注目すべき3つのポイント。2015年Jリーグ第5節 川崎フロンターレ対浦和レッズ プレビュー

2015年Jリーグ第5節、川崎フロンターレの対戦相手は浦和レッズ。首位浦和レッズとの勝ち点差は3。ファーストステージのタイトル争いを考えると、負けられない1戦です。この試合の注目すべきポイントは3つあります。

レナトが浦和レッズ戦で活躍する理由

1点目は、レナトのプレーです。

風間監督就任後、川崎フロンターレはリーグ戦で浦和レッズに4勝1敗という成績なのですが、大きく貢献しているのがレナトです。浦和レッズは攻撃の時は4-1-5、守備の時は5-4-1とシステムを変えて戦うチームです。攻撃の時と守備の時でシステムが変わるので、攻撃から守備のタイミングで素早くボールをゴール前に運ばれると、ピンチになる場合があります。また、森脇と那須はスピードがないので、ドリブラーや、単純に足の速い選手を苦手としています。

足が速くてスピードがあるドリブラーといえば、レナトです。レナトはFootball Labのチャンスビルディングランキングのドリブル部門で、リーグ2位。第4節のアルビレックス新潟戦では、4人抜きのゴールも決めている、リーグ屈指のドリブラーです。レナトと対峙するのが、森脇です。森脇とレナトの1対1では、これまでレナトが常に優勢でした。この試合でもレナトが先手をとれるかが、勝敗を大きく左右すると思います。

システムは3バックか4バックか

2点目は、システムです。

川崎フロンターレはこれまで浦和レッズのシステムに合わせ、マークのずれをなくすことで、優位に戦いを進めようとしてきました。浦和レッズにシステムを合わせる場合は、システムは3-4-3になるはずです。今年は、同じメンバーでも3バックと4バックを上手く使い分けて戦うことが出来ています。この試合は、どんなフォーメーションで戦うことになるのか、注目です。

風間監督は選手交代で流れを変えられるか

3点目は、風間監督の采配です。

浦和レッズが相手なので、リードされた状態で後半30分頃を迎える可能性は、十分考えられます。その時、得点を取るために、風間監督がどんな選手交代をするのか、注目したいと思います。昨年は、FWによい選手がいないため、得点を獲りにいくとき、交代できる選手が金久保くらいしかいませんでした。しかし、今年は杉本、船山といった得点を取る能力が高い選手もいますし、三好や橋本のように、ボール扱いに優れた選手もいます。試合の流れを変える能力を備えた選手が、ベンチに控えています。

風間監督は、「下手に選手交代するくらいなら、やらないほうがマシ」という考えの監督です。また、風間監督は、攻撃のテンポを重視しています。控えの選手は、基本的にはスタメンのテンポに入れないからベンチに控えているので、選手交代で選手を入れても、テンポがよくなることはないと考えている気がします。

ただ、選手交代が必要なときは、テンポが悪い時です。サッカーは、相手がいるスポーツです。チームが上手く進んでいる時はテンポが合わない選手でも、対戦相手によっては、テンポが合わなくてベンチに控えていた選手の動きの方が嫌だということもあります。

去年は、選手交代する選手がいないから選手交代しないという理由も理解出来ましたが、今年は選手がいるので、同じ理由で選手交代をしないのは、説得材料に欠けます。選手交代をしないのは、監督として「打つべき手は打った」と言えない気がします。だからこそ、今年は風間監督の選手交代に注目しているのですが、今のところ例年と大きな変化はありません。

僕は、川崎フロンターレがタイトルを獲るためには、風間監督の試合中の采配がポイントになるんじゃないかと思っています。拮抗した試合になった時、どんな采配をふるうのか。この試合は、風間監督の采配にも注目です。

関連商品