nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

基本を見直すということ。2014年J1第14節 川崎フロンターレ対横浜F・マリノス プレビュー

      2014/07/22

2014年J1第12節、川崎フロンターレの対戦相手は横浜F・マリノス。ワールドカップ中断前最後のゲームです。きつかった連戦もこれで一区切りです。

ボールを回して相手を消耗させる

横浜F・マリノスは、今シーズン12試合で10得点と得点力不足に悩まされています。マルキーニョスの離脱も大きな要因ですが、それより大きいのは中村俊輔の不調です。ここまでわずか1ゴールと、中々結果を残せていません。藤本淳吾、伊藤翔、矢島卓郎といった攻撃陣を補強しましたが、補強した選手と去年から所属している選手との動きも、噛み合っていないように感じます。

攻撃も昨年のように、中村がマークを外す動きを周りが活かし、マークがずれたところにボールを回して攻めていく攻撃が、なかなか出来ていません。川崎フロンターレとしては、攻撃の時の中村の動きに注意しつつ、自分たちがボールを保持することで、中村を出来る限り守備をさせることで消耗させて、有利にゲームを進めることが必要です。この試合は、試合中の気候が暖かくなることが予想されます。ボールを回して、相手を消耗したところを、攻撃出来るかが、ポイントになると思います。

麻おグラウンドでの光景

昨日は時間があったので、麻生グラウンドまで前日練習を観に行きました。試合のレビューではありませんが、練習を観に行った感想を書きたいと思います。スタメン出場が予想される選手は、軽めのメニューで調整していましたが、印象に残ったのは、全体練習が終わってからです。試合に中々出られず、ベンチ入りも出来ない選手たちは、それぞれ個別に技術練習に取り組んでいました。

可児は、望月コーチと一緒にステップを踏んでマークを外して、ボールを止めるトレーニング。アンビョンジュンは、ボールを受けて、ターンしてシュートするトレーニング。山越はフィジカルトレーニング。武岡はボールを思い通りに止めるトレーニングを、練習終了後30分以上続けていました。

彼らが取り組んでいるのは、中学生でも取組む基本的な練習です。プロサッカー選手になって、基本的な動作をイチから見直していくだけでなく、中々試合に出られない中で、基本的なトレーニングをきちんと続けていくのは、簡単ではありません。でも、こうした取り組みを試合に出れない選手たちが、自主的に取組むことによって、少しづつチームの力が上がっていくのだと思います。チームとしてよい雰囲気で、リーグ戦を戦えているのが、こういうところからも感じられました。

横浜F・マリノス戦のチケットは、完売です。
僕は自分のチームの試合があるので観戦には行けないのが残念ですが、勝てば首位と勝ち点差5で終えることが出来ます。
Jリーグのタイトルを取るためにも、負けられない1戦です。ぜひ、勝ち点3を取って欲しいと思います。

関連記事

試合の流れとチームとしての一体感。2014年J1第12節 川崎フロンターレ対鹿島アントラーズ レビュー
相手を外す動きを続けること。2014年J1第11節 川崎フロンターレ対ヴァンフォーレ甲府 プレビュー
ダブルボランチへのマークと森谷への期待。2014年J1第10節 ベガルタ仙台対川崎フロンターレ プレビュー

関連商品

 -