nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

守備は浦和、攻撃はバイエルン。新たな可能性を感じる川崎の「3-4-3」。2014年J1第19節 川崎フロンターレ対浦和レッズ レビュー

   

2014年J1第19節、川崎フロンターレ対浦和レッズは、2-1で川崎フロンターレの勝利。2位のチームとの直接対決で、狙い通りの勝利。これで、浦和との勝ち点差を1に縮めることが出来ました。

決勝ゴールを決めた大久保は、事前に伝えられていたようにコンディションが悪そうでしたが、きちんとチャンスをゴールに結びつけるのはさすがです。レナトのドリブル、中村のパス、小林の動き出し、大久保のシュートのうまさ。前線の選手の個性が上手く噛み合ったゴールでした。

この試合、川崎フロンターレは普段の4-2-3-1というフォーメーションではなく、3-4-3というフォーメーションで戦いました。浦和の特殊なシステムと噛み合わせるために、同じフォーメーションで戦った。そう考えてしまいそうですが、川崎フロンターレの3-4-3は、浦和とは似て非なるものでした。特に、攻撃は、浦和とも、広島とも、もっと言うと、世界中のどのチームとも違う形でした。川崎フロンターレの3-4-3がどう違うのか。今回のレビューで紹介したいと思います。

5-4-1にしてマークする選手を明確にする

まず守備です。

守備の時は、森谷と登里をDFラインに下げて、5-4-1になります。これは、浦和レッズが攻撃の時、ウイングバックの選手がFWと同じラインに並び、阿部がDFラインに入る、4-1-5になることに対する対策です。なぜ、そうするかというと、浦和レッズの4-1-5は、相手の4バックにマークをさせないためのフォーメーションです。したがって、普段の4バックでは、浦和にマークを外されてしまいます。前節の柏レイソル戦では、このマークのずれが4失点の要因でした。

5バックにすることによって、浦和レッズの前線の5人に対して、マークする選手を明確にする事が出来ます。これは、他のチームもよくやる浦和と広島に対する対策です。川崎フロンターレも昨年浦和レッズやサンフレッチェ広島と戦うときは、3バックで戦っていました。ここは、驚くべきところではありません。

ウイングバックの選手がボランチの近くでプレーする

驚いたのは、攻撃です。

何に驚いたのかというと、攻撃の時にウイングバックの森谷と登里が、タッチライン際でプレーするのではなく、大島と中村のダブルボランチの近くでプレーしたからです。こういうウイングバックの動きは、昨年採用していた3バックの時にはみられない動きでした。

ウイングバックがボランチの近くでプレーするメリットは2つあります。

1つ目は、選手間の距離を近く出来るという点です。川崎フロンターレは、選手間の距離が近い時に、よいプレーが出来ます。しかし、5-4-1のままプレーすると、普段の4-2-3-1より選手間の距離が遠く、パス回しをスムーズにすることが出来ません。登里と森谷がボランチの近くでプレーすることで、自分たちが得意な距離でプレーすることが出来るようになりました。

2つ目は、浦和レッズのマークを曖昧にすることです。浦和レッズは守備の時は5-4-1というフォーメーションで守ります。その時、ウイングバックの平川と宇賀神はタッチライン際を守ります。普段なら相対するのは、ウイングバックの登里と森谷です。

しかし、登里と森谷が中に入ることで、ウイングバックは誰をマークして良いのか分からなくなります。かといって、平川と森脇の間にレナト、宇賀神と槙野の間に小林がいるため、マークを捨ててついて行くことも出来ません。

また、登里と森谷が中に入ると、相手のボランチもマーク出来ません。相手のボランチは、中村と大島に強くプレッシャーに行きたいのですが、登里と森谷が気になり、プレッシャーが強くかけられなくなります。

ウイングバックが攻撃の時に中央のエリアにプレーするのは、世界的にもほとんど例がありません。唯一同じように動くのは、2013-14シーズンのバイエルン・ミュンヘンです。バイエルン・ミュンヘンは、攻撃の時にサイドバックのラフィーニャとアラバが、中に入ってプレーしていました。

攻撃の時バイエルン・ミュンヘンは、ボランチのラームがDFラインに下がり、センターバックの選手が横に広がり、3-4-3の形を形成します。このフォーメーションの狙いは、先ほど説明したとおりです。守備のことだけ考えたら、3バックの左に小宮山は使いません。

僕は、川崎フロンターレの3-4-3は、バイエルン・ミュンヘンのやり方に近いと感じました。3-4-3にすることで、守備の問題を解消するだけでなく、攻撃に新たなオプションを加える。それを、この浦和レッズ戦で初めて披露する。

風間監督は、チームの成長が滞った時や雰囲気が悪くなりそうな時、思い切った手を打つことで打開しようとするのですが、それにしてもこの3-4-3は斬新で、驚きに満ちたものでした。

2年前から試していた3-4-3

ただ、この3-4-3は柏レイソル戦からの1週間で急ごしらえで準備したものではありません。実は、風間監督就任後、何度も試してきたフォーメーションです。

初めてこの3-4-3が試されたのは、2012年の12月の中央大学との練習試合です。この試合は生で観たのですが、攻撃の時にウイングバックがタッチラインに張っているため、選手間の距離が遠く、パス回しがスムーズでありませんでした。その後、3-4-3は練習試合でも試されることはありませんでしたが、練習では何度か3-4-3をトライしています。

そして、この3-4-3は、風間監督が筑波大学のラストシーズンで戦っていた時の形でもあります。風間監督がラストシーズンだった時に筑波大学は、圧倒的な得点力で、相手のチームを打ち負かしていました。その時に採用していたのが、3-4-3です。風間監督は「相手を支配することを考えたら、このフォーメーションになった」と語っていました。この3-4-3は、守備の事を考えたフォーメーションではありません。攻撃の事を考えて採用されたフォーメーションなのです。

この3-4-3が今後使われるかはわかりません。ただ、この3-4-3は、単なる浦和レッズやサンフレッチェ広島対策として使われるフォーメーション以上の可能性を秘めたフォーメーションだと思います。ぜひ今後も採用して欲しいと思います。

関連記事

柏レイソルの術中にはまる。2014年J1第18節 柏レイソル対川崎フロンターレ レビュー
タイトルを取る権利をもったチームになった。2014年J1第17節 川崎フロンターレ対アルビレックス新潟 レビュー
パウリーニョ交代起用の意図と失敗した理由。2014年J1第16節 サガン鳥栖対川崎フロンターレ レビュー

関連商品

 -