nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

川崎フロンターレがチーム作りで実践した「目を揃える」ということ

   

風間監督はよく「目を揃える」という言葉を用います。「目を揃える」という言葉には、様々な意味が込められています。プレーの良し悪しを判断する基準を揃える、目標を揃える。「目を揃える」事によって、個々の認識のズレをなくし、少しずつ少しずつ、チームのレベルを上げていきました。しかし、それは簡単なことではありませんでした。僕自身が想像していたより、相当時間がかかりました。今では大分揃ってきましたが、完全ではありません。

選手の「目を揃える」

まず、目を揃えなければならなかったのは、選手でした。例を挙げると、川崎フロンターレでは「フリー」という言葉の定義が、他のチームとは違います。川崎フロンターレ以外のチームは、「相手が周りにいない」状態の事をフリーと定義しています。しかし、川崎フロンターレは、相手がいてもかわせる、あるいは相手が届かない場所にパスをして、ボールを取られないのであれば、それは「フリー」だと定義しています。この定義が理解されるまでは、それなりに時間がかかりました。

風間監督が就任当初、このフリーの定義を理解して表現出来ていたのは、中村憲剛、井川祐輔、田中裕介、伊藤宏樹くらいだったと思います。小林悠は2014年までかかりました。大島僚太、登里享平あたりは2014年には適応出来ていましたが、この「フリーの定義」が理解出来ずに、退団した選手はたくさんいます。そう考えると、加入してすぐに自分のものにしてしまった、大久保嘉人は本当にすごいとおもいます。余談ですが、川崎フロンターレに入団した新加入選手は、この「フリー」の定義の理解に苦労します。パスをつけるタイミングが他のチームと違うので、大抵の選手は大久保か中村に怒られます。

そして、選手が入れ替わる度に、そしてチームのレベルが上がる度に、「目を揃える」ことが必要になります。「目」は日々更新されているのです。

コーチ・スタッフの「目を揃える」

次に、目を揃えなければならなかったのは、コーチ・スタッフでした。風間監督は就任時に自分の事をよく理解しているコーチングスタッフを連れて来ませんでした。したがって、自分が考えている事を含めた「目を揃える」行為を、コーチ・スタッフにも行わなければなりませんでした。

風間監督は就任時に「どこにもない攻撃サッカーを実現するチームを作って欲しい」と庄司GMに依頼されて、監督に就任しました。庄司GMから風間監督への以来には、風間監督が考えるメソッドや、風間監督の「目」をチームに浸透させ、アカデミーからトップまで一貫した基準で、チーム作りをするための基盤を作っていくということも含まれていました。したがって、風間監督はトップチームのコーチだけでなく、アカデミーのスタッフの「目」も揃えなければなりませんでした。これはとても大変だったと思います。

たぶん、風間監督の考え方に従えなかったスタッフもいたはずです。もちろん、風間監督は丁寧に自身の考えを伝えたと思いますが、風間監督の考え方が理解出来なかった人はいると思いますし、チームを離れたスタッフもいたはずです。風間監督は「就任後半年間はとにかく大変だった」と語っていましたが、僕は大変だった理由は、選手だけでなくスタッフの「目を揃える」必要があったからだと思います。今はアカデミーの試合を観ても、トップの考えは浸透してきていると思います。

たぶん、風間監督の意図が分かっている人がトップチームのスタッフに就任したほうが、より早くレベルアップ出来たかもしれません。しかし、その場合いままで存在したスタッフとの調整は、スタッフを連れてくるより大変だったのではないかと思います。そして、風間監督は現役時代にドイツから日本に戻ってきた時、「目を揃える」ために何が必要か経験しています。その経験がなければ、これほどまでに上手くチームは作れなかったのではないのでしょうか。

サポーターやメディアの「目を揃える」

そして、現在も目を揃えている最中なのは、サポーターやメディアです。「フリーの定義」、スペースではなく正確に足元にパスを出すメリット、「出して、受ける」を繰り返すことの狙い、そして「どうやって相手の守備を崩すか」から逆算したチーム作りなど、選手やコーチ・スタッフが理解出来なかった事を、サポーターやメディアが簡単に理解出来るわけがありません。目が揃っていなかった時期に、結果が出ず、サポーターが批判していたり、懐疑的な見方をしたのは、当然だと思います。今考えると、川崎フロンターレのサポーターの「負けてもブーイングしない」といった、選手・クラブを信用するスタンスに基いたサポートがなければ、いつ途中でプロジェクトが終わってもおかしくなかったと思います。少しずつ結果が出始めたことで、サポーターやメディアの目も大分揃ってきましたが、僕はまだまだ目は揃っていない、と思います。

「目を揃える」て基本的な事のレベルを上げる

風間監督のサッカーは、特別難しい事を語っているわけではありません。「目を揃える」という言葉を用いて、一つ一つの技術やプレーを定義し、判断基準を上げて、実現するためのトレーニングを粘り強く行った結果、現在のレベルまで進歩しました。しかし、トレーニング自体はとても基本的な内容であり、特別難しいトレーニングや、複雑なルールに従ってトレーニングしているわけではありません。

選手、クラブスタッフ、メディア、そしてサポーター。クラブにかかわる全てのステークホルダーの「目が揃っている」状態。それがクラブとしては、幸福な姿なのかもしれません。ただ、風間監督が常々語るように、このサッカーに完成形はありません。日々、目の高さは変わります。目が低くなりすぎても、高すぎてもいけないと思います。スポーツを観る目を揃える。僕も少しでも貢献できるように、日々更新していきたいと思います。

おすすめ

 - , ,