nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年ナビスコカップ予選リーグ第1節 川崎フロンターレ対横浜F・マリノス プレビュー「2015年と同じ轍を踏むな」

   

2016年ナビスコカップ予選リーグ第1節、川崎フロンターレの対戦相手は横浜F・マリノスです。この試合からナビスコカップが開幕します。

思い出した2015年シーズンのナビスコカップ初戦

この試合のポイントは、リーグ戦のよい流れを維持出来るかです。なぜ、この点に注目するかというと、この試合のプレビューを書くにあたって、2015年シーズンのナビスコカップ予選リーグ初戦の名古屋グランパス戦を思い出したからです。

2015年シーズンのナビスコカップ予選リーグ初戦の名古屋グランパスに臨む前、川崎フロンターレはリーグ戦で1勝1分という成績でした。チームとしての状態も悪くなく、「今年は違う」と期待を持たせるに十分な戦いを披露していました。ところが、名古屋グランパスとの試合で相手の川崎フロンターレ対策にはまり、1-3で敗戦。名古屋グランパス戦から中3日で迎えた、Jリーグ第3節のモンテディオ山形戦は0-1で敗戦。公式戦2連敗を喫してしまいました。その後、チームは持ち直しましたが、このナビスコカップの敗戦は、長いシーズンの事を考えると影響は小さくなかったと、今振り返ると感じます。

今振り返ると、2015年シーズンの名古屋グランパス戦は、チームとして「どんな目的を持ってプレーするか」という点が、明確になっていなかった試合だと思います。スタメンもリーグ戦から1名代わったのみだったにも関わらず、スタメンを入れ替えた名古屋グランパスに負けたことで、自分たちのサッカーに疑問を持ってしまった気がしています。そして、チームが「勝つ」以外の目的を持って、試合に臨んでいなかったのではないかと思うのです。

この試合は、チョン・ソンリョン、小林、奈良、原川が代表の試合で不在、大島、大久保が怪我で欠場するため、スタメンがリーグ戦から代わります。したがって、代わりに出場する選手が、「スタメンを奪ってやる!」という気持ちを持って、相手を上回るプレーが出来れば、自然とリーグ戦のよい流れを維持出来るはずです。そして、代わりに出場する選手がよいプレーをみせれば、長い間川崎フロンターレの課題だった、「スタメンと控え選手のレベルの差が大きい」という問題を解決することにもつながるはずです。

予選リーグ突破に負けは許されない

ナビスコカップの予選リーグを勝ち抜くのに必要な勝ち点は、12〜13です。つまり、4勝か3勝3分という成績を残す必要があります。予選リーグが、6チームのリーグ戦であることを考えると、初戦の負けは、予選リーグの突破の可能性を小さくしてしまいます。したがって、この試合は負けられない、負けたくない試合なのです。

リーグ戦のよい流れを維持できるか。注目したいと思います。

おすすめ

 - , , ,