックの角田だったのか?

ただ、角田は元々マスケラーノのように、積極的にボールを奪うタイプの選手でもありませんし、スピードはなくても、パスコースを切るのが上手いタイプの選手でもありません。ベガルタ仙台でよいプレーをしていた時は、富田というボールを奪うのに長けた選手と組んで周りをカバーしたり、中盤で「第三のセンターバック」として、相手の攻撃を跳ね返すプレーが得意な選手でした。攻撃も特別パスや組み立てが上手い選手ではありません。ただ、ボランチとしては守備が強いので、僕は稲本の代わりに起用するのではないかと、獲得した時に考えていました。だから、センターバックで起用すると聞いて、少し驚きました。

僕が、センターバックで起用された角田と比較していたのは、昨年センターバックを務めていたジェシです。ジェシは、角田以上に強さと高さとシュートブロックが上手い選手です。ただ、35歳になる年齢と、怪我がちでフルシーズン戦えないことが問題でしたし、川崎フロンターレが取り組んでいるサッカーのテンポに比べると、ジェシのボール扱いの技術は、少し見劣りする場面もありました。僕は角田がジェシと同じレベルでプレー出来れば、成功だと思っていましたが、あれだけよいセンターバックの抜けたポジションを務めるのは、簡単ではなかったようです。

ポジションを奪いとった井川と新井

角田がスタメンから外れた理由としては、井川と新井が良いプレーをした事も大きな要因だと思います。角田がスタメンから外された、ファーストステージ第15節の湘南ベルマーレ戦以降、チームは6勝1敗1分けです。その間、センターバックを務めたのは、開幕当初角田にポジションを奪われていた井川です。

井川は角田同様にスピードはありません。しかし、井川と角田の違いは、DFラインを思い切って押しあげ、出来るだけ相手ゴールから高い位置でボールを奪おうとすることです。僕は、今シーズン当初、スピードがない井川は出場機会が減るのではないかと考えていました。しかし、出場機会がない間、井川はきちんとコンディションを整え、監督が求めていることを理解し、チャンスをもらった時に、プレーで表現してみせました。井川がスタメンを外れたセカンドステージ第3節の柏レイソル戦に敗れていることが、井川の存在価値を示しています。

そして、そんな井川の守備を支えているのが、西部に代わってスタメンのゴールキーパーとして出場し続けている新井です。新井は西部ほどシュートストップが上手いわけではありませんが、バックパスを味方につなげる技術に優れ、DFラインの背後のエリアを広く守ることが出来るゴールキーパーです。特に、DFラインの背後のエリアをゴールキーパーが守る守備は、風間監督が求めている守備と合致します。そして、井川が思い切ってボールを奪いにいけるのは、新井がDFラインの背後のエリアを守ってくれているからです。新井がGKになってから、ロングパス1本でカウンターを受ける場面が明らかに減りました。

西部も角田も、決してクオリティの低い選手ではありません。しかし、チームとして求められているスタイルに適応出来ないと、いくら実力があっても、試合に出られないのです。

一般社会でも起こりうる「人材のミスマッチ」

角田が獲得して半年でレンタル移籍することについて、フロントを責める人もいると思います。しかし、一般社会に置き換えても、求めているスキルに適応できる人材を獲得するのは、大変なコストがかかります。そして、大変なコストをかけて獲得した人材でも、会社に入って適応できるかは、入ってみないと分からないところがあります。そして、一般社会ですら、入社して半年して「会社が合わない」と思ったら、転職していく時代です。そう考えると、サッカークラブでも一般社会でも人材の育成・獲得というのは、大変なんだなあと角田の移籍という事例からも、改めて感じます。

当然フロントとしては、「ボールを扱う技術に優れた選手」「DFとしてリーダーシップが取れる選手」「守備の上手い選手」といった(もっと細かいと思いますが)、基準があったと思います。「ボランチとセンターバック出来る選手なら、川崎フロンターレのセンターバックも出来るはず」という考えもあったかもしれません。(稲本の例を考えると、必ずしも上手くいっているとは思えないのですが)

フロントに求めるとしたら、今後角田の例をきっかけに、「どのレベルの技術をもっていれば獲得してよいのか」といった基準をさらに細かく突き詰めることと同時に、クラブに入った後に「適応しよう」と努力して、適応できる余地がある選手なのかを見極める必要があると思います。決して角田が適応しようとしていなかったとは思えませんが、30歳を過ぎてプレースタイルを変えるのは、簡単ではないのだと思います。それは、一般社会でキャリアを積んだ人が転職してきて、昔の仕事の仕方にこだわり、新しい職場に適応出来ないケースと同じです。

ただ、そんな角田をフォローアップ出来ていたかというと、疑問です。風間監督が就任してから、新加入選手は適応できる人材と出来ない人材の差が激しく、適応できない選手たちは、短期間でクラブを去るケースが増えています。この問題については、風間監督も就任4年目なので、そろそろ対策をきちんとすべきです。

余談ですが、最近読んだ「トップアスリート量産地に学ぶ 最高の人材を見いだす技術」で紹介されていたのですが、アサファ・パウエルを見出したスティーブン・フランシスというコーチによると、彼は「見逃しようがない選手は避ける」のだそうです。才能があって、キャリアを積んだ選手ではなく、成功に飢えていて、努力を惜しまない選手を獲得して鍛える。それが成功への近道だと語っていました。この事例に該当する選手として思い浮かんだのが、武岡と新井です。もしかしたら、スティーブン・フランシスの言葉に、今後の川崎フロンターレが選手獲得時のヒントになる気がします。

角田の移籍は、サッカークラブにおける移籍の難しさというより、一般社会でも起こっている「人材のミスマッチ」がなぜ起こるのかという点について考えるよい事例だと思います。「フロントの問題だ」と言うのは簡単です。自分たちにも起こりうる問題だと考えると興味深いテーマだと思いますし、何より角田が移籍先でよいプレーをして、成功することを願っています。

おすすめ商品

 - , , , , ,