nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2015年J1セカンドステージ第15節 川崎フロンターレ対横浜F・マリノス プレビュー「小宮山ほど監督が起用しやすい選手はいない」

   

2015年Jリーグセカンドステージ第15節、川崎フロンターレの対戦相手は横浜F・マリノスです。

横浜F・マリノスが「どこからボールを奪いにくるのか」

この試合のポイントは、横浜F・マリノスが「どこからボールを奪いにくるのか」です。

今年、川崎フロンターレは横浜F・マリノスに2戦2勝。その要因は、横浜F・マリノスがボールを奪いに来る場所にあったと、僕は思っています。

横浜F・マリノスは、川崎フロンターレのDFがボールを持った時、あまり積極的にボールを奪おうとはしませんでした。したがって、川崎フロンターレとしては、ゴール前までスムーズにボールを運ぶことが出来ていました。ボールがゴール前まで運ぶ機会が多くなったことで、優位に試合を進めることに成功し、2戦2勝という結果を得ることが出来ました。

横浜F・マリノスは、守備の時は「4-4-2」のフォーメーションで守備をします。選手間の距離を縦横で短く保ち、相手にスペースを与えず、相手がじれて中央にパスをした瞬間にボールを奪いにくるはずです。

川崎フロンターレは「3-4-3」のフォーメーションで戦います。相手のフォーメーションと比較した時、優位に立てるのは、3人いるDFのところです。武岡、谷口、小宮山の3人でいかに相手の守備を外し、ボールを効果的に相手陣内に運べるかが、勝敗を左右すると思います。

小宮山がいかに高度なプレーを簡単にやっているか

個人的にこの試合注目しているのは、小宮山尊信です。

川崎フロンターレは前節サンフレッチェ広島に敗れるまで、6連勝していました。6連勝の要因はいろいろありますが、3バックの左に小宮山が起用されたことも、要因だと僕は思います。

小宮山は元々サイドバックの選手です。ボールを受けた時のミスが少なく、左右両足で正確にパスをつなげ、ドリブルで相手陣内にボールを運べる小宮山が3バックに起用されることによって、ボールがスムーズに相手陣内に運べるようになりました。そして、時折みせる大胆な攻撃参加は、チームにとって有効な攻撃手段になっています。あと、たまに小宮山がやる身体の向きと逆方向にパスするプレーが、僕は大好きです。

川崎フロンターレの3バックを務めるのは、簡単ではありません。攻撃の時は「4-4-2」のサイドバックと同じ動きが求められますが、守備の時は「4-4-2」のセンターバックのような動きが求められます。どちらかが出来る選手はたくさんいますが、両方出来る選手はなかなかいません。

小宮山がすごいのは、守備の時の動きを短時間で身につけ、適応してしまったことです。「4-4-2」のサイドバックが得意で、なおかつ攻撃が得意だった小宮山が、3バックの左サイドで守るべき場所をきちんと守り、1対1や相手との競り合いで相手からボールを奪ってくれます。小宮山が3バックに入ったことで、攻守のバランスが劇的によくなりました。

また、風間監督が就任してからは右サイドでもプレーし、左サイドと同じレベルでプレーする事が出来るようになりました。左サイドが得意な選手が、右でも同じプレーが出来るかというと、たとえ右利きであっても簡単ではありません。しかし、小宮山はいとも簡単に同じレベルでプレーしてみせています。これは、すごいことです。

小宮山のプレーを見ていると、頭のよい選手だなぁと感じます。風間監督はよく「相手を見て戦え」と言いますが、小宮山は「相手を見て戦える選手」です。相手の状況を見て、どんなプレーをすればよいのか。都度最適なプレーを選択できる選手です。監督にとって、こんなに起用しやすく、頼りがいのある選手はいません。

古巣横浜F・マリノス戦で、小宮山がどんなプレーをするのか。そして、小宮山がどれだけ高度なプレーを簡単にやっているのか、注目してください。

おすすめ商品

 -