nishi19 breaking news

スポーツでもっと楽しい未来を作る

2016年J1ファーストステージ第8節 川崎フロンターレ対浦和レッズ プレビュー「中央を攻略するために注目したい左サイドの2人」

   

2016年Jリーグファーストステージ第8節、川崎フロンターレの対戦相手は浦和レッズです。

どこまで中央のエリアを攻略できるか

ここ数試合、「川崎フロンターレの今年の攻撃はクオリティが低い」と書き続けてきました。実際、今年は得点は奪えていますが、意図通りに相手を崩して奪った得点は多くありません。ボールを奪ってから、FWの小林と大久保の外す動きにあわせてパスを出す回数が少なく、相手の背中を取り続け、守備の人数が何人いても、相手を攻略してしまうような攻撃は、ほとんどみられません。

川崎フロンターレが相手だと、対戦相手は中央からの攻撃を警戒して人数をかけて守り、サイドは捨てるような守備をしてくるチームが増えてきました。2016年シーズン序盤の川崎フロンターレは、相手が捨てたサイドを活用してボールを運び、得点を重ねています。しかし、それは川崎フロンターレが目指してきたサッカーを、必ずしも体現した結果なのかというと、そうではないと僕は考えています。

大久保が「手応えはない」「たまたま勝っているだけ」と繰り返し語っているのは、相手を攻略する役割を担っている選手として、現時点での川崎フロンターレの攻撃に、満足していないからだと思いますし、自身が欲しいタイミングで、まだまだパスが受けられていないからだと思います。

この試合は大島僚太も復帰します。大島、中村、大久保、小林が揃った試合で、どこまで浦和レッズの守備を崩せるか。そして、どこまで中央のエリアを攻略できるか。攻撃のクオリティが改善されるきっかけはつかめるのか。注目したいと思います。

登里はレナトが担っていた役割をつとめられるか

攻撃は中央をいかに攻略するかを注目しているにもかかわらず矛盾するようですが、この試合は左サイドにいる登里と谷口に注目しています。

浦和レッズ相手に川崎フロンターレが勝ち続けてきた時、必ず川崎フロンターレが優位に立てていた対決がありました。それは、レナトのところです。レナトと対決するのは森脇です。森脇はいいDFですが、足が速い選手ではないため、レナトがドリブルで抜けることが多く、ここで相手の守備を崩すことが出来ていました。

しかし、もうレナトはいません。そこで、注目したいのが登里です。登里が1対1で森脇に勝てるようであれば、中央のエリアが空いてきます。そうすれば、川崎フロンターレが本来攻撃したい中央のエリアが、より攻めやすくなります。また、中央のエリアを攻撃し続けることで、少しずつサイドが空いてくるはずです。空いたサイドを、登里が攻略できれば、川崎フロンターレのチャンスの回数も増えてくると思います。

2016年シーズンはしつこく谷口に注目します

登里が攻撃出来る回数を増やすためには、左サイドバックでスタメン出場が予想されている谷口が、登里の守備の負担を減らすようなプレーをする必要があります。ここ数試合何度も語っていますが、谷口の2016年シーズンのパフォーマンスは2015年シーズンまでのスペシャルな谷口ではありません。センターバックのポジションも奈良とエドゥアルドに奪われ、車屋のパフォーマンスが良ければ、スタメンで出ることはなかったかもしれません。ただ、本来のパフォーマンスでないにも関わらず、起用し続けるところに、風間監督の谷口に対する信頼が感じられます。

僕が2016年シーズンの谷口に注目するのは、彼の成長に川崎フロンターレのタイトル獲得がかかっていると思うからです。タイトル獲得には、大久保、中村の活躍だけでなく、小林、大島といった20代中盤の選手の活躍が必要です。特に、身体が強く、怪我が少ない谷口が、Jリーグベストイレブンに選ばれるくらいの活躍をみせれば、自ずとタイトル獲得はついてくる。僕はそう思っています。だからこそ、2016年シーズンは、しつこいくらい谷口を取り上げるつもりです。

明らかに失敗したような気がする筋骨隆々で、強さを誇示するような身体は、僕は谷口には要らないと思います。谷口の持っているしなやかな身体の使い方が戻ってきた時、川崎フロンターレはより強いチームになっているはずです。谷口が好転するようなきっかけを浦和レッズ戦でつかめるか。僕は注目したいと思います。

おすすめ

 - , , ,