nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2015年J1セカンドステージ第15節 川崎フロンターレ対横浜F・マリノス レビュー「試合後のサポーターの拍手が意味すること」

   

2015年Jリーグセカンドステージ第15節、川崎フロンターレ対横浜F・マリノスは0-1で横浜F・マリノスが勝ちました。最初に断っておきますが、審判に対するレビューは書いていません。判定どうこうではなく、別のアイディアを思いついたので、明日のブログで書きたいと思います。

これぞ古きよき「横浜F・マリノス」

この試合のポイントは、横浜F・マリノスが「どこからボールを奪いにくるのか」だったのですが、横浜F・マリノスの守り方は、僕の予想外でした。

僕は、川崎フロンターレのDFがボールを持った時、横浜F・マリノスがどこから奪いに来るのかに注目していました。横浜F・マリノスは守備の時、4-4-2というフォーメーションで守っています。普通は「2」のポジションを務める伊藤と中村は、他のチームだとDF3人に対してマークにつくのですが、横浜F・マリノスの「2」のポジションは、ボランチの中村と大島の前に、ポジションをとりました。

各チームが最も警戒する中村と大島に対しては、FWの伊藤と中村の2人と、ボランチの喜田と三門の2人の2段構えで守ります。サイドハーフを務める斎藤とアデミウソンは、それぞれ川崎フロンターレの小宮山と中野の間、武岡とエウシーニョの間にポジションをとります。こうなると谷口がフリーでボールを持てます。谷口がボールを持てると、普段はボールをそれなりにつなげるはずなのですが、横浜F・マリノスは、もう一つ仕掛けを用意していました。

FWの伊藤と中村の距離をDFとの縦の距離を短くし、縦方向のパスが出来ないように、パスコースを消していました。これによって、谷口はボールを持っても出す場所がありません。川崎フロンターレは、横方向にパスをつなぎながら、縦方向に早いパスを通して、攻撃を仕掛けていくのですが、横浜F・マリノスの守備によって、なかなか攻撃を仕掛けていくきっかけをつかめませんでした。仕方なく、相手DFラインの背後に浮き球のパスを出すのですが、浮き球のパスは、横浜F・マリノスのセンターバックである中澤とファビオに止められてしまいました。

また、横浜F・マリノスはボールを奪ったら、徹底的に川崎フロンターレの3バックとウイングバックの背後にボールを蹴ってきました。横浜F・マリノスの狙いは、2つあったと思います。

1つ目は、攻撃参加する武岡もしくは小宮山が上がったスペースで攻撃を仕掛けようという狙い。2つ目は、谷口をサイドに引きずり出すことです。サイドハーフの斎藤だけでなく、中村や伊藤も中央からポジションを移してボールを受けようと動きます。そうすると中央を守る谷口もサイドにポジションを移してマークせざるをえません。川崎フロンターレが守備の時、ペナルティエリアに侵入してきた人やボールは、必ず谷口が跳ね返しています。その谷口のポジションをずらすことで、川崎フロンターレの守備を崩そうとしてきたのです。

横浜F・マリノスの戦い方は、ヨーロッパだとアトレティコ・マドリーに似ていましたが、僕としては古き良き横浜F・マリノスを見ているようで、とてもとても懐かしかったです。

相手がもっと攻めてきたら、むしろ勝てた試合

川崎フロンターレは、その横浜F・マリノスの守備に対して、最後まで有効な攻略方法を見いだせませんでした。ゆっくりしたパスを交換して相手を引き出そうとするのですが、相手は自分のポジションを離れません。サイドから攻めようとするのですが、中野のドリブルについては小林がむやみに飛び込まず、スペースがなくなったところでボールを奪われる場面がみられました。

小林もDFラインの背後を狙い続けたのですが、DFラインとGKの間のスペースはほとんどありません。そして、田坂や大久保が下がってボールを受けようとしても、スペースがない。普段の試合だとどれかしらの攻略方法が機能して局面を打開できるのですが、この試合はどれも有効な手段になりませんでした。

あえていうなら、もっとボールを回してよかったと思います。ボールを持ってから考えて出す場面が多かったのです、テンポよく空いている人にボールを回す。空いてる人が見つからなくても、相手のフォーメーションとの組み合わせを考えると、サイドが必ず空いているので、空いているサイドのスペースに早くボールを出して、相手を動かす。これをもっと徹底しても良かったと思います。

こういう試合は、相手との我慢比べになります。横浜F・マリノスの守備は特にFWの2人に負担が大きいので、90分は続きません。実際、後半の20分以降は相手がスペースを空けてくれるようになりました。だからこそ、前半に相手をもっと動かしておけばというのが、悔やまれます。ただ、横浜F・マリノスの守備は素晴らしかったですし、次のパスコースへの選択肢を減らすような守備をしてきたのも事実です。
言うほど簡単ではなかったとも思います。

これで2連敗。しかし、2連敗の中身は全く違います。相手に何も出来ずに負けた試合が続いたのではなく、相手が川崎フロンターレに対して明らかに対策を施し、引いて守ってきた守備を崩せずに負けた2試合。チームが進化しているがゆえに、負けた試合ともいえます。正直、もっと横浜F・マリノスが攻めてきたら、川崎フロンターレが勝てた試合だったと思います。

サポーターの拍手が意味すること

最後に印象に残った事を紹介したいと思います。試合後、審判には強烈なブーイングが降り注ぐなか、選手には大きな拍手が送られていました。Jリーグタイトルの可能性がほとんどなくなったにもかかわらず沸き起こった拍手は、サポーターから「このサッカーを支持する」という意思表示だと、僕は受け止めました。

こういうサポーターの意志が、チームのスタイルを作っていくのです。監督、選手、クラブのスタッフだけでスタイルは出来上がるわけではありません。サポーターの意志も、チームのスタイルを作っていく要因になっているのです。

そういう意味では、川崎フロンターレは「どう勝ちたいか」が、サポーター、監督、選手、クラブのスタッフとの間で、ずれていません。こういうクラブはなかなかないと思います。引き続きこのよい流れをどうしたら継続出来るのか。僕も考えてみたいと思います。

おすすめ商品

 -