nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

「勝ち点6の価値がある」試合。2014年J1第19節 川崎フロンターレ対浦和レッズ プレビュー

   

2014年J1第19節、川崎フロンターレの対戦相手は浦和レッズ。浦和レッズとの勝ち点差は4。優勝するためには、絶対に負けられない試合であり、「勝ち点6の価値がある」試合です。

得意な距離で戦えるか

この試合のポイントは、3つあります。

1つ目は、選手一人一人の距離を、川崎フロンターレの得意な距離で戦えるかです。簡単に言うと、浦和レッズは選手間の距離を広く取るチームで、川崎フロンターレは選手間の距離を、短く取るチームです。前節の柏レイソルも、選手間の距離を広く取るチームです。

前節は、柏レイソルの得意な選手間の距離で戦う時間が長く、その事が結果的に1-4というスコアにつながってしまいました。川崎フロンターレとしては、自分たちが得意とする選手間の距離を短くして戦う時間を増やすことが、勝利への第一歩です。選手間の距離に、この試合は注目してみてください。

浦和レッズの川崎フロンターレ対策をどう攻略するか

2つ目は、浦和レッズの川崎フロンターレ対策をどう攻略するかです。

前回の対戦では、浦和レッズは徹底的な川崎フロンターレ対策を仕掛けてきました。中村と大島には、阿部と柏木(後半からは青木)がマンマーク気味につき、両サイドのレナトと森谷にも、ウイングバックの梅崎と宇賀神がマンマーク気味に貼りつき、両サイドの選手が中に入ってきても、マンマークでついていくほどの徹底ぶりでした。

この試合でも、相手がマンマーク気味についてくることが予想されます。マンマーク気味についてくる相手には、「受けて、はたいて」という川崎フロンターレが好調の時によくみられるプレーの回数を増やすことが重要です。相手のマークを一瞬外してボールを受け、相手にボールを奪われる前に素早くはたき、また受ける。この動作を繰り返すことが、相手のマークを外す近道です。

浦和レッズは1人1人の選手は力がありますが、最近はマークがルーズで、受け渡しが上手くいっていない場面がみられます。GKの西川が好セーブを連発しているため、失点は増えていませんが、ボールだけを見ていて、マークする人が見れてない時間帯があります。浦和レッズがディフェンスする時間を増やせば、必ず相手のマークがルーズになる時間帯が来ます。それまで、焦らずに「受けて、はたいて」を繰り返すことが出来るかがポイントです。

前半15分でリズムを掴めるか

3つめのポイントは、前半15分でリズムを掴めるかです。特に、この試合は試合開始から15分に注目して観てください。

川崎フロンターレは立ち上がりがよいチームではありません。どの試合も、リズムを掴むまで15分ほどかかります。前節の柏レイソル戦、前回の浦和レッズ戦は、前半の15分で相手にリズムを掴まれてしまい、相手を調子づかせた結果、自分たちのリズムにする時間を増やすことが出来ず、敗戦を喫しました。

下位のチームであれば、リズムを掴むのに時間がかかっても取り戻せますが、浦和レッズ相手だと簡単ではありません。この試合は、試合開始から自分たちのリズムを掴むために、エンジン全開でプレーしなければ、勝てるゲームではありません。試合開始15分で、川崎フロンターレがよいプレーが出来れば、勝つ可能性が高いゲームだと思って良いと思います。

いずれにしても、この試合は「勝ち点6の価値がある」試合です。
こういう試合で問われるのは、チームとしての総合力です。ぜひチーム一丸となって、勝ち点3を掴みとって欲しいと思います。

関連記事

柏レイソルはどう対応してくるのか。2014年J1第18節 柏レイソル対川崎フロンターレ プレビュー
カウンターを仕掛けろ。2014年J1第17節 川崎フロンターレ対アルビレックス新潟 プレビュー
苦手なチームに勝ってこそ本当に強いチーム。2014年J1第16節 サガン鳥栖対川崎フロンターレ プレビュー

関連商品

 -